2019年の株式市場をあの名曲に乗せて占ってみた

下がる(直球)!

・・・これで記事終わるわけにもいかないので、既に暗号資産(仮想通貨)バブル崩壊のさまを一年かけて経験してきた私から皆さんへ、今後の株式市場がいかなるものになるか、不朽の名曲 THE 虎舞竜の「ロード」の歌詞に乗せて、お伝えしたい。

ここ数日の急落は、一時的なものではありません。おそらく、来年一年、最悪数年単位で続く下落の予兆なのです。

 

――何でもないようなことが幸せだったと思う(by THE 虎舞竜「ロードより」)

♪ちょうど一年前に・・・この道を通った夜
昨日のことのように 今はっきりと思い出す

仮想通貨のバブル崩壊も、ちょうど一年前のことでした。
通った道は、下り坂でした。今でも、はっきりと覚えています。

 

♪大雪が降ったせいで 車は長い列さ
どこまでも続く赤いテープランプが綺麗で

昨年、裏日本は大雪でした(無関係)、どこまでも続く下落を示す赤い文字が、きれいに見えたこともありました。

 

♪サイドシートの君は まるで子供のように
微笑みを浮かべたまま 眠れる森の少女

待っていれば、すぐにビットコイン価格は回復し、仮想通貨がすぐに上昇トレンドへ復帰できると、HODL(≒塩漬け)を決め込んで眠っていた人は多かったです。

そして私も、その一人で死た。

 

♪ゆすって起こした俺を 恨めしそうににらんで
俺の手を握り返し 「愛が欲しい……」と言った

そしてその夢から覚めた時には、すっかり相場は下落しており、「金が欲しい……」とうわごとのように呟いていたのです。

今日12月27日現在のビットコイン価格は41万円。やや底を打ち始めた感もあるものの、ピーク時の1/6まで、下落してしまいました。

 

♪何でもないようなことが 幸せだったと思う
何でもない夜こと 二度とは戻れない夜

12月下旬に突然起きた、何でもないような下落が、バブル崩壊のきっかけだったと思います。しかしその夜に戻ることは、二度と出来ないのです・・・。

最近6カ月間の日経平均チャート(日足)と比較してみましょう。

なんだかよく似ていませんか?

ちなみに、「ロード」の終わりの方にはこの後こんな歌詞があります。

♪冬も終わりに近づき 借りたての部屋の中
突然闇に落とした 悪夢のような電話

そういえば、大雪に追われた一月の終わり、あのコインチェックの事件がありましたっけね。
株式市場でもそんなことがあるかもしれませんよ・・・。

というわけで、来年2019年はとにかく株式市場は全体的に下げ基調なので、深入りは危険かもよというお話でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました