乱高下からの下げ (2020/8/2 極私的仮想通貨メモ)

きっと来るはずの次回バブルへ向けた教訓が詰まった「2017~18仮想通貨バブル体験記~次のバブルが来る前に~」の連載を開始しましたので、よかったら参考にしてみてください。

天国からの地獄……

いやーすごい値動きでした……。ちょっと遅い昼食をとるまでは、ホクホクの気持ちでチャートを見ていたんですがね。2時過ぎにチャート見てみたらとんでもないことになってました。ちょっとあたりのチャートを拡大してみてみましょう。

13時30分過ぎに急速な下落が起こっていることが分かります。なんとわずか10分間で8万円下落!これは酷い……。

2020/8/2 21:00時点でのビットコイン価格は、1BTC=118万円前後での推移となっています。前回記事時点(2日前)からほぼ変わらない値動きとなっています。

ちなみに、今から4年前、2016年の夏もかなりめちゃくちゃな値動きをしています。参考に当時のチャートを貼っておきますが、今と同じかそれ以上のカオスなチャートです。

2017年春までの値動きを貼っていますが、2016年6月には数日間で一気に8万円から6万円前後まで下落するという激しい値動きです。これを現在の価格に当てはめると、100万円を割って90万円台まで下げたことになります。

また、2017年の年末年始も酷い値動きです。2013年バブルの最高値を超えてホクホクのお正月を迎えた仮想通貨民の絶望は想像に難くありません。これも最高値15万円から9万円まで下落していますから、割合にして4割程度、今の価格に直すと70万円前後まで一気に下げることになります……。恐ろしい。

2017年バブルのあのイケイケの値動きに至るまでは、こうした波乱万丈の値動きがあったんですな(当時若干仮想通貨から離れ気味だったので記憶があいまい)。

 

ビットコインドミナンスの状況は?

ビットコインドミナンスはこのカオスな値動きにもかかわらず、ほとんど変わってません。ビットコインもアルトコインも本当にめちゃくちゃなのに……。

2020/8/2 21:00時点でのビットコインドミナンスは61.5%となっています。




ビットコイン価格の予想は・・・?

ビットコイン価格はこのカオスな値動きの中、まだ上昇が予想されています。13,000ドルは日本円に直して135万円。まあここから切り返す可能性も十分あるという事でしょうかね。

前回の予想はこちら。

ビットコイン・アルトコイン 気になるニュース

ビットコイン高騰背景に日韓の出来高増 イーサリアム・XRPも重要節目を突破(Coinpost)

上げ方の質が、一昨日あたりから変わってきたなと思ったらこれですか。結局いつも日本、韓国は高値掴みさせられて損するんですよね。リップル上昇(≒日本人投資家≒値動きの最後に乗っかる)は下げの前兆というのは、かなり有効な経験則と言えそうですね。

 

過熱するDeFi市場はICOブームの再来か? Xangleが第2四半期データを分析(Coinpost)

本当にDeFiブームには乗れませんでした……。こうやってブームだと認識されてから乗っかってもいいことないんですよね。私がこっそり注目していたMimbleWimbleは全然ダメなままだし。

DeFiの次はLightening Networkが来るという噂も聞きますが、じゃあどこに金突っ込めばいいかはわかんないまま。それなら、慣れ親しんだビットコインやイーサリアム、モナコインとかでガチャガチャやった方が分かりやすいかなとも思っちゃいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました