PancakeSwap IFO予定プロジェクト Era7: Game of Truthの和訳まとめ

2月18日日本時間18時~19時にPancakeSapにて行われるEra7: Game of TruthのIFOに先立ち、15日22時からAMAが行われましたので、その模様をDeepL翻訳にぶち込んでお送りします。

まずはシェフ達による質問から

Ninaシェフ:まず最初に、@DmitriPro とプロジェクト – Era7 を私たちのコミュニティに紹介してください。🥞🐰

Dmitri Pro(Era7の中の人):皆さん、こんにちは。私はドミトリー・プロコペンコ、略してディマです。ウクライナ出身(ご時世的に大丈夫か?と思いましたが現在の拠点はアジアだそうです)で、カナダのコロンビア大学で学士号、香港科学技術大学で修士号を取得しています。
私は2016年に遡り、暗号スペースの大物たちと仕事をしてきた、ベテランの暗号マーケッターです。

私たちのゲームの名前は「Era7:Game of Truth」です。
Era7は、Binanceスマートチェーン上に構築されたTCG(トレーディングカードゲーム)ゲームで、GameFiエコシステムのDeFi+NFTの利点を兼ね備えています。

ライトなEsportsブロックチェーンゲームとして、Era7はブロックチェーンゲームとEsportsの世界の長所を組み合わせ、比較的新しいコンセプトであるEsportsFiを導入しています。EsportFiの核心は、ブロックチェーンとDeFiを搭載したゲームの競争力であり、競技演算を生み出すことです。このモデルは、ブロックチェーンの分散化機能により、セキュリティ、公平性、循環性を確保しながら、ユーザーに競争力のあるゲームモードを提供する。

Era7: Game Of Truthはイノベーションカードゲームで、ハースストーンに似た経済モデルを適用し、他のNFTカードゲームより革新的な戦闘モデルをユーザーに与えることも目指している。この機能は、ブロックチェーンゲームをすべてのプレイヤータイプにアピールするためのものです。

ゲーム中、ユーザーは4種類に分類された「ミステリーボックス」を開封することで「マスターカード」を入手することができます(ガチャかな?)。コモン、レア、エピック、レジェンダリーの4種類に分類されます。

このカードを使って、プレイヤーはバトルカードを召喚し、バトルを行うことができます。プレイヤーは、様々なゲームモードをプレイし、エコシステムに参加することで、ERAトークンを獲得することができます。ERAトークンはEra7の主要通貨であり、ゲーム報酬、コンペ報酬、誓約報酬、そして最も重要なこととして、プレイヤーがプラットフォームのガバナンスシステムに参加するための必須条件として使用される予定です。

現在、今月末に予定されている本編のホワイトリストテストの公開を控えている段階です。

マスターカードNFTの写真はこちらです。

Ninaシェフ:韓国、香港、台湾に拠点を置くメンバーで構成された、匿名ではないチームなんですね。どのように出会い、どのような経緯でブロックチェーンゲームを作ることになったのでしょうか?

Dmitri Pro:Era7: Game of Truthは、TCG(トレーディングカードゲーム)のコンセプトをベースにしたNFTベースの対戦ゲームで、ハースストーンやマジック・ザ・ギャザリングの研究開発から生まれたクリエイティブなエッセンスを含んでいます。Era7チームは、巨人の肩の上に立ち(先行者の知恵を元にしてという意味の慣用句)、GameFi製品の開発でさらに革新をもたらすことを目指します。

初期の設計段階において、このプロジェクトは何万人ものプレイヤーを魅了し、初期のコアなバトルプレイ方法を体験しています。これらのプレイヤーは、ゲームのPVPやバトルランキングの取得に熱心で、動画撮影機能を通じて多くの素晴らしい競技を記録しており、私たちに良いデザインのヒントを与えてくれています。

プレイヤーの熱心なフィードバックを通じて、私たちはより大きく、より長期的な夢ビジョン:Era7を通じてライトな競技エコロジーコミュニティを構築していきたいと考えています。初心者も上級者も、ゲームの中で自分のポジションを見つけ、プロジェクト当事者と一緒に、みんなのものである真の世界を構築していくことができます。同時に、ゲームに参加するすべてのユーザーが楽しみながら、楽しくお金を稼ぐことができます。

Ninaシェフ:しかし、ブロックチェーンの世界では「NFTカードゲーム」は目新しいものではありません。他のNFTカードゲームと比較して、Era7 GoTは何が特別なのでしょうか?

Dmitri Pro:Era7は、他のNFTカードゲームと異なり、以下のような特徴があります。
1)「Era7」の最大の特徴は、ゲーム内で自己売買できるカードが1000枚以上あること、テンポの良い対戦(3分バトル)が可能であることです。
属性の異なるカードが多数存在することで、ランダム性が生まれ、それぞれのバトルに無限の可能性が生まれます。大規模でデザイン性の高いカードシステムを、練り込まれた数値システムが下支えし、革新的なゲームプレイを支えています。

2)長期的なプレイモード&ハイクオリティなアートデザインを構築しています。
戦闘効果は単純なカード効果だけでなく、戦場でのキャラクターの行動が、キャラクターの属性や外見、スキルなどと関連しています。

3) TCGとEsportfiのコンセプトの融合
ERA7は、ブロックチェーンゲームとEsportsの世界の良いところを組み合わせて、比較的新しいコンセプトであるEsportsFiを導入しています。EsportFiの核心は、ブロックチェーンとDeFiを搭載したゲームの競争力であり、競技演算を生み出すことです。このモデルは、ブロックチェーンの分散化機能により、セキュリティ、公平性、循環性を確保しながら、ユーザーに競争力のあるゲームモードを提供する。
ゲームでは、ユーザーは4種類に分類された「コンバットカード」を入手することができます。コモン、レア、エピック、レジェンダリーの4種類に分類されます。このカードを使って、プレイヤーは選んだキャラクターを戦闘に呼び出すことができます。プレイヤーは、様々なゲームモードをプレイし、エコシステムに参加することで、$ERAトークンを獲得することができます。

Era 7が他のGameFiプロジェクトよりもユニークである特徴を、簡単に説明したいと思います。

  1. 従来のゲームファンにはおなじみの没入型ゲーム体験を提供する、高度にインタラクティブなトレーディングカードゲーム(TCG)であること。
  2. Era 7」は、iOSやAndroid端末に限らず、複数のプラットフォームで展開される予定です。
    これは、ゲームユーザーの増加に伴い、徐々に実現する予定です。GameFi空間へのトラフィックをより多く生み出すことが我々の唯一の使命です。
  3. Era 7のゲームプレイモードは、競争的な要素が豊富に組み合わされています。
    一つは、ゲームコンテンツに長編のアプローチを採用し、1000枚以上のNFTカードが登場し、戦略的な組み合わせを形成し、相手のパフォーマンスを上回るために批判的な思考を必要とします。
    PvPモードが展開されると、対戦面はさらに激しくなります。
  4. Era 7 は、単にゲームをプレイして稼ぐだけでなく、レクリエーションを求める人たちにも楽しんでもらえるプラットフォームとなります。
    また、eスポーツの側面もあり、今後展開する予定です。
  5. Era 7のレアNFTの保有者は、より大きな利益率を得ることができる。
  6. Era7では、ゲームをプレイすることを妨げることのないよう、高い制限や敷居を設けない。
    ブロックチェーン業界に関する知識がほとんどない非クリプトゲーマーは、このゲームを簡単に学ぶことができます。まずは無料プレイ版から入り、徐々に学習曲線をスムーズに昇っていくことができる。

また、コミュニティマネージャーは、そのような方々のために信頼できるサポートを提供します。私たちは、GameFiが参加者のためのプロジェクトであることに、ただひたすらこだわっています。

Ninaシェフ:ハースストーンやマジック:ザ・ギャザリングにインスパイアされているそうですね。具体的にどのような点を参考にされたのでしょうか?

Dmitri Pro:「マジック:ザ・ギャザリング」は世界で最も古く、最も成功したTCGゲームであり、「ハースストーン」は戦略的なバトルカードのゲームプレイを促進するものです。
その核となる柱は、ゲーム性の高さ、戦略的な複雑さ、コレクション性です。Era7のデザイナーは、全員マジックとハースストーンの経験豊富なプレイヤーです。

彼らと比較すると、Era7は、本来のゲームプレイと戦略的な複雑さを保持することを前提に、大胆かつ厳格にゲームメカニズムを簡略化し、最適化しました。1回の戦闘時間は15~30分から3~5分に短縮され、プレイヤーの理解コストと参入の敷居も大幅に下がりました。また、NFTのトレード環境・コンセプトと相まって、TCGの「トレード」要素が自然かつ活発に発揮されるようになりました。

最終的には、ユーザーが日々のちょっとした休憩時間に楽しめる、価値ある、面白い、高品質な戦略的対戦型ブロックチェーンゲームとして完成しました。

Ninaシェフ:Era7では、プレイヤーが始めるための敷居の低さやゲームプレイ内容の深さといった特徴を考慮し、ゲーマーの参加やブロックチェーンプレイヤーの注目を集めるための工夫をしていると読み取れました。御社から見たトッププレイヤーの集客方法とはどのようなものでしょうか?

Dmitri Pro:Era7は、2月にPCベースのゲームテスト版、2022年第2四半期にiOS版とAndroid版を発売し、世界の主要地域の従来のゲームユーザーに普及させる予定です。Era7は、NFTの設計段階に入る前から、東南アジアの数百万人のゲーマーを魅了しており、今回、GameFiの設計に参加した後、ブロックチェーンユーザーのより広く注目を集めました。

1,000枚以上のカードを組み合わせることで、さまざまな戦略を立て、変化に富んだ戦果を上げることができるこのゲームは、初心者から経験者まで幅広くプレイすることができます。トッププレイヤーは、様々な大会に参加することでより多くの報酬を得ることができ、ゲーム内ではエキスパートアライアンス(毎日)、ランク戦(毎月)、ワールドカップ(2週間)など、様々な大会モードが用意されています。一般プレイヤーは、PVE、ゲーム内ミッションやアクティビティ、デイリーPVPで報酬を得ることができます。

また、Era7はその後、競争生態コミュニティのEsportfiの概念を起動し、より詳細な変更と配慮を行うために競争ゲームのランダムな楽しみの設計では、リアルタイム戦略とインスタント報酬の競争の戦いは、勝者と敗者の間の決闘の間に変数の完全ランダム利得に添付されている決定するために、プレイヤーの関心もGameFi報酬と左右に魅了されています。

Ninaシェフ:次の質問は、トークンについてです。
Era7には特別なトークンである$GOTがあり、これはリソーストークンとして想定されています。すでに$ERAトークンがエコシステムにあるのに、なぜこのリソーストークンを作ったのですか?NFTホルダーがERAトークンとプロジェクトのGOTの報酬を得るにはどうすればよいのですか?

Dmitri Pro:持続可能なGameFiモデルを構築するために、私たちの報酬システムはデュアルトークンによって構築される予定です。2つのトークンは、ERAGOTです。

ERAトークンは、いつでもその価値がゲーム全体の価値を反映しているため、ゲームにおける主要なトークンです。

トークンは、ゲームの報酬、コンペティションの報酬、誓約の報酬、そして最も重要なこととして、プレイヤーがプラットフォームのガバナンスシステムに参加するための必須条件として使用される予定です。

最後に、ERA Tokenは暗号取引所で取引可能になります。


GOTは、ゲームを盛り上げるリソース・トークンです(AxieのSLPに似ています)。
したがって、その顕著な使用例は、ゲームの中核的な経済サイクルシステムを中心に展開されます。
プレイヤーがゲームに参加した後、バトルカードを召喚するためにNFTマスターカードを購入する必要があります。

30枚のバトルカードを持ってから、PVEやPVPのバトルに参加できる。上位のカードを合成するためには、バトルカードはGOTとERA Tokenを消費する必要がある。
したがって、より強いカードを持てば、ゲーム内でより多くの報酬を得ることができる。 GOTはゲームに欠かせない資源として、交易市場を通じて入手することができる。

ERAトークンのユーティリティ

・ERAを消費してマスターカードをリセット(バトルカードを増やす)

・ERAをステークしてGOTを手に入れる

・その後の参加、プロジェクトのエコロジー的ガバナンス

また、月末のリーダーボードで上位にランクインしたプレイヤーには、報酬としてERAトークンをプレゼントします。

GOTユーティリティ

バトルカードの合成アップグレードには、GOTとERAトークンを消費する必要があり、より重要なカードはゲーム内でより多くの報酬を得ることができます。

神カードのリセットも多くのGOTを必要とする

デイリータスクや週間対戦ランキングのGOT報酬が用意されています。
デフレの仕組み:ERAトークンは、「売って燃やす」という確立されたデフレ・モデルの対象となります。ユーザーが販売したEraトークンに対して、4%が国庫に入り、1%が自動的に燃やされます。すべてのプロセスはスマートコントラクトによって自動的に実行され、チェーン上で確認することができるため、透明で公正なプロセスを実現します。

~これよりコミュニティからの質問タイム~

ユーザー1:ERAの価値は何ですか?また、エコシステムの中でどのような役割を担っていますか?長期的に$ERAを保有する利点について教えてください。Era7がこれまでに達成した重要な成果は何ですか?

Dmitri Pro:ERAトークンはGame of Truthのガバナンストークンです。私たちは、これをより大きな規模に拡大し、エコシステム全体を成長させる予定です。

ユーザー2:ゲーム内でユーザーが集められるカードは最大1000種類と書いてありました。カードごとにレアリティや種類は違うのですか?この1000枚のカードの中から、どのように抽選して手に入れることができるのでしょうか?また、カードは1000枚までしか入手できないのでしょうか?

Dmitri Pro:レアリティは4種類、スキルやステータスはバトルカードごとに異なります。

ユーザー3:スマートコントラクトは監査されていますか?Era7は真のグローバルプロジェクトを目指しているのですか?各国の言語サポートを統合する予定はありますか?最後に、あなたのプラットフォームは、私のような小口投資家/ユーザーが参加する機会を与えられるような、誰にでも開かれたものですか?(Q). Com2uS、NCsoft、Nexon、Netmarbleとは何ですか?

Dmitri Pro:Com2uS、NCsoft、Nexon、Netmarbleは、ゲームに多くのトラックとより多くの可視性をもたらすために貢献している巨大なゲームパブリッシャーです。はい、私たちのスマートコントラクトは監査されており、私たちのウェブサイトera7.ioで証明書を見つけることができます。

ユーザー4:IEOではなく、Era7がIFOのためにPancakeswapを選ぶことにした理由とは?

Dmitri Pro:私たちは様々なアプローチを試みており、より多くのリアルユーザーがゲームに参加し、トークンを獲得することを望んでいます。

ユーザー5:このプロジェクトが競合他社に先行するキラー機能を1〜3つ挙げることができますか?あなたのプロジェクトが持つ競争力の中で、あなたが最も自信を持っているものは何ですか?

Dmitri Pro:将来的には、プレイヤーはWeb3だけでなく、従来のユーザーにもなる可能性があります。また、ソーシャルメディアを通じてコンテンツを作成し、他のユーザーと共有することで、バイラルに多くのユーザーを獲得することができます。

ユーザー6:epic Light BoxとLight Boxの違いについて教えてください。NFTとの関連は?

Dmitri Pro:Epic Light BoxはLight Boxと比較して、より多くのレアカードを搭載しています。

ユーザー7:ゲームプレイを確認するためのガイドブックやチュートリアルビデオはありますか?それとも、多くのプレイヤーがゲームをテストできるように、すでにベータ版があるのでしょうか?

Dmitri Pro:もちろんです。私たちのドキュメントやTwitter、Discordをチェックしてください。

Website: https://www.era7.io
Twitter: https://twitter.com/Era7_official
Telegram: https://t.me/Era7_Official
Telegram (Chinese) https://t.me/Era7_Official_CH
Discord: https://discord.com/invite/jtFRzTv5Zw
Facebook :https://www.facebook.com/groups/era7official
Reddit: https://www.reddit.com/user/Era7_Official
Medium:https://medium.com/@Tharun_era7

コメント

タイトルとURLをコピーしました