四季報2019秋号全部読む! 第13回 日産化学の下落は二、三日後も続くのか?

そんな四季報2019秋号全部読む!前回は568~617P(3810 サイバーステップ ~ 3960 バリューデザイン)などを見ていきました。
(前回記事:第12回 ダブルスタンダードのAIは金融業界とええ相性
(前号記事:四季報2019夏号全部読む! 第13回 バカマツタケの普及をただ待つだけ・・・

今回は618~667P(3961 シルバーエッグ・テクノロジー ~ 4218 ニチバン)です。上場から2年前後の若い会社が多い回となります。

クリック証券は信用取引するならベストだね。

3961 シルバーエッグ・テクノロジー ~ 4218 ニチバン(618~667P)

化学業界の株価比較してみた

化学業界の大手、三菱ケミカルHLDGS、三井化学、住友化学の三社の2年チャートを比較してみましょう。よかったのは最初だけで、2018年以降はずーっと下げ続けるという惨憺たるチャートを描いています。約2年前と比較して、三社とも20%以上の下落となってしまいました。

三社の今後の展望ですが、三菱ケミカルは食品包装材の需要拡大の取り込みを狙うべく、生産能力を拡大中。住友化学はスマホ用の指紋センサーをフランス企業と組んで開発中。そして三井化学は傘下の各工場の生産能力を着実に増強中。

三社とも配当利回りが非常に高い。業績、株価の大崩れ無ければ買ってもよいのでは。

 

3962 チェンジ 【情報・通信】↓前号比減額 急成長株 会社比弱気😢

【続伸】【出資】企業や自治体へIT人材を派遣する会社。昨年買収したふるさと納税サイトは返礼品競争激化が誤算で不調も、20年9月期は戻る。株価は今年に入って下げる一方だったが、いよいよ底打ちか!?

 

3990 UUUM 【情報・通信】→前号並み 急成長株

【好調維持】【育成】ユーチューバーの制作サポート事業。ヒカキンら専属Youtuberの再生数が伸びて、GoogleAdsenseの収益好調。オフィス移転費などコストはかかったものの、それをこなしてまあまあな業績。新たな動きとしては「note」の運営会社に出資して、今後は動画以外のインフルエンサー支援にも進出か。売上高は非常に早い成長だが、その割に利益率が上がっていない。10/11発表の決算は投資家の失望を誘ったが、その後しぶとく買い戻された

 

3994 マネーフォワード赤字拡大。いつになったら黒字になるのこの会社。
この辺りの会社は、非常に期待外れな会社ばかり。すららネットは経理関係の混乱が続いているようだし、ナレッジスイートも全然ダメ・・・。

 

4021 日産化学  【化学】→前号並み 優良株

【増配】【提携】機能性材料と農薬が柱の化学メーカー。業績はそこそこだがなおも増配続く。堅実に事業を行う一方で、まるでバクチのような海洋油田プロジェクトにも進出。安定しているからこそ勝負ができるという事か。株価はずっと下げ止まらず。

 

4091 太陽日酸 【化学】→前号並み 市況関連株

【欧州貢献】【欧州産業ガス】産業ガスのトップ企業。昨年買収した欧州産業ガス事業が好調。今後も欧州は積極的に投資していく予定。株価は上げどまりかと思いきや、なおも強い上昇が続いたている。

 

まとめ

今回は618~667P(3961 シルバーエッグ・テクノロジー ~ 4218 ニチバン)を見ていきました。チェンジはそろそろ株価もチェンジしそうな気がしていますが、果たして・・・?

さて、次回は、668~717P(4220 リケンテクノス ~4406 新日本理化)です。(次回:第14回 チームスピリットの成長鈍化?微増にとどまりどんか(どうか)した?



四季報読者必読の書!

~今号ここまでのまとめ~

第12回 ダブルスタンダードのAIは金融業界とええ相性
第11回 キャッシュレス決済好調でGMOペイメントに喝采
第10回 TKP宴会サービス進出でさらに業績ええんかい
第9回 トリドールHLDGS業績はうどんうどん回復!
第8回 ココカラファインの前途は曇りなく清し?
第7回 神戸物産株がんがん買うべ?
第6回 くら寿司国内不調も海外が好調で問題ないですし
第5回 手間いらず株の上昇止まらず
第4回 デジタルアーツ株下落の理由は強い売りあーつ(売り圧)?
第3回 前田建設工業ファンタジー営業部の人気にみんなタジタジ?

四季報2019 秋号全部読む!第1回~第10回まとめ

~前号まとめ~

四季報2019 夏号全部読む!第1回~第10回まとめ
四季報2019 夏号全部読む!第11回~第20回まとめ
四季報2019 夏号全部読む!第21回~第30回まとめ
四季報2019 夏号全部読む!第31回~第38回まとめ
裏日本インデックス 四季報2019夏号版

ピックアップ基準(これらのうち複数を満たす企業を中心にピックアップします)

・「新分野」「新境地」など、大きく生まれ変わる気配のある企業
・新興企業であれば、20%以上の増収、10%以上の営業利益率を数年続けられる企業
・サブスクリプションなど安定した収益モデルを持つ企業
・その他時事ネタ株
・好材料は赤い文字、悪材料は青い文字で書きます。特に気になった点は太字で。

コメント

タイトルとURLをコピーしました