四季報2019夏号全部読む! 第24回 エレコムは大繁盛でえれ~混む

もうお盆ですね・・・近所では花火やってました。そんな四季報2019夏号全部読む!前回は1118~1167P(6417 SANKYO ~ 6570 協和コーポレーション)を見ていきました。(前回記事:第23回 MS-Japan決算しくじり暴落は士業(修行)不足?

今回は1168~1217P(6571 キューピーネットHLDGS ~ 6754 アンリツ)です。電気機器関連の企業がほとんどです。

クリック証券は信用取引するならベストだね。

6571 キューピーネットHLDGS ~ 6754 アンリツ(1168~1217P)

総合家電大手三社の業績予想比較

総合家電大手として、かつては栄華を誇ったソニー、シャープ、パナソニック3社の業績予想を比較していきます。トップはソニーですが、純利益は大きく減益。これは株の売却益がなくなったため。続くパナソニック、シャープについては利益率がわずか3%前後と非常に儲かっていない現状が浮き彫りになります。

続いて株価を比較します。いつものように比較として日経平均のグラフも載せていますが、意外にもソニーの調子が良いですね。2年間ほぼ一貫して日経平均より上のパフォーマンスを維持しています。一方で、パナソニックは2年間で-40%シャープに至っては-60%株主大激怒の結果に終わっています。これでよく暴動が起きないものです・・・。

各社今後の方針です。ソニーはPS4の次世代機を現在開発中です。また、マイクロソフトとクラウドゲーム開発の検討に入りました。パナソニックは、工場合理化に注力。シャープは北米のテレビ市場に再度参入を検討しています。

6572 RPA HLDGS ↑前号比増額 急成長株 【サービス】

事務代行ソフトや、人材関連の成果報酬型広告サービスなどの会社。業績はますます成長。人件費を筆頭にコストは増えているが、それに負けず利益増。しかし株価はさすがに割高水準にすぎたか、5月下旬以降株価は半値となってしまっている。

 

6670 MCJ ↓前号比減額 市況関連株 【電気機器】

♪マウスマウス パソコンマウス♪のCMで最近人気の「マウス」ブランドのパソコン製造・販売会社。業績は順調に拡大。例のCMはかなりコスト的にかかっているようだが、それをものともせずに営業益は伸びた。最高益を連続達成でさらなる増配へ。8/2発表の決算は、営業利益14.9%増と好決算。しかし株価は全体の下落に巻き込まれて下げ基調へ。

 

6740 ジャパンディスプレイ →前号並み 業績回復株 【電気機器】

液晶パネルの大手。官製ファンド傘下で日立、東芝、ソニーの負け組連合。業績はスマホ用が不調となって大苦戦。人員も減らし、営業外でも損失が膨らむ。ずるずると損失が出続けるこの会社。疑義注記もついてるし、いっそアップルのイチ製造部門にでもしてもらうか、どっか外資に買ってもらうしかないんじゃないだろうか。

 

6750 エレコム →前号並み 市況関連株 【電気機器】

IT機器大手で、マウスやキーボードなど何でもござれ。新商品の投入で単価を引き上げ最高益達成。さらに増配も。また最近では女性向けの開拓も進めている。株価の伸びが非常にきれいで順調。また8/6の決算も順調で、日本市場全体が下げる中で堅調に推移している。

 

6754 アンリツ ↓前号比減額 市況関連株 【電気機器】

通信系計測器の大手。携帯電話に強く、海外でも高シェア。5G関連銘柄として知られるが、ここにきてようやく5G需要本格化。数年にわたる研究開発が実り、先月末の決算で大幅増益達成。ついに関連銘柄の本領発揮!

まとめ

今回は1168~1217P(6571 キューピーネットHLDGS ~ 6754 アンリツ)を見ていきました。ジャパンディスプレイの絶望感はあれ何とかならんのですかね・・・。

さて、次回は、1168~1217P(6755 富士通ゼネラル ~ 6926 岡谷電機産業)です。次回も電気機器、物作り系ですね。厳しい企業ばっかりなんだよなあ・・・。(次回:第25回 リーダー電子あまり良い決算が出んし・・・。



四季報読者必読の書!

~今号ここまでのまとめ~

第23回 MS-Japan決算しくじり暴落は士業(修行)不足?
第22回 コマツ株は配当狙いで上げをマツ
第21回 かんぽ生命不祥事で日本郵政の株価はもうあ「かんぽ」い?
第20回 ベクトル業績悪化もなるべくとる乱さずに
第19回 ♪素晴らしい UACJ!  UACJ!
第18回 日本カーボンの株価~ボンと上がるか
第17回 オリコンは業績成長を織り込んで株価上昇
第16回 オービックの好決算にOH!ビックリ!
第15回 花王はトイレタリー製品に環境対策を取り入れたりして頑張る
第14回 ZUUはずーっと成長し続けられるのか?
第13回 バカマツタケの普及をただ待つだけ・・・
四季報2019 夏号全部読む!第11回~第20回まとめ
四季報2019 夏号全部読む!第1回~第10回まとめ

ピックアップ基準(これらのうち複数を満たす企業を中心にピックアップします)

・「新分野」「新境地」など、大きく生まれ変わる気配のある企業
・新興企業であれば、20%以上の増収、10%以上の営業利益率を数年続けられる企業
・サブスクリプションなど安定した収益モデルを持つ企業
・その他時事ネタ株
・好材料は赤い文字、悪材料は青い文字で書きます。特に気になった点は太字で。

コメント

タイトルとURLをコピーしました