四季報2019春号全部読む! 第4回 液体ミルクで時短して、もっとゆっくり子供を見るく?

寒の戻りが・・・。そんな四季報2019春号全部読む!前回は117~166P(1826 佐田建設~2109 三井製糖)を見ていきました。(前回記事:第3回 日東富士製粉が買収で「倍」収!?

今回は167~216P(2112 塩水港精糖~2330 フォーサイド)を見ていきます。食料品や、情報・通信などの業者が中心になります。

[amazonjs asin=”B001U1LDNG” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”会社四季報 2019年2集春号 雑誌”]

[amazonjs asin=”4492733477″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”会社四季報の達人が教える10倍株・100倍株の探し方”]
四季報読者必読の書!

~今号ここまでのまとめ~
第3回 日東富士製粉が買収で「倍」収!?
第2回 刀剣女子が東建コーポレーションに殺到!?
第1回 情報・通信業のじょうほう(上方)修正目立つ

ピックアップ基準(これらのうち複数を満たす企業を中心にピックアップします)

・「新分野」「新境地」など、大きく生まれ変わる気配のある企業
・新興企業であれば、20%以上の増収、10%以上の営業利益率を数年続けられる企業
・サブスクリプションなど安定した収益モデルを持つ企業
・その他時事ネタ株
・好材料は赤い文字、悪材料は青い文字で書きます。特に気になった点は太字で。

クリック証券は信用取引するならベストだね。

2112 塩水港精糖~2330 フォーサイド(167~216Pまで)

2114 フジ日本精糖【食料品】 →前号並み 市況関連株 精糖中堅。砂糖からつくる食物繊維「イヌリン」の開発を行っているが、前号でも前々号でもなかなか結果が出ない・・・というコメントだった。しっかしここにきて「新規採用じわり増」というコメントに変わり、成果が出始めている様子。株価は年末年始の暴落を除けばほとんど変動がない。600~620円という狭い幅での動きが続く。

 

2124 JAC Recruitment 【サービス】 ↓前号比減額 市況関連株 人材紹介業の会社。国際関係に強く、業績は連続で増益。ここは今号でフィーチャーされている売上高営業CF比率が平均23%と非常に高い。成長も1割程度と十分。株価は昨年春以降2600円で何度も跳ね返される形となっている。ここを抜ければ強い。

 

2127 日本M&Aセンター 【サービス】 →前号並み 優良株 中小企業のM&A最大手。ここは以前から注目していて、高齢化により各地の企業が後継者不足に陥る中で、同社は全国規模でセミナーを開催しており今後も多くの案件が出てくるのではと考える。また、売上高営業CF比率も平均37%と前述のJACよりさらに高いものとなっている。チャート的には再度上昇トレンドに復帰できるか?という形。

2157 コシダカHLDGS 【サービス】 ↑前号比増額 優良株 カラオケまねきねこや、女性フィットネスカーブスの会社。ここも裏日本インデックス入り企業。最高益連続更新だが、ちょっと今後の業績の伸び予想が物足りないという感じなので、日本M&Aセンターとの入れ替えを検討。

 

2206 江崎グリコ 【食料品】 →前号並み 低成長株 ご存知お菓子の大手。業績的にはほとんど動きなく、株価もレンジが続いているが、注目したのは「液体ミルク販売開始」のニュース。元々液体ミルクは海外でのみ製造され、当初は災害備蓄用としての用途が想定されていた。しかし、すぐ作れる手軽さもあり、お母さんたちの負担軽減にもなるようだ。粉ミルクよりは値段高いが、その分楽ができるので十分良いのではないだろうか。

[amazonjs asin=”B07PKXM246″ locale=”JP” title=”アイクレオ 赤ちゃんミルク 125ml×12本入り 常温で飲める液体ミルク 【0ヵ月から】”]

 

2222 寿スピリッツ【食料品】 →前号並み 市況関連株 菓子大手。地域限定の菓子販売会社をグループ化している。業績は最高益を達成。5期連続増配と絶好調。海外でも台湾でフレンチトースト店開業など勢いがある。株価は昨年冬をピークに下げ一方。ちょっと上げ過ぎたか。

 

2301 学情 【サービス】 ↓前号比減額 市況関連株 就職情報の企業。合同企業説明会などを開催。若手向けの転職サイトが伸びて好調。また自己株買いやM&Aなどを模索中。好調の証。売上高営業CF比率が19%と日本の企業では非常に高い部類。株価は乱高下しつつ低空飛行中だが、いずれは・・・。

 

2326 デジタルアーツ【サービス】 →前号並み 急成長株 ネットの有害情報遮断サービスや、フィルタリングシステムの大手。印象的なのは右肩上がりの株価。

業績は最高益を達成し、今後も順調に増益予想。また、売上高営業CF比率も33%と驚異的水準。競争相手の少ない、非常に良い商売をしている証拠だろう。今後は家庭用のフィルタリングソフトも普及させたいという考え。また、3/18に配当を18円⇒30円に大幅引き上げする方針を示している。

 

まとめ

今回は、食料品(お菓子)、サービス業を中心に見てきました。液体ミルクの江崎グリコは、妻が妊娠中というのもあって、気になる企業となりました。また、デジタルアーツも非常に良いと思いますがあまり上げていてちょっと怖い気も(笑)。

さて、次回は217~266P、企業名でいうと2331 ALSOK~2587 サントリー食品インターナショナルまで見ることにします。次回もサービス業と食品中心ですかね。(次回:第5回 ツヴァイ株はいつ売却?2月がベスト!

コメント

タイトルとURLをコピーしました