四季報2019夏号全部読む! 第21回 かんぽ生命不祥事で日本郵政の株価はもうあ「かんぽ」い?

ひまわり咲かないなあ・・・そんな四季報2019夏号全部読む!前回は968~1017P(5966 KTC ~ 6111 旭精機工業)を見ていきました。(前回記事:第20回 ベクトル業績悪化もなるべくとる乱さずに

今回は1018~1067P(6112 小島鉄工所 ~ 6277 ホソカワミクロン)です。今回も上場から日の浅い若い企業が多いです。

クリック証券は信用取引するならベストだね。

6112 小島鉄工所 ~ 6277 ホソカワミクロン(1018~1067P)

6178 日本郵政 ↓前号比減額 優良株→業績回復株 【サービス】

日本郵政グループの持ち株会社。傘下のかんぽ生命は日本郵政グループの主力となる企業であるだけに、今回の契約不正の問題は非常に痛い。

2019年3月期の日本郵政グループの決算を見てみると、かんぽ生命は純利益ベースで見るとグループ全体の1/4を占めており、この数字の一部が、高齢者への不適切な販売行為で成り立っていたと考えると、今後業績への深刻なダメージは避けられず、株価は大きく下落している。

今後は秋以降政府による日本郵政株売り出しもあり、当面株価が回復するとは考えにくい。ただ、業績が安定しており配当が大きく下がることが考えにくい以上、配当利回り目当てでちょっとずつ買い増していってもいいのかもしれない。

6182 ロゼッタ →前号並み 急成長株 【サービス】

人工知能とweb検索を活用した自動翻訳サービスの会社。新規受注が急増して業績急成長。株価も年初以降大きく伸びている。受注高は今年3月一カ月で2億円と昨年比なんと3倍!ただ株価は3倍とはいかないようで・・・。

 

6191 エボラブルアジア →前号並み 急成長株 【サービス】

記憶している限りでは初めて取り上げる。航空券予約サイトの「エアトリ」運営会社。売上高が毎年倍々ゲームのように増えていく急成長株でありながら、ここまで取り上げてこなかったのは売上高営業利益率の低さ(10%未満)が原因だった。しかし、このところは営業利益率が上昇しつつあり、非常に好調。旧DeNAトラベルを吸収してますます拡大へ。法人向けの出張予約サービスは3000社以上で利用されている。ただ株価はこのところ頭打ちで、値動きが小さくなってきている。上に抜けるか?下に抜けるか?

 

6194 アトラエ →前号並み 急成長株 【サービス】

成功報酬型の転職者求人サイト「Green」などを運営。IT系に強い。売上高は大きく伸びているものの、宣伝費などコストが嵩んで営業益はほぼ横ばい。メルカリは鹿島アントラーズと提携したが、こちらはJ2の水戸ホーリーホックと資本提携中。株価はこのところ右肩下がりとなってしまっているが、そろそろ反転攻勢か。

6196 ストライク →前号並み 急成長株 【サービス】

会計士、税理士主体のM&A仲介会社。M&Aコンサルは件数少ないものの一件当たりが大きく、業績成長に貢献している。人員もそろえて成約数は大きく増える見通しとなり、最高益を更新する勢いだ。また、自社メディアも好調で収益化を模索中。株価は減益が発表された決算発表以降も大きく上昇中。

 

6200 インソース →前号並み 急成長株 【サービス】

企業向け研修、公開講座の運営を行っている会社。このところは生産性向上を目的としたAI,RPA研修が人気。業績は好調で毎年大きく成長を続けている。株価は絶好調上場来安値からのテンバガーを達成。ここからどこまで上げるのか・・・?

 

6232 自律制御システム研究所 ↑↑大幅増額 急成長株 【機械】

ドローン専業。インフラ系企業や物流系企業からの引き合いが多く、機体の販売数ますます増加。営業黒字化の目途立つ。海外もあまりリスクを取らない形で進出していくようだ。ドローンという非常に可能性を感じさせるテーマであり、業績も急成長中ではあるのだが、PERを見てみると21.3月期ベースで見ても170倍程度と、非常に割高という印象。ただし、PEGレシオでみるとほぼ1倍(170倍÷175%(20.3月期⇒21.3月期の利益成長率)≒1)と、途端に割安感が出てくる。ここまで売り込まれたら、今後の業績次第では買いかも・・・?

 

まとめ

今回は1018~1067P(6112 小島鉄工所 ~ 6277 ホソカワミクロン)を見ていきました。ドローン関連銘柄として、自立制御システム株はありかもしれません。もうちょっと調べてみないと・・・。あとは株価の動きが好調なインソース、ストライクとも気になります。

次回は、1068~1117P(6278 ユニオンツール ~ 6416 桂川電機)です。



四季報読者必読の書!

~今号ここまでのまとめ~

第20回 ベクトル業績悪化もなるべくとる乱さずに
第19回 ♪素晴らしい UACJ!  UACJ!
第18回 日本カーボンの株価~ボンと上がるか
第17回 オリコンは業績成長を織り込んで株価上昇
第16回 オービックの好決算にOH!ビックリ!
第15回 花王はトイレタリー製品に環境対策を取り入れたりして頑張る
第14回 ZUUはずーっと成長し続けられるのか?
第13回 バカマツタケの普及をただ待つだけ・・・
第12回 アバントは経団連に入っても付き合う相手をよく選ばんと・・・
第11回 バイマはメンズ取り込めれば売上何倍までも!
四季報2019 夏号全部読む!第11回~第20回まとめ
四季報2019 夏号全部読む!第1回~第10回まとめ

ピックアップ基準(これらのうち複数を満たす企業を中心にピックアップします)

・「新分野」「新境地」など、大きく生まれ変わる気配のある企業
・新興企業であれば、20%以上の増収、10%以上の営業利益率を数年続けられる企業
・サブスクリプションなど安定した収益モデルを持つ企業
・その他時事ネタ株
・好材料は赤い文字、悪材料は青い文字で書きます。特に気になった点は太字で。

コメント

タイトルとURLをコピーしました