四季報2020夏号全部読む! 第34回 MSOLはマネのできないマネジメントで勝つ?

結局立憲民主になるんかーい!……そんな四季報夏号全部読む!前回記事では、6920 レーザーテックについてチェックしてみました。半導体欠陥検査装置というニッチな業界のトップカンパニーですから、当面その地位は安泰ですが、あまりに割高ということで一旦保留としました。

さて、今回注目する企業は7033 マネジメントソリューションズです。企業のプロジェクトマネジメントを支援する、軍師のような企業です。

(前回記事:第33回 レーザーテックのマスク検査装置に勝てる企業はマースクない

前号(2020年第2集 春号)まとめはこちら!
四季報2020 春号全部読む!第1回~第10回まとめ
四季報2020 春号全部読む!第11回~第20回まとめ
四季報2020 春号全部読む!第21回~第30回まとめ
四季報2020 春号全部読む!第31回~第39回まとめ

裏日本インデックス 四季報2020 春号版

【PR】会社四季報 2020年3集夏号のご購入はこちらから!

7033 マネジメントソリューションズの概要

マネジメントソリューションズは、2005年に横浜で創業されました。当初から現在と同様にプロジェクトマネジメントの支援を行うコンサルタント業務が事業の中心でした。

その後はプロジェクトマネジメントの支援ソフトウェア開発や、アメリカ、中国への進出を経て、2018年にマザーズに上場。その後ほどなくして東証一部に昇格しました。

同社の特徴としては、単にプロジェクトマネージャーを一人派遣するのではなく、社内部署横断型の組織「プロジェクトマネジメントオフィス(PMO)」ごと派遣することで、社内のしがらみにとらわれずに、マネジメントを推進することができます。

また、プロジェクトマネジメントでの経験から、特定のプロジェクトではなく、社内風土自体の改革を進めるコンサル事業も手掛けています。

競合としては、おそらく規模的にも上場時期的にもいろいろ近いのが、エル・ティー・エスでしょうね。

マネジメントソリューションズの業績は?

それでは、マネジメントソリューションズのここ数年の業績と、今期の予想を見てみましょう。

同社は間もなく9/14に今期第3四半期の決算を迎えます。直近決算は6/12発表の第2四半期決算です。(決算短信決算資料)

今期決算は営業利益が大きく減益となっていますが、今春の本社移転費用によるもので、本業の成長軌道自体は変わっていません。

マネジメントソリューションズの株価は?

マネジメントソリューションズの株価ですが、3月からの戻りがあまり芳しくありません。6月の最高値を未だに取り戻せないままです。ただ、9月以降は元気を取り戻し、最高値にチャレンジしようとしています。

PERは130倍と新興株の中ではさして高いとは言えません。時価総額的には200億円台とこれもあまり大きいとはいえません。

総評:株価も業績ももう一つ⇒NG

本社移転費用がかさむとはいえ、業績の伸びがやや物足りません。また、株価もなかなか上昇してきません。一方で競合のエル・ティー・エスは株価の伸びも順調で、業績も落ちていません(やや利益率が低いですが)。それなら、同業のエル・ティー・エスの方がよさそうです。というわけで今回も投資見送りです。

さて、次回は7068 フィードフォースです。デジタルマーケティング関連ツールを開発する企業です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました