ビットコインは日本政府的には法定通貨じゃないらしい (2021/07/01 極私的仮想通貨メモ)

一時400万円から一気に上抜けか?と思われたビットコイン価格も昨日から徐々に下落基調となり、一時370万円を割れるうごきとなりました。現在はちょっと戻そうとしていますかね。

2021/7/1 22:00時点でのビットコイン価格は、1BTC=380万円前後での推移となっています。前回記事時点(2日前)から20万円の下落となっています。

ビットコインドミナンスの状況は?

仮想通貨界全体の雰囲気がわかるビットコインドミナンスですが、ビットコインドミナンスちょい下げ、イーサリアムちょい上げの流れは相変わらず。

2021/7/1 22:00時点でのビットコインドミナンスは45.4%、イーサリアムドミナンスは17.8%となっています。

2日前のドミナンスです。

ザ・クリプトテン!

ザ・クリプトテン!$UNIがまたもトップテン陥落。ステーブルだけが緑色であとは全部真っ赤という展開。

今日のスポットライト!

直近24時間の上昇率がもっとも高い通貨を上から10種並べてみました。これは酷いw強いて言えば懐かしいWAVESがちょっと上げています。

前回のスポットライトです。

仮想通貨気になるニュース

日本政府、ビットコインを外国通貨と認めず エルサルバドルの法定通貨化受け(Coinpost)

まあ日本政府は認めたがらんでしょうなwまあ「認めない」という結論がありきで、あとはどういう途中式を組むかということになるんでしょうが、今回我が国の政府が使ったのは「強制通用力が不十分」というもの。

「強制通用力」というのは、文字通りです。それで支払われたらいやでも受け入れなければならないという事。例えば、日本円には強制通用力がありますから「僕はドルが好きだから、円なんかいらない!」とごねてもダメ!ということになります。

今回のエルサルバドルの事例では、ウォレットがない、インターネットに繋がっていない等の事情からビットコインの受け入れができない場合は、受け入れを拒否できるという規定があることから、強制通用力が弱いとして、通貨として認められることはありませんでした。

これに対して、金融庁に度々問い合わせを行うことで知られる株式会社JPYCの岡部CEOは以下のようにコメントしています。

日本円の場合も、硬貨で20枚以上で支払われた場合は受け取り拒否できるという規定があることから、いついかなる場合でも強制通用力があるわけではないだろうという事のようです。

バイナンスがコンプラツール導入開始 FATFの「トラベル・ルール」遵守体制を強化へ(Coinpost)

ついにバイナンスもコンプラ順守というポーズを始めましたね。FATFの茶番的なルールにどこまであわせるか?ということになりますが、どうせどれだけ守っても気に入らなければ潰せるわけですし、適当にやっておけばいいのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました