期待する通貨はXRPからビットコインへ (2020/5/30 極私的ビットコインメモ)

100万円台の維持がポイントだ!

一昨日唐突に100万円台を回復したビットコインでしたが、何とか100万円台の水準を維持できています。

2020/5/30 22:30時点でのビットコイン価格は、1BTC=102万円台半ばでの推移となっています。前回記事時点(2日前)からは約1万円の上昇となっています。

 

ビットコインドミナンスの状況は?

ビットコインドミナンスはビットコインの堅調な推移にもかかわらず低下中です。どうやらイーサリアムが上昇を始めているようです・・・。アップデートの影響?でしょうかね。

2020/5/30 22:30時点でのビットコインドミナンスは65.4%となっています。

 

ビットコイン価格の予想は・・・?

また予想価格が上がっています。とはいえ若干下がるというのは変わってない感じ。上がっていかないかなあ。あと、10位が入れ替わってTezosからADAになりましたね。全体的にアルトの方が強い感じ。

前回の予想はこちら。

 

ビットコイン・アルトコイン 気になるニュース

GMOコイン顧客意識調査2020、最も期待される通貨はリップル(XRP)からビットコインに変化(Coinpost)

これは結構重要なニュースかもしれません。

身もふたもないことかもしれませんが、バブルの発生には「高値掴みしてくれる養分」の存在が不可欠です。前回のバブルの時、仮想通貨には投資経験のない若い投資家たちが続々参入していきました。

彼らは、「ビットコインはもう上がり過ぎた。なら次に来るのは・・・?あ、このリップルってやつ単価小さいからすぐ上がりそう!」という流れで、XRPXEMなど、単価の小さい通貨にとびついていきました。

その結果はご存知の通り、一時400円を付けたXRPは現在は20円前後と1/20に、XEMに至っては最高値250円の1/50以下にまで落ち込んでいます。

バブル崩壊から1年経った2019年時点では、まだ彼らもXRPに期待を残していたようでしたが、そうしたライト層がほぼ退場した結果、現在ではすっかりビットコイン支持派が大勢となってしまいました。

バブルから3年、ビットコイン価格は100万円を回復する等かなり堅調です。このままいけば、おそらく来年か再来年には再度大きな価格の上昇が来ると期待されます。ビットコインが一番安全ですが、前回バブル崩壊の傷から立ち直った若い投資家たちの資金を狙って、再度XRP、XEMに賭けてみるのも面白いかもしれません。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました