BinanceSmartChain今日の出来事(01/24/2022) 分かっているさ百も承知さ

先日の暴落以降、クリプトは全体的に軟調な動きが続いています。年明けの崩壊は十分予想できていたとはいえ、ほとんど何のきっかけもなくスーッと落ちるのは非常に不気味でした。前回、前々回とはっきりとしたきっかけ(大規模取引所のGOX)があったと思うので・・・。

CAKE,BNBは一時下落からは若干価格を戻して落ち着いた値動きですが、油断は禁物です。できるだけステーブルorフィアット比率多めにして、衝撃に備えてください。

2022/01/24 19:00 現在の$CAKE価格は800円前後 時価総額順位は51位、twitterのフォロワー数は1,435,383(+4,176)です。(1/22 時点 ほぼ変わらない値動き 、 1ランクUP)$BNB価格は40,000円前後 時価総額順位4位(1/22 時点 約1,000円DOWN、 ランク変動なし)で取引されています。

ファーム報酬の調整投票が行われる

恒例の各LPごとの報酬調整の投票が行われています。今回運営から提案されている内容は以下の通り。

LPCurrent WeightNew WeightChange
PORTO-BNB10.5-0.5
KART-BNB0.50.1-0.4
QI-BNB0.50.1-0.4
ETERNAL-BNB0.50-0.5
CCAR-BNB0.50-0.5
HERO-BNB0.10-0.1
RPG-BUSD0.10-0.1
MASK-BNB0.10-0.1
Total Change-2.6

そして投票は以下のリンクから!

月曜恒例!$CAKEバーン!

今週も月曜日恒例のCAKEバーンが行われました。今週もほぼ先週と同量の$CAKEがバーンされているわけですが・・・ドル建ての価格が下がっているのが悲しいところです。

ULANDの第一回AMA行われる!

日本時間の昨夜8時から、私が注目しているULANDの第一回AMAが行われました。AMAとはいっても、第一回ということでほぼ運営の人たちのクロストークを聞かされているような感じでしたw

主な内容は既にホワイトペーパーに書いてあったようなことをなぞっている感じなので、いわゆる質疑応答に絞って書きたいと思います。

ユーザーからのよくある質問集

Q1 CEX上場はいつ?

CEX上場については現在目指しているところ。実際に複数のチャネルで、さまざまな提携先と話し合いを行っている状況。私たちは、DeFiやGameFi・メタバースのための優れた発見力を持つ取引所をターゲットにしています。

Q2 運営の人の正体について

これについてはMediumの記事で紹介したので、多くのユーザが知っていると思いますが、新しいユーザには、その理由をもう一度説明したいと思います。

プロジェクトを始めた当初に主な決定事項の1つで、Pixel57氏と私(運営のMilky Way氏、女性)が合意したものです。少なくとも今は、我々は匿名であるべきだという点で合意している。

その理由は暗号の世界はとても残酷だからで、自分と意見が合わなかったり、詐欺師が急に逆上したり、自宅の住所をつかまれたりすると、どうなるか。人は必ずしも合理的な行動をとるとは限りません。ですから、私たちは、ユーザーやコミュニティに対して、私たちの名前ではなく、私たちが作るものに信頼を寄せていることを示したいだけなのです。

チームファイナンス、例えば流動性、Burnイベント、リワードシステム、アマチュア・イベントの開催、そして循環型社会への貢献などを再確認することで、それを実現しています。
監査については、すぐに触れることにします。そうですね。
もう一つは、最後にお知らせしておきますが、CoinmarketCapやCoinGeckoに上場するためには、私たちのプロフィールも住所も全部教えたうえで、連絡を取り合う必要があるんです。

Q3 マーケティングについて

我々はすでに多くのマーケティングを行っていますが、その多くはバックグラウンドです。

ご存知のように、暗号プロジェクトの90%は、平均的なコインとプロジェクト上の実体です。彼らが頼りにしているのは、純粋に誇大広告と、プロジェクトを盛り上げるためのポンプであり、それはそれでいいのです。

私たちは、ゲームファンドのメタバース・プロジェクトですから、超複雑なトークノミクスと機能セットを備えた長いロードマップがあり、それを時間をかけてリリースしています。

だから、ずっと宣伝し続けられるようなものではありません。良いマーケティングとは、人々の期待を管理することでもあり、正しいモデルを作ることでもあります。そして、基本的には、その時点のプロジェクトにとって何がベストであるかということに基づいて、それを調整することになります。

Q4 監査について

よくある質問ですが、監査はいつ行われるのか、そしてそれはULANDにとって一体何を意味するのでしょうか? これはDiscordやテレグラムでもよく聞かれる質問の1つです。

現在、SANDBOXやPancake,1inchなど上位100チェーンとDeFiプロトコルの大部分を監査し監査でナンバーワンのところに監査をお願いしており、もうすぐニュースも共有できそうです。

すぐにでもそうしたいんですが、だめかもしれません。実は速報のレポートが届きましたが、あまり多くを語らずとも、非常に良さそうです。

また、致命的な問題は見つかっていません。そう、これがCertickからの報告です。つまり、Solidityの専門家がプログラミングコードをくまなくチェックした上での予備レポートということです。

脆弱性を探し、セキュリティ上の欠陥を探し、契約から資金を奪うことができる方法を探しましたが、重大な問題はありませんでした。

年末にテストを正しく行い、このようなことを実際に聞くことができたのは本当によかったと思います。 CertickのPDFを見ると、重大な問題のセクションがあり、何が重大な問題なのかがわかります。 そうですね。(結局問題はあったのか?なかったのかな?)

その他にもいくつか質問がありましたが、文面が伸びる一方なので、別記事にしようかなと思います。

BSCScanベスト20

1/22~23のBSCscanトークンベスト20は以下の通りです。

2日前のベスト20です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました