四季報2020新春号全部読む! 第19回 DOWAはEVシフトの調子はどうや?

ついにYoutubeチャンネル始動!しくじり投資第二回 制作は順調に遅れています!

東出くんあかんで・・・そんな四季報2020新春号全部読む!前回は869~918P(5008 東亜石油 ~ 5445 東京製鐵)を見ていきました。

(前回記事:第18回 鉄鋼株、てっこう(結構)下げたしもう買うべ?成功を祈る
(前号記事:四季報2019秋号全部読む! 第19回 JMCは鋳造部門好調で業績いがった(鋳型)?

今回は919~968P(5446 北越メタル ~ 5947 リンナイ)です。金属関係の会社が集まる回です。

クリック証券は信用取引するならベストだね。

5446 北越メタル ~ 5947 リンナイ(919~968P)

非鉄金属大手四社の値動き比較

非鉄金属大手(三菱マテリアル、三井金属、DOWA HLDGS、住友金属鉱山)4社のここ2年の値動きを見ていきます。2018年で株価が約70%も下落した三井金属は、1年かけてもほとんど戻らないままという悲惨な状況です。残り3社も似たような状況だが、DOWA一番値動き的には好調でしょうかね。

いずれも苦戦の非鉄大手4社の今後の見通しです。業界トップの三菱マテリアル次世代型EV向け製品の開発を強化中です。住友金属鉱山高機能インクに需要があつまっています。株価が苦しい三井金属5G時代へ向け必要な極薄銅箔を改良、差別化を図りたいとしています。DOWAもEVシフトへ向けて新型金属やセラミックスの基板を売り込んでいます。

5922 那須電機鉄工 【金属製品】↑前号比増額 市況関連株 😊会社比強気

【増益幅拡大】【5G】電力鉄塔を作っている会社。現行4G向け通信用金物が、現在新規参入中の楽天向けに好調だった。続く2021年3月期へ向けては、通信用金物の需要は落ち着くが、来る5G向けが支える。株価は夏あたりから急に上昇。一時は上昇前の5倍近くつけるも、その後はやや落ち着いている。

5938 LIXILグループ 【金属製品】↑前号比増額 市況関連株 😊会社比強気

【独自増額】【早期退職】住宅設備最大手。水回り設備は駆け込み需要コスト削減が効いて好調。子会社も赤字が減るなど順調に進む。創業家を追い出して何とか経営改革を進めたい瀬戸社長は、50歳以上のベテラン社員に対する大規模なリストラを敢行。さらに4月からは水回り製品が大幅(最大15%)値上げ。マイホームの新築・リフォームを検討している人はなんとか4月までに買わないと!株価はこのところ何とも言えない値動き。

5939 大谷工業 【金属製品】↑前号比増額 市況関連株 😊会社比強気

【増益幅拡大】【建材】北陸電力向け金物等が主力。電力通信向けの受注高が好調。これは北電鉄塔が経年劣化による更新時期を一斉に迎えたことが原因。このため昨年末株価が一気に最大4倍まで上昇して話題となった。

 

まとめ

今回は919~968P(5446 北越メタル ~ 5947 リンナイ)を見ていきました。那須電機鉄工や大谷工業などの金属製品を作る会社は、取引先企業の事情によって特需が発生し、一気に株価が数倍にジャンプアップするという気持ちいい上げ方をしますね。逆に取引先の不祥事に引っ張られて一気に株価が下がることもありますけどね・・・。

さて、次回は、969~1018P(5949 ユニプレス ~ 6090 ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ)です。前半が金属製品、機械企業、後半はサービス系企業という構成です。(次回:第20回 Gunosy業績かなりくるしー


四季報読者必読の書!

~今号ここまでのまとめ~

第18回 鉄鋼株、てっこう(結構)下げたしもう買うべ?成功を祈る
第17回 セルソースはサイボウズ(細胞)加工能力増強をオリコンで業績「楽天」的?
第16回 ZホールディングスはZOZO(徐々)に拡大しないと辛LINE(つらいん)です
第15回 スマレジはPOSレジをBASEに勤怠管理にも拡大して黄金期のマクアケ?
第14回 くふうカンパニー伸びていく風格あり?
第13回 日産化学は体熱発電を大切に開発中
第12回 ラクスは訴訟がひと段落するまで楽するのはお預け?
第11回 ガンホークロちゃん効果で黒(字)ちゃんと確保
第10回 スシローは海鮮居酒屋も伸びてますし
第9回 セブン&アイは業績停滞はセブンペイの損失が手痛い!
番外編 2019年IPO注目企業のコメントは?

四季報2019 秋号全部読む!第1回~第10回まとめ

~前号まとめ~

四季報2019 秋号全部読む!第1回~第10回まとめ
四季報2019 秋号全部読む!第11回~第20回まとめ
四季報2019 秋号全部読む!第21回~第30回まとめ
四季報2019 秋号全部読む!第31回~第38回まとめ

裏日本インデックス 四季報2019秋号版

ピックアップ基準(これらのうち複数を満たす企業を中心にピックアップします)

・「新分野」「新境地」など、大きく生まれ変わる気配のある企業
・新興企業であれば、20%以上の増収、10%以上の営業利益率を数年続けられる企業
・サブスクリプションなど安定した収益モデルを持つ企業
・その他時事ネタ株
・好材料は赤い文字、悪材料は青い文字で書きます。特に気になった点は太字で。

コメント

タイトルとURLをコピーしました