四季報2019 夏号全部読む!第11回~第20回まとめ

四季報2019夏号全部読む!夏号発売からもう2月近く、次号まであと1月半となりました。ビットコイン、株とも上げつつも不透明な動きですなぁ・・・。

それでは夏号2回目のまとめになります。


四季報読者必読の書!

第11~20回の振り返り

※前号から、業種ではなく、50ページごとに区切った見方に変わりました。このため、業種ごとの統一感があまりなくなってしまいましたが、次号以降との比較には便利になったかなと思います。

 

第11回 バイマはメンズ取り込めれば売上何倍までも!

チェック範囲:518~567P(3639 ボルテージ ~ 3807 フィスコ)

疑義注記企業が多かった(微妙なIT企業多し)この回。3677 システム情報 はその後も株価好調。3687 フィックスターズ はまさに今日決算発表。売上高は前年同期比47%増!営業利益は同じく34%増!と絶好調。これは来週以降が楽しみ。一方で株価好調だった3697 SHIFT 7/11発表の決算で大コケ。株価は下落している。

 

第12回 アバントは経団連に入っても付き合う相手をよく選ばんと・・・

チェック範囲:568~617P(3808 オウケイウェイヴ ~ 3956 国際チャート)

上場から日が浅い急成長企業、つまりは明日のテンバガー候補が集まったこの回。ちょうどこの記事を更新した日に発生した仮想通貨流出事件を発生させてしまったビットポイントの親会社リミックスポイントもこの回で取り上げた。ビットコイン価格はこのところ回復基調だが、同社株は未だに大きく下げたまま、回復の兆しを見せない。3922 PR-TIMES 好決算だったが、その後の株価推移は冴えない。

第13回 バカマツタケの普及をただ待つだけ・・・

チェック範囲:618~667P(3960 シルバーエッグテクノロジー ~ 4216 旭有機材)

IT系企業と化学系企業がチェック範囲となったこの回。3962 チェンジ は買収効果もあって今期売上予想が前期の3倍近くなると予想されている一方で、株価は下げ続けている。予想PERでみると67倍とまだ割高なので、反転はまだ遠いか・・・。4021 日産化学 は増配、自社株買いをコンスタントに行う優良株だが、今日発表の第1四半期決算は16%減益。いよいよ下落トレンドが定着か・・・。

第14回 ZUUはずーっと成長し続けられるのか?

チェック範囲:668~717P(4217 日立化成 ~ 4403 日油)

この回も上場から日の浅いサービス系企業が多かった。4385 メルカリは先月末、サッカーJリーグの名門、鹿島アントラーズを買収。このニュースを受けても特に株価は変わらず。4387 ZUUは7月末に日本M&Aセンターと共同で経営者向けメディア開発について業務提携・合弁会社設立を発表。株価は調整を繰り返しながらも堅実に上昇中。4397 チームスピリット は大株主の売り浴びせ、決算のしくじりなどで、ピーク時から株価が2分の1にまで下落。回復は見えない。

 

第15回 花王はトイレタリー製品に環境対策を取り入れたりして頑張る

チェック範囲:718~767P(4404 ミヨシ油脂 ~ 4597 ソレイジア・ファーマ)

化学系企業中心の回。4452 花王 7/31発表の決算が減益という不本意な内容で株価下落。長らく続いた株価上昇もついに終焉・・・?その他バイオ系企業は好調だが、割高感。

 

第16回 オービックの好決算にOH!ビックリ!

チェック範囲:768~817P(4598 Delta-Fly Pharma ~ 4769 インフォメーション・クリエイティブ)

倒産スレスレのやばめのバイオ系企業と、比較的歴史の長いIT企業中心の回。4680 ラウンドワンはその後6月の高値(1,710円)を超えられないまま下落基調が続いている。子会社であるASKULともめている4689 ヤフー はまさに今日決算発表も、15%もの減益となり、ASKUL問題と併せてダブルパンチとなる恐れ。

第17回 オリコンは業績成長を織り込んで株価上昇

チェック範囲:818~867P(4770 図研エルミック ~ 5104 日東化工)

この回は特に気になった企業なし。4800 オリコンまだまだ株価好調。4911 資生堂 株価が大きく下落してしまった。名門完全復活は、遠いか・・・。

 

第18回 日本カーボンの株価~ボンと上がるか

チェック範囲:868~917P(5105 TOYO TIRE ~ 5484 東北特殊鋼)

5201 AGCは優良企業だと持ち上げた直後に今期業績予想が17%下方修正を発表。これを受けて株価は大きく下落。このところ業績の良くない企業が多いなあ・・・。タイトルにもある 5302 日本カーボン は決算発表を前にちょっと下落。

 

第19回 ♪素晴らしい UACJ!  UACJ!

チェック範囲:918~967P(5485 日立金属 ~ 5965 フジマック)

この回は非鉄金属というお堅い業界。そんな中突如現れた3Dプリンターによる鋳型の製造、3Dプリンターの販売を行う5704 JMCに注目。売上利益とも20%以上の高成長を達成し、PERも30倍台とそこまで割高でなく、今後の株価上昇が見込めるため注目銘柄とした。また、長引くお家騒動にようやく決着のついた5938 LIXIL7/31に決算発表。第1四半期でありながら、既に44%の進捗非常に内容がよく、新体制への期待を持たせる結果となったことから株価は大きく上昇した。

 

第20回 ベクトル業績悪化もなるべくとる乱さずに

チェック範囲:968~1017P(5966 KTC ~ 6111 旭精機工業)

サービス系の急成長企業が多く見られた回。6035 アイ・アールジャパン は今日8/2発表の決算で、前年同期比2.2倍という急成長を遂げた。また通期の業績予想を15%上方修正し、非常に勢いに乗っている。また、合弁相手の社長が突然死亡するというとんでもない事態になった6067 インパクトHLDGS 引き続き株価を下げている。インドのコンビニ事業の明日はどっちだ・・・?

 

まとめ

四季報2019夏号全部読む!このところ忙しく、なかなかいい企業が見つかりませんが、今後も見ていきたいと思います。

 


四季報読者必読の書!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました