BinanceSmartChain今日の出来事(01/08/2022) 裏日本人の比国進駐

クリプト界は年明け以降酷い1週間でした。金曜日もアメリカ雇用統計を挟んで酷い値動きとなりましたが、CAKEとBNBは短期底打ちって感じですかね。まあ来週以降も酷い値動きが続きます。

2022/01/08 16:30 現在の$CAKE価格は1,200円前後 時価総額順位は53位、twitterのフォロワー数は1,384,595(+5,768)です。(1/6 時点 約100円DOWN、2ランクDOWN)$BNB価格は53,000円前後 時価総額順位4位(1/6 時点 約1,000円DOWN、ランク変動なしで取引されています。

PancakeSwap12月のまとめ

年が改まり、先月12月のまとめがPancakeSwapシェフから出てきました。

相変わらず多い取引量、ホルダー数も多いですし、特に先月はIFO2件とトレードバトルが行われて、久々に盛り上がった1カ月だったんじゃないかなあと思います。

そして気になる今後の見通しですが、おっ?と思ったのは「MasterChef V2」です。昨年春にPancakeSwapは全体的にV2へと移行したわけですが、さらに機動的なサービス提供を行うにはまだ不十分ということで、MasterChefコントラクトもV2に移行したいという事なんでしょうね。(技術的なところに疎く、ふわっとした言い方しかできないw)

あと徐々にやり方が見直されつつあるIFOですが、とうとうIFO3.1へと変わりました。前回から、あらかじめIFOプールに資金を預けておかないと参加できないという仕様に変更されましたが、そこからさらにNFT保有者に有利なものに変更も検討されているみたいです。

そういえば、私はIFO-CAKEプールに預けるのをすっかり忘れた結果、次回IFOへの参加権を失うというとんでもないミスを犯しています・・・。ガーン・・・。

なお、次回トレードバトルの内容についても、前回と同様にプールやIFOで取り上げられた新しいトークンの売買を促していくような内容になっていくみたいです。個人的にはメジャーなトークン(ETHやBTCB)の売買対決にして、クジラたちが殴り合うのも見てみたい気もしますがね。

裏日本人フィリピンにも進出する

前回取り上げたULANDですが、その後はトークン価格も落ち着いてきた感じがします。ULANDでは、実際の国を「Tier1」、都道府県・州などを「Tier2」として販売していますが、ついにTier1、つまりは国に進出してしまいました。高かった・・・。

私が買ってみたのは、やはり人口のわりに割高度が低かった(割安とは思わない)フィリピンでした。フィリピンは人口約1億人で日本とほぼ同規模ですが、日本の1/3の値段で売られており、単純に人口の多さでもらえるトークン報酬の量が決まるこのゲームからしたら、非常に有利な国となります。

今後Tier2(フィリピンの場合は州が組み合わさった「地方」単位)の販売も始まりますが、どこを売っていくかについてはTier1保有者の私に権限があるため、要検討です。まずは端っこのあまり人口が多くないところで様子を見るのか、セブ島など有名観光地のある地方や、首都から売っていくのか。

所有権がTier1にあるわけじゃないから、売った場合の収益は5%しか入らないんですよね。そういう場合は、活発な売買を促すためにあえて安い金額で始めた方が有利かもしれません。一方で誰も知らないマイナーな地方を売っても誰も買ってくれないし、かといって有名な地方を安売りしても損だし・・・。

BSCScanベスト20

1/7~8のBSCscanトークンベスト20は以下の通りです。

2日前のベスト20です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました