四季報2019夏号全部読む! 第34回 大和証券配当利回り6%台は(だいわ)いつまで続く?

そんな四季報2019夏号全部読む!前回は1618~1667P(8256 プロルート丸光 ~ 8566 リコーリース)を見ていきました。(前回記事:第33回 イオンの株価は底堅イオン?

今回は1668~1717P(8570 イオンフィナンシャルサービス ~ 8919 カチタス)です。証券会社など金融系企業と、不動産が多いです・・・あんまり上がり目なさげ。

クリック証券は信用取引するならベストだね。

8570 イオンフィナンシャルサービス ~ 8919 カチタス(1668~1717P)

損保大手三社の業績予想比較

損害保険の大手三社の今期業績予想を比較します。売り上げにあたる経常収益は東京海上とMS&ADが同率一位で、SOMPOが続くという形になっています。ただ、利益率では東京海上が大きく上回っており、利益の出やすい体質であることが分かります。

各社の2年間の株価チャートを比較します。珍しく日経平均を上回るパフォーマンスとなったのが、東京海上HD。日経平均が2年間でほとんど変化しなかったのに対して、こちらは約20%のプラスとなりました。

今後の各社の動向ですが、東京海上は来年をめどに代理店システムを刷新し、顧客情報を活用するプラットフォームを構築予定です。MS&ADはイスラエルのベンチャー企業と提携してドライブレコーダーの映像を自動解析するシステムを開発。そしてSOMPOはLINE上で友人等に軽く贈れる「贈るほけん」サービスを開始。これ、結構画期的。

 

8591 オリックス →前号並み 市況関連株 【その他金融】

リース、生保、不動産など幅広く展開。不動産が好調。欧米での資産運用も拡大で連続最高益達成。今後は事業構成を見直し。配当が未定なので正確な利回りは出せないものの、現在の株価水準であれば概ね5%前後か。

 

8601 大和証券G本社 →前号並み 市況関連株 【証券・商品先物】

大和証券中心のグループ。業績はまあまあだが、配当利回りが非常に高い。予想配当(28円)ベースで考えると配当利回りは6%を超えるが、株価はだらだらと下がり続けている。高い配当利回りには裏があるような・・・。

 

8698 マネックスG ↓前号比減額 市況関連株 【証券・商品先物】

ネット証券の大手。国内は市況悪化を受けて軟調も、アメリカ株は口座数拡大。また、昨年傘下に収めたコインチェックがコスト減の効果もあって赤字が減少中。仮想通貨市況は不透明な株価推移もあり、今後どうなっていくかはわからないが・・・。

 

8750 第一生命HLDGS →前号並み 市況関連株 【保険】

生保の大手。保険料収入減で経常減益だが連続増配。ミャンマー、カンボジアなど新興国への進出進む。株価は不調だったが、米国債利回りの上昇に伴い株価上昇。配当利回りは4%越え。

 

不動産大手三社の業績予想比較

不動産大手三社の業績予想を比較します。売上高こそ三井不動産がトップですが、利益率は住友が一番高いです。一方、TSR(株主総利回り)を見ると、三社とも非常に厳しい状況(5年間ほとんどリターンなし)です。

2年間の株価の動きを比較します。黒の日経平均の動きを上回っているのは、三社で最も利益率のいい住友不動産だけとなっています。

各社の今後の展開としては、三井不動産はタイで物流施設を開発。三菱地所は1000億円規模の大量の自己株買い。住友不動産は今後6~7年で都心の賃貸ビルを中心になんと2兆円もの巨大投資を予定しています。五輪後の需要低下にどう立ち向かうのか・・・?

 

まとめ

今回は1668~1717P(8570 イオンフィナンシャルサービス ~ 8919 カチタス)を見ていきました。8860 フジ住宅のコメント『空白の19年度』は面白いなあと思いました(※19年度だけ分譲マンションの引き渡しがなかったことによるもの)。

さて、次回は、1718~1767P(8920 東祥 ~ 9202 ANAホールディングス)です。(次回:第35回 JR東海業績どうかい!?



四季報読者必読の書!

~今号ここまでのまとめ~

第33回 イオンの株価は底堅イオン?
第32回 大塚家具株主の皆さん大疲れ様・・・
第31回 ヤマハの株価のヤマはまだ先?
第30回 元歌姫の暴露小説でエイベックス「あーゆーのは困る」
第29回 アルゴグラフィックス着実な成長の道をアルゴう(歩こう)
第28回 ドン・キホーテ合併しても成長はどんどん鈍化
第27回 ゆうちょ銀行よ悠長なこと言ってないで成長せよ
第26回 識学が 再び伸びる 時期が来る?
第25回 リーダー電子あまり良い決算が出んし・・・。
第24回 エレコムは大繁盛でえれ~混む
第23回 MS-Japan決算しくじり暴落は士業(修行)不足?
第22回 コマツ株は配当狙いで上げをマツ
第21回 かんぽ生命不祥事で日本郵政の株価はもうあ「かんぽ」い?

四季報2019 夏号全部読む!第21回~第30回まとめ
四季報2019 夏号全部読む!第11回~第20回まとめ
四季報2019 夏号全部読む!第1回~第10回まとめ

ピックアップ基準(これらのうち複数を満たす企業を中心にピックアップします)

・「新分野」「新境地」など、大きく生まれ変わる気配のある企業
・新興企業であれば、20%以上の増収、10%以上の営業利益率を数年続けられる企業
・サブスクリプションなど安定した収益モデルを持つ企業
・その他時事ネタ株
・好材料は赤い文字、悪材料は青い文字で書きます。特に気になった点は太字で。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました