四季報2019春号全部読む! 第38回(終) 孫会長が辞めるなんてそんなのありえない!

梅雨入りした途端に不安定な天気が続いて、ちょいと喘息気味・・・そんな四季報2019春号全部読む!前回は1817~1866P(9504 中国電力 ~ 9742 アイネス)を見ていきました。(前回記事:第37回 東映の業績にヒーロー達の頑張りが投影・・・?

今回は1867~1932P(9743 丹青社 ~ 9997 ベルーナ)を見ていきます。38回を数えた四季報2019春号記事も今回で最終回です。次号夏号は6月18日(火)発売!本屋さんへ急げ!

クリック証券は信用取引するならベストだね。

9743 丹青社 ~ 9997 ベルーナ(1867~1932P)

9766 コナミHLDGS →前号並み 市況関連株【情報・通信】

家庭・携帯用ゲームの大手。スポーツジムでも首位。このほかカジノ用ゲーム機、パチスロ機も強い。2010年代以降のスマホゲームのトレンドにもしたたかに対応し、スマホ版ウイイレが好調。今後も大型タイトルが続々発売予定。キラーコンテンツであるパワプロ遊戯王がそれぞれ記念年で勝負を賭ける。株価は2月以降はいい感じの上昇トレンドだが、6月以降は天井感ある動き。

9793 ダイセキ →前号並み 市況関連株【サービス】

産廃処理の大手。メインとなる産廃処理だけでなく、鉛リサイクルも上向く。最高純益を達成。2030年には売上高を現在の3倍まで成長させるという遠大な計画あり。果たしてそこまで行けるか!?株価はこのところはずっとヨコヨコ。

9843 ニトリHLDGS →前号並み 優良株【小売業】

家具・インテリアの小売りチェーン。全国に多く店舗を展開する。物流効率化で最高益達成。また、ネットで注文→店舗受け取りなど、ECとの連携を推進中。ここの会長は非常に経済の見通しが正確で、下手な専門家よりよほど当たる。ちなみに今年の年末の日経平均予想は「2万円前後」とのこと。このまま横ばいで終わるのか・・・。肝心な当社の株価は徐々にダウントレンド。人のことより我が社の株価をちゃんとしてほしい。

 

9887 松屋フーズHLDGS →前号並み 市況関連株【小売業】

牛めし中心の定食店チェーン。このところはとんかつ業態や、ごく一部で実験的に展開している「ステーキ屋『松』」が話題。このステーキ店早く全国展開しないかな。また、QR決済や、ネット弁当予約など、利用者への利便性を高めている。しかし株価は3月以降下げ続け、底が見えない。

9936 王将フードサービス →前号並み 市況関連株【小売業】

餃子の王将を展開する関西地盤のフードチェーン。営業増益が続いているが、期待された増配はなし。このところは新業態で女性の呼び込みに躍起だ。株価は増配の当てが外れたせいかさえない動き。


9983 ファーストリテイリング →前号並み 優良株【小売業】

SPA大手。SPAって何かと思ったら「製造小売業」つまり、卸売をやらない小売業ということ。ユニクロ、急成長のジーユーでおなじみ。連続最高益達成で増配と絶好調。特に4月以降の株価は大きく上げている。配当性向は30%程度と高いのだが、株価が高すぎて利回りは1%もない状況。今後も同社のゆく手には死角なしか。

9984 ソフトバンクグループ ↑↑大幅増額 市況関連株【情報・通信業】

業種は情報・通信業だが、四季報は一言「投資会社」と言い切る。まさに同社はベンチャーキャピタルファンド。投資先のアリババはすっかり大きくなったが、同社創業者のジャック・マー氏は既にCEOを引退している。一方で孫会長はまだまだやる気の様子。彼が引退したらグループは解体かなあ。

 

まとめ

今回は1867~1932P(9743 丹青社 ~ 9997 ベルーナ)を見ていきました。この回は、疑義注記企業とかやばそうなとこが多い一方で、世界でも活躍する超大企業もチラホラとあり、まさに弱肉強食っていう感じの回でした。

これで四季報2019春号のチェックはすべて終了です。

次回まとめ記事を挟んで、今号の総括をしてみたいと思います。


間もなく夏号発売!!


四季報読者必読の書!

~今号ここまでのまとめ~

第37回 東映の業績にヒーロー達の頑張りが投影・・・?
第36回 ゼンリンの地図はGooglemapと完全リンク切れ?
第35回 海運株は何年待てば開運するの?
第34回 マネックス仮想通貨上昇への期待マックス!
第33回 銀行株の配当リターンは定期預金のていき(敵)じゃない!
第32回 ゴールドウィンは欧米進出がゴールでWIN?
第31回 すてきナイスは粉飾決算の疑いを捨てきれ無いス・・・?
第30回 ヤマハの株価の山はいつまで?
第29回 島津製作所最高益達成し、まずまずの株価?
第28回 ゼンショーHLDGS拡大でライバルに全勝?

四季報2019 春号全部読む!第21回~第30回まとめ
四季報2019 春号全部読む!第11回~第20回まとめ

四季報2019 春号全部読む!第1回~第10回まとめ

ピックアップ基準(これらのうち複数を満たす企業を中心にピックアップします)

・「新分野」「新境地」など、大きく生まれ変わる気配のある企業
・新興企業であれば、20%以上の増収、10%以上の営業利益率を数年続けられる企業
・サブスクリプションなど安定した収益モデルを持つ企業
・その他時事ネタ株
・好材料は赤い文字、悪材料は青い文字で書きます。特に気になった点は太字で。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました