2019/11/7 極私的ビットコインメモ 「SWELLが済んで値を下げて」

噂で買って、事実で売れ

やっぱりSWELLが始まると下がるんだ・・・。日本時間の11/7からスタートした、リップルの今後を占うSWELL。毎年、リップル(XRP)に関するあれこれが発表されるとの期待からXRPが値を上げ、実際にSWELLがスタートすると値下がりする・・・といういつもの流れなのですが、やはり今年もそうでした。

7日に日付が変わった時点で、大きく値を上げたXRPでしたが、今夜7時以降から大きく下げています。下落は落ち着きましたが、未だ不透明な動きが続きます。

2019/11/7 22:00時点でのビットコイン価格は、現物が1BTC=100万円前半、BTC-FX(Lightning)が1BTC=102万円台前半での値動きとなっています。

 

ビットコイン・アルトコイン 気になるニュース

Swell 2019:リップル社CEO登壇内容「世界の金融変革は躍進」(Coinpost)

さんざん話題になったSWELLですが、肝心の内容はというと、リップル社CEOによる「金融変革は進んでいるぞ」という趣旨の公演のみ。何か具体的な新味のある発表があるのかと思いきや、現状と今後の目標が淡々と話されるだけのようです。だから毎年下げるんですよね・・・。

 

三菱UFJ、セキュリティトークンの取引システム構築へ(Cointelegraph Japan)

三菱UFJグループの発表によれば、NTT、KDDIら20社以上と共同して、セキュリティトークンを使った資金調達を検討する団体を構築したとのこと。

私の理想としては、株や社債、不動産などをトークンとして電子化し、それこそ株なら100株単位、不動産なら一棟、一筆単位でしかかえないものを、例えば「港区の土地を10万円分だけ買う」というように取引できるようになってくれたら非常にありがたい。

もっと言えば、例えば東京のA地区は今後伸びるが、B地区は頭打ちだろうと予想した時に、A地区の不動産トークンをロング(買い)、B地区の不動産トークンをショート(売り)して利益を出すなどという戦略もできるようになれば、とっても面白いと思います。

個人的にはビットコインバブルの末期にメジャーなコインから徐々にマイナーな草コインへと資金が流れていったように、都心の不動産ショートかつ、地方の不動産ロングだと思っていますが・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました