1/18IFO予定!Froyo GamesのAMAを無理くり和訳してみた

1月18日日本時間23時~24時にPancakeSapにて行われるFroyo GamesのIFOに先立ち、Froyo GamesのAMAが行われましたので、その模様をDeepL翻訳にぶち込んでお送りします。

シェフ達からの質問

Bunシェフ:まず、@zeroxfroyoさんから、ご自身とプロジェクトであるFroyo Gamesの紹介をお願いします。

FROYO:皆さん、こんにちは。ここにお招きいただきありがとうございます。私はFroyo Wizardです。
GameFiのプラットフォームとして、Froyo Gamesはあなたのことを思って作られています。ブロックチェーン技術に深く基礎を置き、プラットフォーム上の様々な体験において、ゲーマーがプレイするゲームやインベントリーをかつてないほどコントロールできるようにしたプラットフォームなのです。私たちは、世界中で500以上の開発者と350以上のゲームタイトル、3億6000万以上のダウンロードを持つアクセス可能なエコシステムを持っています。

また、Froyo Gamesは、このエキサイティングな新技術をゲームに取り入れようとするインディーズモバイルゲームデザイナーから、AAAゲームスタジオまでのゲーム開発者のための歓迎の家でもあります。Froyo Gamesでは、開発者が学校に通うことなく、この新しい世界を受け入れるために必要なツールを提供しています。SDKからデジタルアセットダッシュボードまで、お客様のゲームに最小限の摩擦で導入できるよう、喜んでお手伝いさせていただきます。

さらに、既存の強固なユーザーベース、Froyoトークン保有者、そしてエコシステム内でトークンを使用し活用する新しい刺激的な方法を常に探している他の熱心なブロックチェーンゲーマーを含むより多くの人々に、有望なゲームやプロジェクトが必要とするシグナルを後押しするローンチパッドでサービスを拡張しています。私たち独自のNFTマーケットプレイスは、開発者が独自の取引プラットフォームを立ち上げる必要がなく、Froyoプラットフォームの誰もが簡単に取引できる場所となります。

さらに、GameFiをベースとしたソーシャル・マーケティング・プラットフォーム(Froyo Gamebox)を構築し、楽しくてインタラクティブな “遊んで稼げる””遊べる “サービスを提供しています。Froyo Gameboxは、NFT Launchpadに掲載されたNFTを賞品として獲得できるミニゲームで、PancakeswapのSyrup poolやSushiswapのOnsenをゲーム化したような、ユーザーエンゲージメントとブランド認知度の高いプラットフォームを構築しています。


Bunシェフ:さて、典型的なチェーンの話題に入ります。

Froyo GamesはETHとBSCをサポートしています。この決定の背景にはどのような理由があるのでしょうか?数あるブロックチェーンの中から、なぜこの2つを選んだのでしょうか?また、他のチェーンに展開する予定はあるのでしょうか?

FROYO:私たちが最初からBinance Smart ChainとEthereumを選んだのは、この2つのチェーンが最もユーザー数が多く、活動レベルも高いものがあるからです。BSCとETHの上に構築しないのは愚かなことです。今のところ、他のチェーンに拡大する予定はありません。


Bunシェフ:次の質問です。
ブロックチェーンの世界では、オリジナルのゲームを開発するゲームプロジェクトが多く存在します。しかし、なぜゲームパブリッシャーという役割にこだわるのでしょうか?

FROYO:私たちは、パブリッシングしているゲームのために、すぐに利用できるゲーマーコミュニティーを立ち上げることができるのです。ゲーム開発者には誰でもなれますが、ゲームパブリッシャーには誰でもなれるわけではありません。Epic Gamesが1日おきに現れるのか、それとももっと多くのゲームが1日おきに現れるのか、どちらでしょうか?ブロックチェーンゲームパブリッシャーが、1日おきに現れるわけではないことは明らかです。

Epic Gamesは、世界で最も成功した伝統的なゲームパブリッシャーの1つであり、ゲームパブリッシャーの役割を信じないのは愚かなことでしょう。自社のゲームプラットフォームでゲームを開発・発売するために、優秀なゲーム開発者を惹きつけるには、それなりの実績が必要でしょう。良いトラックレコードは、私たちが誇りに思うものです。


Bunシェフ:ブロックチェーンゲームのEpic Gamesになりたいということですね。👀

FROYO:その通り! Steam + Epic Gamesでブロックチェーンゲームを!


Bunシェフ:では、あなたのチームについて詳しく教えてください。PancakeSwapのシェフチームと同様、あなたのチームも匿名です。チームの大きさなど、情報を教えていただけますか?

FROYO:私たちは匿名ですが、本当に優秀で、そうでなければ一流VCは私たちに投資しなかったでしょう。2ヶ月前に10人のチームでスタートしましたが、今では開発者15人、ビジネス開発/マーケティング担当10人の計25人近いメンバーがいます。


Bunシェフ:成長するチーム、そして強いチーム 💪。
他のAMAでも、「我々の立派なライバルはGala Gamesしかいない」とおっしゃっていましたね。ゲームパブリッシャーとして、Froyo Gamesにはどんな利点があり、Froyo Gamesが彼らや他のgamifiプロジェクトにどう対抗していけるとお考えでしょうか?

FROYO:ゲームパブリッシャーは、通常のゲームプロジェクトとは大きく異なります。私たちが持つ大きな強みは、高品質のゲームをパブリッシングできることであり、中にはすでに強固な月間アクティブユーザーを抱えているゲームもあります。

私たちは、どんなゲームでもFroyo Gamesのエコシステムの一部として歓迎します(もちろん、一定の基準は考慮されるべきですが)。この質問は、「Froyo Gamesはどのように他のゲームフィープロジェクトと競争していくのか」という質問ではなく、「Froyo Gamesはどのように他のゲームプロジェクトとエコシステムを広げていくのか」という質問です。私たちは、より良い、より健全なゲームのエコシステムのために共に努力します!


Bunシェフ:では、$FROYOについてもっと知っていきましょう。FROYOトークンのユーティリティとは?

FROYO:ステーク報酬– トークン保有者は、ゲーム内の NFT 資産をステークして、$FROYO トークンを獲得することができます。

$veFROYO – また、Froyo Publisher Network のガバナンスに参加し、Froyo Games プラットフォームで今後公開されるゲームで使用される新しいゲーミングトークンの報酬ゲージに投票するために、$FROYO トークンを $veFROYO に賭けることも可能です。また、$veFROYOトークン保有者は、Froyo Publisher Networkから今後発売されるゲーミングトークンを獲得することができます。

プレイ・トゥ・アーニング– おそらくエコシステムの中で最も民主化された部分であり、プレイヤーはゲーム内の経済にトークンを使用している特定のゲームをプレイするだけで、$FROYOトークンを獲得することが可能です。これにより、誰でもFroyo Gamesのエコシステムに参加することができ、暗号通貨のような先行投資はほとんど必要ありません。

プレイ・トゥ・ウィン– Froyo Gamebox は、気軽に楽しめる、シンプルかつ競争力のあるゲームを提供し、$FROYO を使って、物理的な景品から NFT やその他のデジタル資産まで、幅広い賞品の当選確率を高めるためのチケットを購入することが可能です。

Froyo Store – Froyo Storeでは、$FROYOトークンが主な取引手段となり、可換・非可換のトークンを購入することができます。様々な支払い方法に対応しますが、$FROYOトークンを使用した取引には、割引などの特典があります。


Bunシェフ:クール、さてユーティリティとトークノミクスといえば。「エコシステム・ファンド」について、またそれらがFroyo Gamesの運営にどのように使われるのか、もう少し詳しく教えてください。

FROYO:エコシステム資金に割り当てられたトークンは、プレイ・トゥ・アーンの報酬、プレイ・トゥ・ウィンの報酬、ステーク報酬、DEX/CEX上場のための流動性提供、コミュニティのインセンティブに使用されます。私たちは、今年発売される3つのゲーム(私たちのウェブサイトで見ることができます)とFroyo GameboxがP2EとP2W報酬のためにFROYOトークンを消費する予定です。これはFROYOトークンを使用する4つの製品に過ぎず、今後ゲーム経済においてFROYOを消費するゲームや製品をさらに発表することは未定です。


Bunシェフ:この記事で、以前から寄せられていた質問にお答えできればと思います。
この媒体の記事
(https://medium.com/@froyogames/froyo-games raises-strategic-round-of-1-6m-led-by-animoca-brands-and-other-investors-cb2d491dbf87 )にあるように。今後リリースされるSDKを紹介されましたが、これはどのようなものですか?それについて詳しく教えてください。

FROYO:Froyo Games Software Development Kit(SDK)は、ゲーム開発者がブロックチェーンゲームを構築する際の面倒な作業を軽減するために提供されるツールです。Froyo Gamesのブロックチェーンゲームへのアプローチにより、開発者はNon-Fungible Token(NFT)をゲームに実装するだけでなく、ブロックチェーン特有のコーディングを必要とせずに、NFTの作成と管理もできるようになります。このプラットフォームは、独立系のカジュアルゲーム開発者からAAAゲームスタジオまで、誰でもオープンにアクセスすることができます。

ブロックチェーンゲームの現状は、参入が困難な状況です。そのため、新規参入を目指す多くの企業がホワイトレーベルのソリューションを展開し、結果的に汎用的な製品になってしまっています。開発者がブロックチェーン上で安定したスケーラブルなゲームを構築し、かつ高速で安全なゲームを構築するのは、信じられないほど時間がかかり、また費用も高額になります。


Bunシェフ:最後に、これからのgamefiはどうなっていくと思いますか?そして、そのgamefiの未来におけるFroyo Gamesの位置づけをお聞かせください。

FROYO:これは私個人の意見であり、いかなる形の財務アドバイスでもありません。これはGameFiの始まりに過ぎないと思います。プレイヤーに過剰な支払いをすることなく、ゲームの持続可能性を確保するための革新的なゲーム経済が、今後ますます増えていくでしょう。Froyo Gamesは、ゲームを公開するだけでなく、私たちが公開するゲーム「トークノミクス」の共同デザインや、公開するゲームを起動させるためのその他の関連作業など、他の重要な役割も担っていくと考えています。


コミュニティからの質問ラウンド

Bunシェフ:以前は、プロジェクトのウェブサイトやホワイトペーパーに答えが載っているような質問が多く見受けられましたので、ご注意ください。このAMAは、プロジェクトチームに直接質問できる素晴らしい機会であることを忘れないでください。プロジェクトについて、より深く、より有意義な質問をしてください。

Ninaシェフ:COMBOT止まってお願い・・・(なぜかCOMBOTが暴走w)


ユーザー:いつか、もっと革新的な技術を持った別のプロジェクトが、あなたのプロジェクトに取って代わることを恐れていますか

FROYO:そんなことはない。競争は長期的には良いことであり、競争優位性がなければ、自分のやっていることで、より良くなることは難しいかもしれないのです。


ユーザー:Froyo Gamesは、インディーズのモバイルゲームデザイナーやゲームスタジオからゲーム開発者をどのように橋渡ししているのですか?また、そのチャンスはあるのでしょうか?

FROYO:従来のゲーム開発者の多くは、ブロックチェーンについて何も知りません。誰もがこの新しいインパクトのある技術をゲームに実装する幸運や余裕があるわけではありません。

そのため、私たちはSDKを用意し、簡単に利用できるようにしています。さらに、NFTをリストアップするためのマーケットプレイスも用意されているので、まったく新しいNFTを構築する必要はありません。さらに、ゲームをローンチさせるためのローンチパッドも用意されています。最後に、ユーザーのエンゲージメントと認知度を高めるために、GameboxというSyrup poolのゲーム化されたバージョンを用意しています。


ユーザー:Froyo Gameboxは、Froyo Gamesのマーケティング部門ですね。
プラットフォームを開発するために、フロイゲームではいくつの支店を作ったのですか?
また、暗号の知識が少ない市場で、どのようにユーザーベースを拡大する予定ですか?

FROYO:だから、Froyo Gameboxは、そもそもが実にシンプルなものなのです。スキルベースのミニゲームは分かりやすく、あらゆるレベルのユーザーに簡単に搭載することができます。GameboxからNFTまたはトークンを獲得することができます。ユーザーはこのNFTを当社のプラットフォームで賭け、$FROYOトークンの形で利回りを得ることができます。


ユーザー:先ほどTwitterで、Froyo GamesはGala GamesやElixir Gamingとどう違うのか、という質問を投稿しました。その質問に関連して、特にGala Gamesに言及すると、Froyo GamesでFroyoトークンを獲得するためのNFTは、購入する余剰資金を持っていないゲーマー/参加者にとって手頃な価格なのか、それとも獲得するためのNFTは “deep pockets” を持っている人(=大口)だけのものになるのか。

FROYO:それもそのはず(GalaGamesに高級なNFTが多くあることについてか?)、ハイパーカジュアルからAAAゲーム、メタバースまであらゆるゲームをパブリッシングしているのですから! NFTは、あらゆるレベルのユーザーを惹きつけるために、非常にリーズナブルで高級感のあるものにすることができます。


ユーザー: Froyo Games は、ハッカーの攻撃から安全で安心ですか?ユーザーのセキュリティとプライバシーに関して、あなたのプロジェクトは何を保証し、約束することができますか?

FROYO:私たちは、ハッキングを防ぐために、すべてのスマートコントラクトを監査してもらうつもりです。


裏日本人の感想

2021年後半はまさにGameFiが話題の中心となりました。GalaGamesでやってるTownStarなんかはもう日課になっており、毎日少しずつTownコインをせっせと集めています。かつては買って持っておくだけだったトークンが、ゲーム内のマネーとしての役割を与えられ、ゲームを楽しむことができるのが当たり前になった、というのはかつてのICOブームを知る世代からすると隔世の感があります。

Froyo Gamesもこうした流れの中で生まれ、業界大手のGalaをライバルと公言してはばかりませんが、今時点でFroyo Gamesはまだゲームをリリースしていません。実際にゲームがリリースされ、人々の反応を見て、彼らがどう行動していくかに注目すべきだと思います。

なお、リリース予定のゲームを彼らのサイトからDocで見ましたが、ハムスターが出てくるゲームと、あとカニを育て戦わせるゲームが載ってましたね。

そんな$FROYOのIFOは18日の23時から1時間となりますので、お忘れなきよう・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました