四季報2019 秋号全部読む!第11回~第20回まとめ

今日はあったかかった~・・・。四季報2019第4集 秋号から気になる銘柄をチェックしていこう!という企画。ほぼほぼ折り返しとなる第20回が終了しましたので、またまとめてみました。

前回のまとめはこちら 四季報2019 秋号全部読む!第1回~第10回まとめ

~前号まとめ~

四季報2019 夏号全部読む!第1回~第10回まとめ
四季報2019 夏号全部読む!第11回~第20回まとめ
四季報2019 夏号全部読む!第21回~第30回まとめ
四季報2019 夏号全部読む!第31回~第38回まとめ
裏日本インデックス 四季報2019夏号版

クリック証券は信用取引するならベストだね。


四季報読者必読の書!

第11~20回の振り返り

第11回 キャッシュレス決済好調でGMOペイメントに喝采

チェック範囲:518~567P(3640 電算 ~ 3808 オウケイウェイヴ)
ドラクエウォークのサービス開始で調子のいい3668 コロプラに注目。しかし記事で取り上げた後の株価推移を見てみるとあんまり・・・。3758 アエリアは空売り入れてたんですが、下げをうまく取れず・・・。

 

第12回 ダブルスタンダードのAIは金融業界とええ相性

チェック範囲:568~617P(3810 サイバーステップ ~ 3960 バリューデザイン)
営業部門を廃止した3925 ダブルスタンダードがじわじわと株価上昇中。5月高値を超えられるかが勝負。3923 ラクスは下値を切り上げこちらも上昇中。両社とも今月が勝負。

 

第13回 日産化学の下落は二、三日後も続くのか?

チェック範囲:618~667P(3961 シルバーエッグ・テクノロジー ~ 4218 ニチバン)
今年に入って下げ続けの3962 チェンジ はまだまだ株価が「チェンジ」する気配はなし。いつ戻るのか・・・。4091 太陽日酸は非常に不思議なチャート。 売り買いがすごく拮抗している感じ。

 

第14回 チームスピリットの成長鈍化?微増にとどまりどんか(どうか)した?

チェック範囲:668~717P(4220 リケンテクノス ~4406 新日本理化)
以前の期待銘柄だった4397 チームスピリット は成長鈍化の上株価も冴えず、いいとこなし。一時期は非常に期待してたんだけどなあ。残る2社(ZUU、アイ・ピー・エス)ともあまり良い株価推移ではない様子。

 

第15回 武田薬品工業の配当高けぇだ!

チェック範囲:718~767P(4409 東邦化学工業 ~4594 ブライトパス・バイオ)
製薬大手の中で株価の推移が良い4568 第一三共に注目。10/31に業績が上方修正されたものの、株価の反応は鈍い。もう上げきったという事か。最近空売りできそうな株ばかり探してるな・・・。4428 シノプス4431 スマレジはいつになったら上がるのかと思い持っているが、まだ来ない(笑)。

 

第16回 オリエンタルランド株は好材料でずにー高値圏へ

チェック範囲:768~817P(4595 ミズホメディー ~4765 モーニングスター)
4661 オリエンタルランド を売りたいとしていたが、決算が良かったことから売りをためらっていたところ、普通に下がってしまい、悔しい限り・・・。4755 楽天は上げも下げもしない微妙な値動き。

 

第17回 サイボウズは研修事業育成でさらに上へ行くぜい

チェック範囲:818~867P(4766 ピーエイ ~5019 出光興産)
取り上げた4776 サイボウズ4800 オリコン4901 富士フイルムホールディングス の3社とも業績はいいのに株価がもう頭打ちになってしまっている。これで少しでも悪材料あると一気に落ちるかもしれないので、今持っている人は注意した方がいいのでは・・・。

 

第18回 鉄鋼株減配で株価も限界・・・

チェック範囲:868~917P(5020 JXTGホールディングス ~5476 日本高周波鋼業)
この回はほとんどいいと思える企業がなく、非常に寂しい回。以前は鉄鋼株といえば高配当ということで取り上げたこともあるが、その配当が減ってしまえば「ただ下がっているだけの株」になり下がってしまうのが辛いところ。

 

第19回 JMCは鋳造部門好調で業績いがった(鋳型)?

チェック範囲:918~967P(5480 日本冶金工業 ~5958 三洋工業)
約3年前に上場した3Dプリンタに強い5704 JMCに注目した回。ここは3Dプリンタ以外にも、鋳型部門も非常に好調。また、お家騒動が終息した5938 LIXILグループは株価上昇復活へ。

 

第20回 アイ・アールHLDGSの好決算・増配は株主への愛あーるプレゼント

チェック範囲:968~1017P(5959 岡部 ~6101 ツガミ)
急成長株が集まるこの回。直近発表の決算が良かった6035 アイ・アールジャパンHLDGSはやはり11/1で株価が2%も上昇。ただここから先はどうなるか・・・?その他の株もまだまだ今年の高値に達していない状況。いずれも今月どうなるかが勝負の分かれ目か。

 

まとめ

四季報2019秋号も折り返し地点を過ぎ、米中対立緩和への期待からじわじわと上げつつあるので、そろそろ成長株にも資金が戻ってこんかなと期待しています。

今年もあと2カ月、なんとか収支をいい方向に持っていければよいのですが・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました