2019/9/29 極私的ビットコインメモ「膠着からの9月終わり」

ビットコイン下げどまり・・・?

25日の暴落から4日を経て、ビットコイン価格は底ねりか?とも思える動きを繰り返しています。今日29日の早朝には一旦90万円を回復しましたが、そこから一瞬で再び下落を続けている状況です。

2019/9/29 23:30時点でのビットコイン価格は、現物が1BTC=86万円台半ば、BTC-FX(Lightning)が88万円台前後での値動きとなっています。

 

ビットコインドミナンスの状況は?

ビットコインドミナンスは全く動きありません。膠着状態ですね。9/29 22:00 現在のビットコインドミナンスは67.9%となっています。

 

ビットコイン・アルトコイン 気になるニュース

第3四半期ビットコイン、2014年以来最悪の成績に(Cointelegraph Japan)

結構今年のビットコインは価格が回復してるイメージだったんですが、やっぱりこの第3四半期(7~9月)はかなり厳しい推移だったようで、2014年以来最悪。ただ、例年第4四半期(10~12月)の価格推移は結構いい感じ(2015年82%↑、2016年58%↑、2017年226%↑、2018年43%↓)なので、10月からは反転するのかなと。

ただ、その前に一回ガツンと下げてくれないとね(ポジトーク)。

と思っていたらまさにその予想を補強するようなニュースがもう一つ。

 

10月からビットコインが下落する理由、「中国の雨季と関係あり」 米仮想通貨投資会社がレポート(Cointelegraph Japan)

アメリカの仮想通貨投資会社曰く、中国の雨季になると電気代が高くなってマイニング機器の更新が行われて、ガンガンビットコインが採掘されるようになり、ビットコイン価格が下がる・・・とのことです。実際昨年中国が雨季に入った昨年の10月以降は、ビットコイン価格が大きく下落してます。

ただ、↑の記事の内容と真っ向から対立する記事なので、いったいどっちが本当なのか・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました