BSC系DeFi今日の出来事(11/08/2020)いや別にScamじゃないよ?

DeFi運用記

ようやくバイデン氏に当確出ました。それはいいんですが、混乱の収束見通しが立った途端にビットコイン始め仮想通貨市況は一気に悪化しました。なんか因果なもんだなあ。世界が平和になる程損をする。そんな死の商人のような気持ちです。

さて、このところすっかりBSC系DeFiに使う時間が減ってます(笑)。理由としては、新しいSwapをほとんど探していない(ほぼスキャムだし)のと、既存のプロジェクトも大分安定してきて(Pancakeはドタバタしましたが)、特にすることがない。

ちなみにあと3日で、すっかりご無沙汰になってしまったBSCSwapのトークン $BSWAPが引き出せるようになります。あれからもう一か月か……。

PancakeSwapの「SYRUP GATE」問題にようやく説明も納得せぬユーザーからはScam呼ばわり

先日の$SYRUPトークンの不備による利用停止によって、$SYRUPトークンが価値を失ったことから、Swapで$SYRUPを購入したユーザーの一部から、補償を求める声が上がっていました。

これについて、PancakeSwap公式はMediumの記事の中で説明を行いました。

Update on the SYRUP Incident

ユーザーらが納得していないのは、Certikというコード監査機関によって監査をされているにもかかわらず、こうした問題が起こるのはおかしいじゃないか!一体何のための監査やねん!というところなんですね。

PancakeSwapが今回受けた監査は、PancakeSwapが元にしたSUSHISwapとのコードの差分のみを対象としています。今回これらについては問題ありませんでした。

ただ、もともとのSUSHISwapのコードに問題があって、そこを衝いて攻撃が行われたんだから、CertikとしてもPancakeSwapとしてもあずかり知らぬところだよというのがPancake側の言い分です。

私としてはこの説明で十分だなあと思ったのですが、あくまで納得しない一部ユーザーからは、この説明記事の矛盾点をついた記事が反論として出されています。

Update on the PancakeSwap Scam Incident

正直いって読む気もしないのですが、これだけ丁寧に説明をおこなったPancakeSwapを「Scam」と断じる態度は一体どうなんでしょうか。そもそも彼ら自身で「DYOR(Do Your Own Research)」などと言っているのに、説明に難癖をつけ、あくまで補償を求め……。

そこまで言うんなら、フォーク元のSUSHISwapに文句言ったらどうですか?

BSCScanベスト20

11/7~8のBSCscanトークンベスト20は以下の通りになっています。SYRUPトークンは徐々にランキングを下げています。先日突如ランキングに躍り出たDuckTokenや、VIDTはまだランキングに入ってます。

こちらが前回のランキングです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました