四季報2019夏号全部読む! 第16回 オービックの好決算にOH!ビックリ!

吉本興業は一所属芸人でしかない松本人志の意見を、社長が全面的に受け入れて会見するという、企業ガバナンス的には完全におかしなことになってますね。これじゃ誰が社長かわからない・・・そんな四季報2019夏号全部読む!前回は718~767P(4404 ミヨシ油脂 ~ 4597 ソレイジア・ファーマ)を見ていきました。(前回記事:第15回 花王はトイレタリー製品に環境対策を取り入れたりして頑張る

今回は768~817P(4598 Delta-Fly Pharma ~ 4769 インフォメーション・クリエイティブ)です。今回は古くからのIT系企業が多いです。

クリック証券は信用取引するならベストだね。

4598 Delta-Fly Pharma ~ 4769 インフォメーション・クリエイティブ(768~817P)

4680 ラウンドワン →前号並み 市況関連株【サービス】

レジャー大手。ボウリング、カラオケ、ゲームなど何でもある。業績好調。海外はアメリカ好調だが、さらにロシア、中国へも進出を検討。中流層の分厚さに魅力を感じた模様。また、先月末にアメリカ内でキッズ向けアミューズメント施設を拡張すべく合弁企業を設立。このニュース以降は株価は好調。6月の高値をうかがう勢い。

4684 オービック ↑前号比増額 優良株【情報・通信】

独立系のSIer。業務管理システム中心に大量受注アリ最高益達成か。ここも人材不足で、新卒採用を増やす見通し。株価は非常に好調だったが、このところは調整入り。しかし本日22日に決算発表営業利益が昨年比17%増と好調。また上げるかも・・・。

4686 ジャストシステム ↑前号比増額 優良株【情報・通信】

ワープロソフト「一太郎」、法人向け業務システムの会社。ATOKは引き続き好調。しかし、一太郎といえば、作成されたファイルがWordで開けない、ちょっと困ったソフトの代表格。こういった状態のままでは将来的に淘汰されていくことは火を見るよりも明らかだ。ただ、AI,RPAなど新しい分野や、アジャイル開発などの新時代へ向けた施策も着々と進めている。

4689 ヤフー →前号並み 市況関連株【情報・通信】

ネットサービスの老舗。業績は上向くが株価は下向き。同社が普及を進めるペイペイはポイント付与率を3%と大判振る舞いでなりふり構わぬといった感じ。子会社ASKULとは関係悪化。ついにASKUL側から提携関係解消の申し出すらあったとのこと。これが株価の足かせにならねば良いのだが・・・。

4755 楽天 ↑前号比増額 市況関連株【サービス】

ネット通販の大手にして老舗。今年から携帯電話事業に参入。ドコモ、AU、ソフトバンクに続く第四のキャリアとなる。この事業のコストがかなり重くなっている様子。ただ、投資先の米国・リフト社(UBERのライバルとなる配車アプリ)が上場したことにより、含み益莫大で、なんと284億円。今後は携帯参入へ向けた動きが本格化。実店舗を500以上に拡大していく。

まとめ

今回は768~817P(4598 Delta-Fly Pharma ~ 4769 インフォメーション・クリエイティブ)を見ていきました。昔はヤフーや楽天なんかといえば新興のIT企業のイメージでしたが、もう違うんですよね。老舗ですもんね。

次回は、818~867P(4770 図研エルミック ~ 5104 日東化工)です。IT、化学、不動産、石油などごちゃごちゃとしてきます。



四季報読者必読の書!

~今号ここまでのまとめ~

第15回 花王はトイレタリー製品に環境対策を取り入れたりして頑張る
第14回 ZUUはずーっと成長し続けられるのか?
第13回 バカマツタケの普及をただ待つだけ・・・
第12回 アバントは経団連に入っても付き合う相手をよく選ばんと・・・
第11回 バイマはメンズ取り込めれば売上何倍までも!
四季報2019 夏号全部読む!第1回~第10回まとめ

ピックアップ基準(これらのうち複数を満たす企業を中心にピックアップします)

・「新分野」「新境地」など、大きく生まれ変わる気配のある企業
・新興企業であれば、20%以上の増収、10%以上の営業利益率を数年続けられる企業
・サブスクリプションなど安定した収益モデルを持つ企業
・その他時事ネタ株
・好材料は赤い文字、悪材料は青い文字で書きます。特に気になった点は太字で。

コメント

タイトルとURLをコピーしました