【速報】PancakeSwapの”料理長”Hopsシェフ交代へ~後任はSnow ballシェフに~

PancakeSwapの(主に日本人を中心とする)ユーザーに衝撃が走りました。

2020年9月のPancakeSwapローンチから1年にわたりHead Chef、つまりシェフのまとめ役として活躍してきたHopsシェフが、その座をこの度新たに参加したSnowballシェフに譲り、アドバイザー役として今後のPancakeSwapの発展を見守ることにするという発表がありました。

Hopsシェフ「自分は初期段階の基礎固めに向いた人間だった」

HopsシェフはPancakeSwapの公式ブログであるMediumの記事とは別に、普段更新することのない自らのツイッターで、今回のHead Chef交代劇について語っています。(Ninaシェフの日本語訳はこちらから。)

それによりますと、Hopsシェフは自らの役割を「初期段階の基礎固め」と規定しており、現在非常に大きな規模となったPancakeSwapの運営をこれから任せるには「経験豊富なリーダーが必要だ」として、大手暗号資産取引所での業務経験があるSnowballシェフに、今後を託したいとしています。

Hopsシェフは今後はMediumやTwitterといった表舞台からは姿を消し、今後は一歩引いた立場から、アドバイスをしていくということです。

Hopsシェフといえば、初期の頃からウィットに富んだツイートや書き込みでしられており、最初期のツイートでは先行するBakerySwapに堂々絡んでいったり、ミームをがんがん使っていくなど、PancakeSwapの親しみやすさはまさにHopsシェフによるものだったと思います。(あまりにあらゆるところにいすぎて、Hopsシェフって何してたっけ?と思うぐらいには当たり前の存在でした。)

ただ、徐々にコミュニティの管理をBugsシェフや、6月に加入したNinaシェフなどに任せるようになっており、その頃から、将来的な引退も視野に入れていたのかもしれません。

日本ユーザーの反応は?

PancakeSwapの公式テレグラムの反応ですが、英語版テレグラムは特に目立った反応はなく落ち着いています。一方で、ユーザー数3000人の日本テレグラムでは、シェフの内部事情に詳しい古参ユーザーが多いからか、Hopsシェフのこれまでの活躍に感謝する人、突然の交代劇を受け入れられないといった人など、反応は様々でした。

ライバル・SUSHISwapでも交代劇が・・・

今回の交代劇はPancakeSwapユーザーに大きな衝撃をもたらしましたが、その数日前、PancakeSwapのいわばライバルともいうべきSushiSwapでも同様にHead Chefである0xMaki氏が第一線を離れてアドバイザーになるという事態が起きていました。

大手DeFiプロトコルSushiSwap、共同設立者が退任へ(Coinpost)

$CAKE価格への影響は限定的か?

今回のHopsシェフのニュースを受けて、$CAKE価格への影響はあまり大きくないようですが、まだ予断はできません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました