ハゲタカがアフロヘア―でやってくる (2022/06/21極私的クリプトニュース)

ビットコイン価格はさらに回復してきています。21,000ドルのラインを超え、円建てでいえば300万円台回復も伺うところまでもどしてきました。クリプト全体の時価総額も戻してきてはいますが、100兆ドルの大台回復にはもう一息といったところ。昨日はアメリカ市場が休場だったので、向こうでは今日が本格的な今週のスタート。果たしてアメリカ勢はどう出るか・・・。

2022/06/21 19:30 時点でのビットコイン価格は、1BTC=290万円前後での推移となっています。昨日から約10万円の上昇となっています。

また、クリプト全体の時価総額は¥131,280,394,056,306で、過去24時間で3.3%↑となっています。

ビットコイン含めた気になるコイン・トークンの値動き一覧です。

今日も$SHITは一人負け。苦しい状況です。

昨日時点の値動きです。

ビットコインドミナンスの状況は?

仮想通貨界全体の雰囲気がわかるビットコインドミナンスの推移ですが、ビットコインドミナンスはほぼ変化なし。イーサリアムドミナンスはやや回復です。


2022/6/21 19:30時点でのビットコインドミナンスは41.5%、イーサリアムドミナンスは14.4%となっています。

昨日のビットコインドミナンスです。

今日のスポットライト!

今日のスポットライト!時価総額300位までの銘柄からベスト・ワーストとも上位15通貨・銘柄まで表示します。$CELが本当に強いです。このところのやらかし銘柄が大きく戻してきています。また$LOOKは引き続きつよい動きです。

昨日のスポットライトです。

クリプト気になるニュース

FTXサムCEO、仮想通貨下落の要因と企業救済について発言(Coinpost)

アフロはこの記事の中にはありませんが、金利上昇の怖さをしらないユーザーが退場するまで下落は終わらないと発言しています。正直彼一人でいくらでもクリプトの相場は操縦できるとおもうので、この発言は要するに「俺が退場させてやる」という決意の表れでしょう(私の推測ですが)。

そして自分とのその会社だけが利益を得るという構図を作り出したいのだと思います。

BinanceのCZはその物言いからアンチも多いですが、アフロには意外とアンチがいないのがとても不思議です。直接手こそ下していませんが、USTのペグ崩壊の影にもアラメダやFTXの影があるという噂がまことしやかに流れています(私もそう信じています。)

こんなことをいうのはとても甘いのかもしれませんが、クリプトの業界で働くのであれば、業界全体の発展を見据えた行動をとるべきであり、記事中の発言にもある通り、有望な企業を安く買いたたいたり、記事にはありませんが相場を操縦してエコシステムを破壊するような、海賊的、ハゲタカ的な行為を繰り返すような人間は、上に立つ者の器ではないと、個人的には考えます。

今日のうんこ

相場下落のさなかに突然のエアドロ予告、一体どうなるのか?

今日の$SHIT価格はまさにshit。クソな値動きに終始しました。全体の市況が落ち着くと、こういった怪しげなw銘柄は避けられてしまうのかもしれません。公式のTwitterフォロワー数も減少しており、初期のころのようなスピード感を取り戻さないと、知名度を勝ち取ることは難しくなると思います。

こういうのは水物なので、鮮度があるうちに手を打ち切ってしまわないと、腐ってしまうのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました