四季報2020新春号全部読む! 第18回 鉄鋼株、てっこう(結構)下げたしもう買うべ?成功を祈る

ついにYoutubeチャンネル始動!しくじり投資第二回 制作は順調に遅れています!

朝乃山負けすぎィ・・・そんな四季報2020新春号全部読む!前回は819~868P(4754 トスネット ~ 4999 セメダイン)を見ていきました。

(前回記事:第17回 セルソースはサイボウズ(細胞)加工能力増強をオリコンで業績「楽天」的?
(前号記事:四季報2019秋号全部読む! 第18回 鉄鋼株減配で株価も限界・・・

今回は869~918P(5008 東亜石油 ~ 5445 東京製鐵)です。石油、鉄、ゴムやガラスなど原料系の企業が集まる回です。

クリック証券は信用取引するならベストだね。

5008 東亜石油 ~ 5445 東京製鐵(869~918P)

石油元売り大手三社の値動き比較してみた

今回も石油元売り大手三社(JXTG、出光興産、コスモHLDGS)と、日経平均のここ2年ほどの動きを比べてみました。3社とも昨年中は日経平均を大きく下回る動きとなりました。昨年は原油価格が下落したために原油の評価損が発生したことから、株価に不利な影響を与えているようです。とはいえ、ここ最近は中東情勢の緊迫化から、原油価格は再び上昇傾向に戻りつつあります。

 

各社の今後の動きです。JXTGは今年6月に経営体制を再編し、ENEOSホールディングスへの改名を予定しています。昨年シェルと統合したばかりの出光は新会社としての中期経営計画を策定。ROE10%純益4800億円(3年間累計)を目指すとしています。最後にコスモは、紙おむつにつかう水素化石油樹脂の製造能力の増強や、洋上風力の検討を進めています。

 

タイヤ大手四社の値動き比較

続いてタイヤ大手4社(ブリヂストン、住友ゴム工業、横浜ゴム、TOYO TIRE)の値動きを見ていきます。黄色い線の日経平均にはどの銘柄も届きません。しかも市場全体が好調だった秋に、なぜか4社とも一斉に下落しています。

4社とも株価の不調によりかなり割安水準ですし、配当利回りも高いです。減配の見通しもなさそうなので、狙える人は狙ってみては?

各社今後の動きです。世界トップのブリヂストンは天然ゴムより強度の高い新素材タイヤを開発中です。これが未来のタイヤ市場を席巻するか!?住友ゴム工業は米国工場の生産が不調で、日本から技術者を呼んで立て直し横浜ゴムはアルプスアルパイン社と共同でタイヤセンサーを開発。タイヤの摩耗状況や路面データを取得・処理でき、新たなビジネスへの応用が期待されます。最後にTOYO TIREは筆頭株主で関係の深い三菱商事の力も借りつつ、法人向けの販路を開拓しています。

 

鉄鋼大手三社の値動き比較

最後に鉄鋼三社(日本製鉄、JFE、神戸製鋼所)の値動きを比較してみます。2年間の値動きをみると……なんと3社とも50%近い下落。時価総額半減の憂き目に。日本製鉄の四季報コメ【泣きっ面に】が悲しい。

各社の今後の見通しです。日本製鉄は来期(’21年3月期)は需要が上向き若干回復の兆しが見えそうです。一方、国内組織を大きく再編し、さらなる効率化にかじを切ります。JFEも来期は回復予想です。また、中国の特殊鋼会社に出資して、中国内での日系自動車需要の増加に対応します。最後に、神戸製鋼は3社で唯一赤字見通しと厳しく、子会社を一部売却して選択と集中を推し進めます。それにしても厳しい値動きだ・・・。

5019 出光興産 【石油・石炭製品】↓前号比減額 市況関連株

【苦戦】【成長】石油の元売り2位。昨年4月に合併した昭和シェルが来期から完全に業績に寄与するなど、いよいよ統合の真価が問われる時期。一方でベトナムの製油所でトラブルが発生する等不安も多く、営業利益は減少に転じる。ここは値動きは厳しい状況だが、配当利回りが5%以上非常に高い。

 

5301 東海カーボン 【ガラス・土石製品】↓前号比減額 市況関連株

【続落】【不透明】炭素製品の大手。2018年に私が四季報記事を書き始めた頃、東海カーボンといえば業績も株価も絶好調だったのだが、今の同社に当時の勢いはもうない。さらに追い打ちをかけるように、今日22日付の日経新聞で、今期(’20年12月期)の営業益が、前期比3割減となるかも、という記事が掲載されてしまった。同社はこれに反論するIRを載せてはいるが、このニュースを受けてなお、株価が1.6%しか下げていないことから、投資家的には想像の範囲だったのかもしれない。

 

まとめ

今回は869~918P(5008 東亜石油 ~ 5445 東京製鐵)を見ていきました。鉄鋼業界の株価推移悲惨すぎ・・・そろそろ戻るのか?

さて、次回は、919~968P(5446 北越メタル ~ 5947 リンナイ)です。鉄鋼、非鉄金属など、ハードな回が続きます。(次回:第19回 DOWAはEVシフトの調子はどうや?)


四季報読者必読の書!

~今号ここまでのまとめ~

第17回 セルソースはサイボウズ(細胞)加工能力増強をオリコンで業績「楽天」的?
第16回 ZホールディングスはZOZO(徐々)に拡大しないと辛LINE(つらいん)です
第15回 スマレジはPOSレジをBASEに勤怠管理にも拡大して黄金期のマクアケ?
第14回 くふうカンパニー伸びていく風格あり?
第13回 日産化学は体熱発電を大切に開発中
第12回 ラクスは訴訟がひと段落するまで楽するのはお預け?
第11回 ガンホークロちゃん効果で黒(字)ちゃんと確保
第10回 スシローは海鮮居酒屋も伸びてますし
第9回 セブン&アイは業績停滞はセブンペイの損失が手痛い!
第8回 マツキヨは経営統合協議をココカライツマデ?
番外編 2019年IPO注目企業のコメントは?

四季報2019 秋号全部読む!第1回~第10回まとめ

~前号まとめ~

四季報2019 秋号全部読む!第1回~第10回まとめ
四季報2019 秋号全部読む!第11回~第20回まとめ
四季報2019 秋号全部読む!第21回~第30回まとめ
四季報2019 秋号全部読む!第31回~第38回まとめ

裏日本インデックス 四季報2019秋号版

ピックアップ基準(これらのうち複数を満たす企業を中心にピックアップします)

・「新分野」「新境地」など、大きく生まれ変わる気配のある企業
・新興企業であれば、20%以上の増収、10%以上の営業利益率を数年続けられる企業
・サブスクリプションなど安定した収益モデルを持つ企業
・その他時事ネタ株
・好材料は赤い文字、悪材料は青い文字で書きます。特に気になった点は太字で。

コメント

タイトルとURLをコピーしました