四季報2019夏号全部読む! 第19回 ♪素晴らしい UACJ!  UACJ!

いよいよマイホーム探しが本格化。なのに頭金の額をめぐって意見の合わない我が夫婦・・・そんな四季報2019夏号全部読む!前回は868~917P(5105 TOYO TIRE ~ 5484 東北特殊鋼)を見ていきました。(前回記事:第18回 日本カーボンの株価~ボンと上がるか

今回は918~967P(5485 日立金属 ~ 5965 フジマック)です。金属、非鉄など硬ーい業界です。

クリック証券は信用取引するならベストだね。

5485 日立金属 ~ 5965 フジマック(918~967P)

今回も各業界の景況感を見るために、非鉄金属業界の業績予想比較からやっていきます。

非鉄金属大手四社の業績予想比較

非鉄金属大手四社の業績予想を比較します。どの社も金属市況の悪化の影響で利益が減っています。いちばんマシなのは住友金属鉱山ですかね。

続いて株価の動きです。2年間を比較すると、18年初までは三井金属圧倒的なパフォーマンスだったのですが、日経平均とほぼ変わらないパフォーマンスになってしまいました。しかしそれでも2年間で50%近い上昇ということになりますから、十分な結果だったといえるでしょう。三菱は、利益率の低さが災いして、終始低迷してしまっています。

 

各社の今後の展望です。最大手の三菱はEV向け技術の開発や、リチウムイオン電池リサイクル技術など、新しい技術の開発を進めています。住友もリチウムイオン電池のリサイクルに注目しており、再来年以降プラント建設して展開していく模様です。三井は5G商用化むけ製品を増産へ。DOWAは近赤外線LEDでセンサー需要を狙います。

5704 JMC ↑前号比増額 急成長株 【非鉄金属】※注目

3Dプリンタによる試作品作成、鋳造。業績は続伸中。さらに浜松に新工場を計画。2021年12月期の業績目標は売上52億円、営業利益7.8億円以上(19年12月期予想は売上43億円、営利5億円)。この業績の伸びは非常に良い。株価も好調。つい先日、長野県に新工場用地取得。この企業・・・見落としていたかもしれない。

 

5741 UACJ ↓前号比減額 市況関連株 【非鉄金属】

旧住友軽金属。半導体関連は後退だが、缶材が回復。配当利回りがなかなかあり、3%以上。タイ工場への投資がひと段落し、来期以降黒字化のめどが立つ。株価は残念ながら下落気味・・・。

 

5802 住友電気工業 ↓前号比減額 市況関連株 【非鉄金属】

電線でトップ。自動車用ワイヤーハーネスでは大手の一角。光アフィバーも強い。5G需要の高まりから、光ケーブルが好調。5G増産投資は再来年まで続ける予定。配当利回りは3.56%と高い。株価は長期低落傾向・・・。今のうちに配当目当てで仕込んでおくか?

5938 LIXIL ↓↓大幅減額 市況関連株 【金属製品】

住宅設備で最大手。前号でも取り上げた、お家騒動にようやく目途。創業家の潮田氏がようやく追放され、MonotaROの瀬戸氏が代表取締役に復帰。この報道を受けて株価が急回復。潮田氏がなぜかこだわっていた、本社の海外移転と、国内取引所からの上場廃止は、瀬戸氏によって火消し済。今後は正常な成長軌道に復帰できるか。

 

まとめ

今回は918~967P(5485 日立金属 ~ 5965 フジマック)を見ていきました。いろんな意味でお固い企業が多いですね。それにしても、LIXILの御家騒動解決はよかった・・・。やはり企業は有能なCEOが経営するべきです!

あとJMCは急成長企業として見落としていました。できればポートフォリオに加えたい企業です。

次回は、968~1017P(5966 KTC ~ 6111 旭精機工業)です。(次回:第20回 ベクトル業績悪化もなるべくとる乱さずに

[amazonjs asin=”B07G1Y53C5″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”会社四季報 2019年3集夏号”]
[amazonjs asin=”4492733477″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”会社四季報の達人が教える10倍株・100倍株の探し方”]
四季報読者必読の書!

~今号ここまでのまとめ~

第18回 日本カーボンの株価~ボンと上がるか
第17回 オリコンは業績成長を織り込んで株価上昇
第16回 オービックの好決算にOH!ビックリ!
第15回 花王はトイレタリー製品に環境対策を取り入れたりして頑張る
第14回 ZUUはずーっと成長し続けられるのか?
第13回 バカマツタケの普及をただ待つだけ・・・
第12回 アバントは経団連に入っても付き合う相手をよく選ばんと・・・
第11回 バイマはメンズ取り込めれば売上何倍までも!
四季報2019 夏号全部読む!第1回~第10回まとめ

ピックアップ基準(これらのうち複数を満たす企業を中心にピックアップします)

・「新分野」「新境地」など、大きく生まれ変わる気配のある企業
・新興企業であれば、20%以上の増収、10%以上の営業利益率を数年続けられる企業
・サブスクリプションなど安定した収益モデルを持つ企業
・その他時事ネタ株
・好材料は赤い文字、悪材料は青い文字で書きます。特に気になった点は太字で。

コメント

タイトルとURLをコピーしました