DeFiは流動性マイニングで急伸 (2020/8/8 極私的仮想通貨メモ)

きっと来るはずの次回バブルへ向けた教訓が詰まった「2017~18仮想通貨バブル体験記~次のバブルが来る前に~」の連載を開始しましたので、よかったら参考にしてみてください。

値動き堅調

昨日からじりじり価格が下がってあれれ?と思ったところで、今日の午後から一気に戻しました。ビットコイン頑張ってるなあ。

2020/8/8 21:30時点でのビットコイン価格は、1BTC=125万円前後での推移となっています。前回記事時点(2日前)からほぼ変わらない値動きとなっています。

 

ビットコインドミナンスの状況は?

ビットコインドミナンスはほぼ変動なし。ビットコイン、アルトコインともすっかり値動きが止まってしまいました。

2020/8/8 21:30時点でのビットコインドミナンスは60.9%となっています。




ビットコイン価格の予想は・・・?

ビットコインはしつこく下落予想。イーサリアムの上昇幅はちょっと小さくなっています。このところ不調だった$LINKは復活してきています。

前回の予想はこちら。

ビットコイン・アルトコイン 気になるニュース

北米と東アジアで仮想通貨投資動向に差異、銘柄比率や取引頻度を比較(Coinpost)

うーん。北米はビットコイン中心で大口、かつガチホ傾向。東アジア(っていうか日本)はアルト寄りで小口、取引多数という真逆の結果。

アメリカは日本よりも仮想通貨に対する規制が厳しく、アメリカ人お断りの取引所も多いです。この規制が緩和されれば、一気に素人の資金が流れ込むので、アルトコインが上がるかもしれませんな……。

 

急成長するDeFi(分散型金融)をデータで読み解く(Coinpost)

あー完全にDeFi乗り遅れたー……でおなじみのDeFiですが、このところ大きく伸びた理由が説明されています。

キーワードとしては「イールドファーミング」と「流動性マイニング」があり、特に流動性マイニング(取引所の手数料をトークン保有者に配分するというもの)がDeFi人気の秘訣というか、価格上昇の原動力となっているようです。

DeFiはなあ……出遅れ拾っていくしかないかなあ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました