四季報2019春号全部読む! 第17回 富士フイルムがガンガンがん対策を研究中

四季報2019春号全部読む!前回は767~816P(4615 神東塗料~4776 サイボウズ)を見ていきました。(前回記事:第16回 オリエンタルランド株は安定して高値を目指しマウス?

今回は817~866P(4777 ガーラ~5108 ブリジストン)を見ていきます。今回は老舗IT企業が結構出てきますかね。

 

クリック証券は信用取引するならベストだね。

4777 ガーラ~5108 ブリジストン(817~866P)

4792 山田コンサルティングG →前号並み 急成長株【サービス】M&Aに強い経営コンサル大手。相変わらず需要拡大で増勢で絶好調・・・かと思ったが、先月末に業績の下方修正を発表。原因は大型案件の期ずれによるもの。しかし株価は安定的に推移している。

 

4849 エン・ジャパン →前号並み 急成長株【サービス】求人情報サイトの大手。人手不足という事もあって、業績好調。インドIT派遣を買収して海外展開を強化し、今後のへの布石も抜かりないが、その一方で株価はゆっくりと下落中。

 

4901 富士フイルムHLDGS →前号並み 優良株【化学】かつてはフイルムの製造販売の大手だったが、医療など新分野へうまくピボットした企業。国立がんセンターと共同で新たにがん免疫療法の研究を行うことを発表して株価が急騰するなど、バイオ株的側面も。株価は年初来で1000円以上高騰と好調!

富士フイルムHLDGS平成30年間の株価推移は

富士フイルムは平成前半は写真フイルムの会社として安定していましたが、2000年代に入ってからはデジタルカメラの台頭もあり、医療などの分野に業態を大きく変容させていきました。こうしてみると、平成のはじめと終わりでほとんど株価が変わっていないのは、安定しているというべきか、成長がないというべきか・・・。

 

4911 資生堂 ↓前号比減額 優良株【化学】化粧品の国内大手。現在構造改革中。訪日客への販売需要はやや鈍っているが、ECなどが好調。業績はここ数年順調に伸びており、株価も今年に入ってから2000円以上伸びている。

資生堂平成30年間の株価推移は

資生堂はこの30年間で(1,224円→8,374円)7倍近くに株価が上昇。やはりアベノミクス以降の株価上昇が非常に大きいことが分かります。構造改革により業績が改善した時期と、市場全体の回復がピタッと重なった訳ですね。それだけに、アベノミクス相場の終了が・・・怖い。

 

4921 ファンケル →前号並み 急成長株【化学】通販中心に化粧品を製造販売する会社。こちらも訪日客の需要が業績を支えている。最高益を連続達成で絶好調。連続増配も?株価は、大規模な株式転換社債(CB)の発行で株主利益の希薄化を懸念して一旦下げたが、訪日客の好調さが伝わり大きく上昇。

 

4971 メック↓前号比減額 市況関連株【化学】電子基板向け薬品会社。業績順調だが、ここは今年からいよいよ始まる5Gの恩恵を受けるであろう企業の一つ。5Gに対応した基盤の需要が高まることから、それにつれてここの業績も伸びるという見方アリ。株価はおととしを頂点に下げ続け。一発逆転あるか!?

 

5020 JXTG ホールディングス ↓前号比減額 市況関連株【石油・石炭製品】石油の国内トップ企業。業績安定。配当利回りも高い。株価は昨年半ばから半分近くまで下がってしまっている。自己株取得を発表しているので、これきっかけで戻れば・・・。

 

5108 ブリジストン ↓前号比減額 市況関連株 【ゴム製品】タイヤの世界トップ。こちらもかったーい企業。業績は安定。海外M&Aも大規模に行っている。投資対象というよりも、全体の流れをみるために毎号チェックしている感じ。自動運転になってもタイヤは残るし(笑)。株価も安定的推移。

ブリジストン平成30年間の株価推移は

平成の初めに1,360円だった株価は、90年代末に4,000円を超えたものの底から一気に1/5に下落。その後リーマンショック前には3,000円近くまで回復するも、リーマンショックでまたも1/3・・・。そこからアベノミクスで一気に最高値5,600円達成!かなり波乱万丈な動き。

 

まとめ

今回は817~866P(4777 ガーラ~5108 ブリジストン)まで見てきました。

次回は867~916P(5110 住友ゴム工業~5491 日本金属)を見ていきます。なかなかいい企業がないなあ(笑)。

 


四季報読者必読の書!

~今号ここまでのまとめ~
第16回 オリエンタルランド株は安定して高値を目指しマウス?
第15回 武田シャイアー買収も居丈高な態度は禁物!
第14回 ZUUの株価はZUUっと低迷?
第13回 PKSHA Technology 成長に拍車でテンバガー!
第12回 ラックのサービスでセキュリティ対策もラックラク?
第11回 セレスは暗号資産業界の成長をあせれす(あせらず)待て!

四季報2019 春号全部読む!第1回~第10回まとめ

ピックアップ基準(これらのうち複数を満たす企業を中心にピックアップします)

・「新分野」「新境地」など、大きく生まれ変わる気配のある企業
・新興企業であれば、20%以上の増収、10%以上の営業利益率を数年続けられる企業
・サブスクリプションなど安定した収益モデルを持つ企業
・その他時事ネタ株
・好材料は赤い文字、悪材料は青い文字で書きます。特に気になった点は太字で。

コメント

タイトルとURLをコピーしました