四季報2019夏号全部読む! 第14回 ZUUはずーっと成長し続けられるのか?

あれ?まだ梅雨空けないの・・・?そんな四季報2019夏号全部読む!前回は618~667P(3960 シルバーエッグテクノロジー ~ 4216 旭有機材)を見ていきました。(前回記事:第13回 バカマツタケの普及をただ待つだけ・・・

今回は668~717P(4217 日立化成 ~ 4403 日油)です。化学系企業に挟まれて、2018年IPO組が。しかし彼らには厳しい評価を下さざるを得ない・・・。

クリック証券は信用取引するならベストだね。

4217 日立化成 ~ 4403 日油(668~717P)

4217 日立化成 →前号並み 市況関連株【化学】

日立グループ。電子・自動車部品、バッテリーに強い。ここも一応5G関連銘柄。テーマ株投資はうまくいかないことが多い(その業界の渦中にいない限りは)ので、あまり積極的に5Gだからと買うつもりはないが、少なくとも5G以降も必要な会社であり続けるはず。株価はじわじわと上げている。

 

4344 ソースネクスト ↑前号比増額 急成長株【情報・通信】

ウイルス対策ソフト、PC向け低価格ソフトの老舗だが、やっぱり最近は「ポケトーク」一色。改良版も好調で海外でも拡大中。ただ株価は上げ疲れ?あまり上がっていない様子。PERは50倍前後なので、ちょい割高。先月末にポケトークつながりで、英会話教室を運営する企業を買収。

 

4356 応用技術 ↑↑大幅増額 急成長株【情報・通信】

建設業界用の業務改善ソフトなどの会社。5月に発表した業績予想の上方修正を受けて株価は急騰。旧態依然とした体質といわれる建設業界を大きく変える可能性を持った会社。防災コンサルも施設長寿命化の需要で好調。株価は5月以降高止まりが続く。

 

2018年IPO企業をざーっと取り上げる

4380 Mマートから4399 くふうカンパニーまでの2018年IPO組について一言ずつツッコミ入れていきます。

4380 Mマート 業績復調はいいが、成長率が低すぎ。
4381 ビープラッツ
業績はよいが割高すぎる。PER100倍超っていうのはどうか。
4382 HEROZ 売上16億の会社に、どうして1000億円の値段が付くのか意味不明。超々割高。
4384 ラクスル株価の伸びは素晴らしい!上場来3倍。だが、利益率低すぎる。純利益4000万円の会社にどうして1200億円の値段が付くのか(ry
4385 メルカリ
 いつになったら黒字化するのか。わざと赤字を出しているのか。
4386 SIG 成長率が低すぎる。

4387 ZUU ↓↓大幅減額 急成長株【情報・通信】

金融メディアの運営と、金融機関人材の転職支援が中心。株価は最高値から3割にまで下落と非常に調子が悪いが、売上高の伸びは相変わらず3割近く、成長速度に文句なし。株価は自社株買いの発表以降伸びている。新商品の準備も・・・。

4388 エーアイ ここも成長率低い。
4389 プロパティデータバンク 成長率は申し分ないが、不動産業界は避けることにしているので・・・。あと筆頭株主が創業者でないこともネック。
4390 アイ・ピー・エス 成長鈍化・・・。
4391 ロジザード ここもほとんど成長無し。
4393 バンク・オブ・イノベーション 業績のわりに結構割安。だけど業績の伸びが地味。
4394 エクスモーション 成長率は悪くないが、もうちょっと伸びてほしいところ。
4395 アクリート ここも成長がやや鈍化気味。
4396 システムサポート 成長が鈍化~停止。もっと上がり目を

4397 チームスピリット →前号並み 急成長株【情報・通信】

勤怠管理ソフトで急成長。四季報コメントは申し分ないのだが、先日発表の決算から失望売りが広がった。大株主も続々同社株を手放しており、怪しい感じ。

4398 ブロードバンドセキュリティせめて20%の成長を。

 

まとめ

記事書いている途中にビットコインが暴騰したので慌ててショートポジションをカットしてドテンロングにする作業をしているうちにもう12時が目の前に、という訳でめちゃくちゃ急いで書いてます。

今回は668~717P(4217 日立化成 ~ 4403 日油)を見ていきました。

次回は、718~767P(4404 ミヨシ油脂 ~ 4597 ソレイジア・ファーマ)です。(次回:第15回 花王はトイレタリー製品に環境対策を取り入れたりして頑張る



四季報読者必読の書!

~今号ここまでのまとめ~

第13回 バカマツタケの普及をただ待つだけ・・・
第12回 アバントは経団連に入っても付き合う相手をよく選ばんと・・・
第11回 バイマはメンズ取り込めれば売上何倍までも!
四季報2019 夏号全部読む!第1回~第10回まとめ

ピックアップ基準(これらのうち複数を満たす企業を中心にピックアップします)

・「新分野」「新境地」など、大きく生まれ変わる気配のある企業
・新興企業であれば、20%以上の増収、10%以上の営業利益率を数年続けられる企業
・サブスクリプションなど安定した収益モデルを持つ企業
・その他時事ネタ株
・好材料は赤い文字、悪材料は青い文字で書きます。特に気になった点は太字で。

コメント

タイトルとURLをコピーしました