2020/5/2 極私的ビットコインメモ 「ビットコインにバブルの前兆?(何回目だよ)」

膠着続く・・・

2カ月ぶりの100万円突破から数日。ビットコインの勢いはちょっと落ち着き気味です。一時97万円まで行きましたが・・・。半減期まであと10日。価格はどうなるでしょうか・・・。

2020/5/2 23:00時点でのビットコイン価格は、1BTC=95万円台前半での推移となっています。前回記事時点(2日前)からはほぼ変わらない値動きとなっています。

 

ビットコインドミナンスの状況は?

ビットコインドミナンスは価格同様に、膠着しています。

2020/5/2 23:00 現在のビットコインドミナンスは65.5%です。

 

ビットコイン価格の予想は・・・?

ビットコインの7日後の価格予想です。情報ソースはこちら。ビットコインの予想価格はちょっと下げて9,841ドル(約105万円)となっています。

なぜか騰落率が表示されなくなり不便になりました・・・。ビットコインキャッシュは1週間後までに1割近い大きな下落が予想されたままになっています。ライトコインも同様に厳しい予想になっています。また、大きな上昇が予想されていたはずのTezosも、なぜか下落予想に変わってしまいました。

前回の予想はこちら。

 

 

ビットコイン・アルトコイン 気になるニュース

「今こそビットコインに注目すべき」投資家動向が仮想通貨バブル前に類似=Grayscaleレポート(Coinpost)

いよいよ約10日後に半減期を控えたビットコインですが、投資会社Grayscale社が、ビットコインの状況がまさにバブル前だ・・・というレポートを出したようです。

ビットコイン4年周期説が本当ならば、2013-14年、2017-18年に続く二度目のバブルが、2021-22年に来るはずなので、仮想通貨が面白いのは来年から再来年にかけて!という事になるはずです。

前回2016年7月の半減期の際は、半減期到来後に一時的な下落が訪れています。ただそれ以降は安定的な上昇軌道に乗り、2017年のバブルへと向かっていくことになります。

とにかく、半減期が到来しても売らないこと!これが大事なポイントだと思います。

 

ビットコイン半減期、世界が意識 関心初動に「日・米・世界で異なる差」(Coinpost)

その半減期への関心の高さについて、Google検索数から分析した記事が出ています。

日本、アメリカ、世界全体で見てもビットコイン半減期への関心の高さは共通したもののようですが、日本が昨年の12月とかなり早い段階から高い関心を持っていたのに対して、アメリカなどは3月中旬と、かなり近づいてからようやく関心が高まってきたようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました