2020/3/3 極私的ビットコインメモ 「ビットコイン積み立ては定額積み立てで最後は勝つ!?」

いったん下げ止まりか?

ビットコイン価格は一昨日以降堅調な動きでした。一時は96万円台を回復したところでしたが、日本時間夜9時以降の1時間で一気に1万円以上の下げに見舞われてしまいました。そのまま下げ続けるのでしょうか。

2020/3/3 21:00時点でのビットコイン価格は、1BTC=94万円後半での推移となっています。前回記事時点(2日前)からは1万円の上昇となっています。

 

ビットコインドミナンスの状況は?

ビットコインドミナンスも価格同様ほとんど変わっていません。

2020/3/3 22:00 現在のビットコインドミナンスは63.7%です。

 

ビットコイン・アルトコイン 気になるニュース

毎日ビットコインを積立投資 仮想通貨取引所コインチェックが新プラン(Coinpost)

2017年のバブル華やかなりし頃には、zaifビットコインやイーサリアムの定額積み立てサービスを行っていたのですが、それもいつの間にやら休止され、ビットコインを定額で積み立てるには、手動でポチポチするしかなくなっていたのですが、ようやくコインチェックが定額積み立てプランをスタートさせるようです。

なんというか、普通の証券会社なら定額・定期積立なんて当たり前にやってるので、せめてそれぐらいのサービスが平均的なレベルにならないと、さらなる資金流入は望めないと思います。

そのうち証券会社からビットコインが買えるようになれば・・・。

 

「半減期と仮想通貨ビットコインの高騰」なぜ一緒に語られる? ストック・フロー比率から算出する理論価格を用いて解説(Coinpost)

5月の半減期を前に早くも軟調な値動きとなり、半減期相場の終わりも取り沙汰されるビットコインですが、半減期により市場に供給されるビットコインの量が減るという訳で、実態としての需給はタイトになることは確実です。

そこで、比較されることの多いなどの資産クラスの理論価格算出のモデルを準用して、ビットコインの適正価格算出を試みた・・・というのが上記の記事です。

これによると、2020年5月には約600万円に達する!という予測や、1000万円近くにまで達する!という夢のような予想がなされているわけですが、おそらくそんなすぐには上がらんでしょうな(笑)。

とはいえ、2015~16年に「ビットコイン100万円」説を提唱しても誰も信じなかったのと一緒で、ビットコイン1000万円もいつかあっさり実現してしまうかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました