落書きICOから3年、AvacusがFUNDINNOで資金調達へ(2020/12/9 極私的仮想通貨メモ)

いよいよ来たる次回バブルへ向けた教訓が詰まった「2017~18仮想通貨バブル体験記~次のバブルが来る前に~」の連載を開始しましたので、よかったら参考にしてみてください。

なんとか上昇トレンド維持か?

膠着状態は↓方向で決着ついたようですが、一時1BTC=184万円まで下げ、そこから一気に切り替えしているあたり、ビットコインの強さが分かります。twitterなんかでも言われてますが、そろそろボーナスシーズンなので、ボーナス上げだそうです。ウチはボーナスは全部貯金と住宅ローン返済に充てられるんで関係ないですが(笑)。

2020/12/9 23:30時点でのビットコイン価格は、1BTC=192万円半ばでの推移となっています。前回記事時点(2日前)から約8万円の下落となっています。

ビットコインドミナンスの状況は?

仮想通貨界全体の雰囲気がわかるビットコインドミナンスは、いまだ変化なし。ちょっとノイズが入ったのかおかしなことになってますが。

2020/12/9 23:30時点でのビットコインドミナンスは62.6%となっています。

前回のドミナンスです。

ビットコイン価格の予想は・・・?

各通貨の値動き予想です。ビットコイン始め、全面安の予想となっています・・・。

前回の予想です。

ビットコイン・アルトコイン 気になるニュース

【特報】あのAvacus.ioがFundinnoで資金調達を開始予定!

あれは忘れもしない、2017年の秋のことでした。既にバブりつつあった仮想通貨の中で、規制される前のある意味ギリギリのタイミングで、ある国産のICOがひっそりとスタートしていました。

VUCUSと名付けられたトークンのホワイトペーパーを見てみると、なんとまさかの手書き。

雰囲気もゆるゆるでしたが、当時の私はそこに何かを感じ、相当の金額をぶち込みました。

それが現在のAvacus.ioです。その後私はほとんどのトークンを売却してしまい、手元には残っていないのですが、あれから3年間、広告も打たずにひたすら地道に活動を続けてきた結果、今回株式型クラウドファンディングによる資金調達を行うことになったようです。

私も慌ててFundinnoに投資家登録しました。何とか資金を工面して突っ込めたらと思っています(笑)。なんと経営陣は2024年頃のIPOを見込んでいるとか。これマジで出来たらすげぇよ。

 

仮想通貨取引所FTX、IPOで上場前のAirbnb株をトークン化(Coinpost)

なんかFTXはどんどん新しい手を打ちますな。あまりに無法地帯だ、という見方もできますが、何もできない私からすれば、大統領選挙トークンとかなんでもトークンにしてしまえる、一種の強引さが羨ましいです。

 

11月度の世界の仮想通貨取引所ランキング、Zaifが月間訪問数の上昇率国内首位に(Coinpost)

Zaifもかつては面白取引所、っていうか取引もできるチャット(笑)という意味では日本代表だったんですけどね~。

リップルやネムの上昇を見てもわかる通り、徐々に日本人が戻り始めているようですが、まだまだこんなもんじゃないだろうというのが私の見立てです。また周囲で仮想通貨の話全然聞きませんもんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました