2020/1/10 極私的ビットコインメモ 「開戦回避でビットコイン平時へ逆戻り」

平時は下落のビットコイン

2020年早々緊迫しているアメリカVSイランの関係ですが、9日未明の会見で、トランプ大統領は当面開戦を回避したいという意向を示しました。

これによって即時全面戦争という事態は避けられましたが、このトランプ声明以降、ビットコイン価格は下落を続けています。

2020/1/10 22:00時点でのビットコイン価格は、現物が1BTC=85万円半ばでの推移となっています。一昨日から5万円下落してしまいました。

 

 

ビットコインドミナンスの状況は?

ビットコインドミナンスは価格同様、やや下落しつつあります。

2020/1/10 22:00 現在のビットコインドミナンスは68.3%です。

 

ビットコイン・アルトコイン 気になるニュース

世界初:コインチェックが仮想通貨リスクのステーキングサービス開始(Coinpost)

国内大手の仮想通貨取引所コインチェックが、リスク($LSK)のステーキングサービスを開始すると発表しました。こうしたサービスの顧客への提供は史上初という事になります。

ビットコインは持っているだけでは枚数増えませんが(個人でマイニングされている方は別として)、これからリスクはコインチェックに預けてさえおけば少しずつ増えていくことになります。

このニュースを受けてリスクの価格は、発表前の60円前後の水準から急騰しています。

 

仮想通貨ビットコインは2020年どう動くか 米フォーブス紙が有識者の見解を掲載(Coinpost)

アメリカの有力経済紙フォーブスが、2020年のビットコインについての各有識者の見解を掲載しています。

予測の内容は、ビットコインの技術的なあり方や、規制の方向性についてが主で、具体的な価格予想としては、1BTC=2万ドル(約210万円)を超える水準になるのではと予想した一部の識者がいるくらいでした。

前回のバブルからかなり時間が経ち、価格も堅調な推移となっている(ここ数日はまた下げちゃってますが)ビットコインですから、今後は徐々に国内でも規制が整備されて、新たな資金が入ってくる流れにさえなれば、あとは簡単に200万円でも300万円でも行けるはずです。

むしろ最高値を更新してからが勝負でしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました