四季報2019秋号全部読む! 第20回 アイ・アールHLDGSの好決算・増配は株主への愛あーるプレゼント

ハッピーハロウィーン!!そんな四季報2019秋号全部読む!前回は918~967P(5480 日本冶金工業 ~5958 三洋工業)などを見ていきました。

(前回記事:第19回 JMCは鋳造部門好調で業績いがった(鋳型)?
(前号記事:四季報2019夏号全部読む! 第20回 ベクトル業績悪化もなるべくとる乱さずに

今回は968~1017P(5959 岡部 ~6101 ツガミ)です。今回は急成長サービス企業が多いです。

クリック証券は信用取引するならベストだね。

5959 岡部 ~6101 ツガミ(968~1017P)

6027 弁護士ドットコム 【サービス】→前号並み 急成長株

【堅調】【電子契約】Webでの弁護士向け支援や法律相談サイトを運営。業績は堅調で、利用登録の弁護士数も増加。クラウドサインが導入企業、契約数が急拡大。業績は急成長。とはいえご覧の通りでPERは300倍越えと超割高水準なのは否めず。PERを成長率(30%)の数字で割ってみても(PEG)まだまだ割高。それでも直近決算を好感してかしぶとく株価は上昇中。ただし売上高営業利益率は低下しており、コスト負担が重くなっていることがうかがえる。

 

6035 アイ・アールジャパンHLDGS 【サービス】↑前号比増額 急成長株

【加速】【虎視眈々】企業のIRコンサルを中心とした企業。株主提案が活発化したことを受けて、実質株主の判明調査に需要が集まり拡大へ。業務効率化が奏功して増益幅膨らむ。本日発表の決算は業績の上方修正や増配などかなり良い内容。このところ息切れ気味だった株価も明日が楽しみ・・・?

 

6047 Gunosy 【サービス】↓↓大幅減額 急成長株

【費用増】【再加速】ニュースキュレーションアプリのグノシーでおなじみ。グノシー自体は好調なのだが、広告費の出し過ぎか営業益が大きく減少。これでは本末転倒では。また、社内体制も激変で、創業者にして前社長の福島氏が取締役を退任してブロックチェーン子会社(LayerX)に集中。変革期を迎えている。株価はダブルボトムから10月以降上げている。来月はどうなるかわからないが、今のところは好調か。

 

6078 バリューHR 【サービス】→前号並み 急成長株

【連続増配】【メタボ指導】健保の保険事業や、企業の健康関連サービスをネット上で提供する会社。健保の新設、運営支援も。健康管理サービスの受託が増え、業績は非常に好調。健保を新設する企業への支援も好調。来期も順調に成長すると予想あり。メタボな社員に対する特定保健指導も、対面ではなくオンラインに切り替えて面談率が向上している。株価は可もなく不可もなく・・・。ただ成長速度は結構早いので、どこかで爆発するかも?

 

6095 メドピア 【サービス】↓前号比減額 急成長株

【続伸】【第3の柱】医師向け情報サイトの運営を行う。製薬会社からの広告料が主な収益源。医師向けプラットフォームは好調だが想定ほどは膨らまず。しかし法人向けの医療相談、特定保健指導が今後とも好調な予想。新たな柱として、薬局支援アプリを投入し、医師向け事業、ヘルスケア事業に続く第3の柱に育てたいところ。現状の株価はまあまあ堅調なので、夏の水準にはこれから復帰できるか。

 

まとめ

今回は968~1017P(5959 岡部 ~6101 ツガミ)を見ていきました。弁護士ドットコムは結構いい感じの株価推移かも。

さて、次回は、968~1017P(6103 オークマ ~6273 SMC)です。がっつり機械系企業に入ってきました。こっからがしんどいんだ(笑)。(次回:第21回 中村超硬が技術開発成功で超効果的な株価上昇!



四季報読者必読の書!

~今号ここまでのまとめ~

第19回 JMCは鋳造部門好調で業績いがった(鋳型)?
第18回 鉄鋼株減配で株価も限界・・・
第17回 サイボウズは研修事業育成でさらに上へ行くぜい
第16回 オリエンタルランド株は好材料でずにー高値圏へ
第15回 武田薬品工業の配当高けぇだ!
第14回 チームスピリットの成長鈍化?微増にとどまりどんか(どうか)した?
第13回 日産化学の下落は二、三日後も続くのか?
第12回 ダブルスタンダードのAIは金融業界とええ相性
第11回 キャッシュレス決済好調でGMOペイメントに喝采
第10回 TKP宴会サービス進出でさらに業績ええんかい

四季報2019 秋号全部読む!第1回~第10回まとめ

~前号まとめ~

四季報2019 夏号全部読む!第1回~第10回まとめ
四季報2019 夏号全部読む!第11回~第20回まとめ
四季報2019 夏号全部読む!第21回~第30回まとめ
四季報2019 夏号全部読む!第31回~第38回まとめ
裏日本インデックス 四季報2019夏号版

ピックアップ基準(これらのうち複数を満たす企業を中心にピックアップします)

・「新分野」「新境地」など、大きく生まれ変わる気配のある企業
・新興企業であれば、20%以上の増収、10%以上の営業利益率を数年続けられる企業
・サブスクリプションなど安定した収益モデルを持つ企業
・その他時事ネタ株
・好材料は赤い文字、悪材料は青い文字で書きます。特に気になった点は太字で。

コメント

タイトルとURLをコピーしました