四季報2019 夏号全部読む!第21回~第30回まとめ

四季報2019夏号全部読む!次号まであと1月を切りました。米中間の貿易戦争、終わりが見えません。ダウ、日経とも下落が続いてます・・・。

それでは夏号3回目のまとめになります。

 


四季報読者必読の書!

第21~20回の振り返り

※前号から、業種ではなく、50ページごとに区切った見方に変わりました。このため、業種ごとの統一感があまりなくなってしまいましたが、次号以降との比較には便利になったかなと思います。

 

第21回 かんぽ生命不祥事で日本郵政の株価はもうあ「かんぽ」い?

チェック範囲:1018~1067P(6112 小島鉄工所 ~ 6277 ホソカワミクロン)

今問題になっている6178 日本郵政に注目。記事中で取り上げた時点ですでに株価は大きく下げていたが、そこからさらに100円程度下げ、962円で取引されている。配当利回りは5%を超えているが、今後減配の恐れもあり、安易に手を出すのは・・・。また、注目の新興企業として、ドローンの製造販売を行う、6232 自律制御システム研究所に注目。ドローンも株価もまだまだ上昇余地ありか。

 

第22回 コマツ株は配当狙いで上げをマツ

チェック範囲:1068~1117P(6278 ユニオンツール ~ 6416 桂川電機)

機械系企業の多かったこの回。タイトルに入っている6301 コマツ その後も下落を続け、配当利回りは5%に迫っています。とはいえ、業績が悪化して配当額自体が減額されてしまえば、どんだけ株価が下がってもお買い得とは言えません。景気に関係ない安定的な業績を上げられているにもかかわらず、売り込まれている株を底打ちを待って買うべきでしょう。

 

第23回 MS-Japan決算しくじり暴落は士業(修行)不足?

チェック範囲:1118~1167P(6417 SANKYO ~ 6570 協和コーポレーション)

2017年頃上場した若い企業が多かったこの回。株価が強かった6532 ベイカレントコンサルティング は現状も勢いが維持されています。6539 MS-Japan は業績はいいのですが、株価が2割ぐらい下げちゃってます・・・。6544 ジャパンエレベーターサービスHLDGS は既にテンバガー達成済。ここからどうなる?

 

第24回 エレコムは大繁盛でえれ~混む

チェック範囲:1168~1217P(6571 キューピーネットHLDGS ~ 6754 アンリツ)

ITや情報通信関連の銘柄が多かった回。6750 エレコム 規則的な上昇を続けているが、今後どうなるか・・・ちょっと下げの角度が急になってきた感じ。その他、5G銘柄としての恩恵を本格的に受け始めた6754 アンリツ もいい感じ。

 

第25回 リーダー電子あまり良い決算が出んし・・・。

チェック範囲:1168~1217P(6571 キューピーネットHLDGS ~ 6754 アンリツ)

精密機械企業の多かったこの回は、半導体業界で非常に好調な6920 レーザーテック に注目。株価もまだ好調を維持している。その他、単位株価が非常に高くてなかなか買うことができない6861 キーエンス は株価横ばい。ここから下落するか?

 

第26回 識学が 再び伸びる 時期が来る?

チェック範囲:1268~1317P(6927 ヘリオステクノHLDGS ~ 7181 かんぽ生命保険)

タイトルは、2月に華々しく上場し、その後株式分割を行うものの、株価がイマイチパッとしない識学から。分割時点から1000円以上の株価下落となり、ホルダーは気が気でないだろう。その他仮想通貨関連銘柄として7177 GMOフィナンシャルHLDGSに注目。

 

第27回 ゆうちょ銀行よ悠長なこと言ってないで成長せよ

チェック範囲:1318~1367P(7182 ゆうちょ銀行 ~ 7416 はるやまHLDGS)

今問題のゆうちょグループの一角、7182 ゆうちょ銀行 とめどなく株価が下落中。一体どこまで下がるのか・・・?その一方で急成長株、保険相談業務を行う7325 アイリックコーポレーションに注目。一時期株価は下げていたが、お盆明けから復活の兆しあり。

 

第28回 ドン・キホーテ合併しても成長はどんどん鈍化

チェック範囲:1368~1417P(7417 南陽 ~ 7590 タカショー)

小売店などのこの回。公開のロードサイド店展開を目論む7453 良品計画は、この業態が跳ねるかどうか注目。そして、既にこの新業態が大成功したのが7564 ワークマン。10年で株価20倍!そのほか、ドンキがユニーと合併して誕生した7532 パン・パシフィック・インターナショナルHLDGS は期待外れの決算で株価下落気味。

 

第29回 アルゴグラフィックス着実な成長の道をアルゴう(歩こう)

チェック範囲:1418~1467P(7591 エクセル ~ 7782 シンシア)

優良な企業が多かったこの回。7741 HOYA は相変わらず好調で素晴らしい。売上、利益とも順調で、株価も好調。また、コンタクトレンズのサブスクモデルが手堅い7780 メニコン は、株価好調。長期、短期とも上昇局面。2015年の上場以来株価4倍と非常に強い。

 

第30回 元歌姫の暴露小説でエイベックス「あーゆーのは困る」

チェック範囲:1468~1517P(7805 プリントネット ~ 7940 ウェーブロックHLDGS)

おもちゃメーカーの7832 バンダイナムコHLDGSは直近の決算で株価が大きく上昇中。全体の相場が悪くとも、個別企業単位で見れば、頑張っているところはたくさんある。この回の注目すべき企業はここぐらいか・・・。

まとめ

四季報2019夏号全部読む!全体の市況が分からなくなってきていますが、いい企業の株価は下がっておらずむしろ上昇局面を続けているので、やはり銘柄選択の重要性を痛感します。


四季報読者必読の書!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました