四季報2019夏号全部読む! 第9回 BEENOSの越境ECが調子良いし~

今日は七夕!願いは妻の無事の出産・・・ついでに持ち株と仮想通貨の値上がりかな・・・。そんな四季報2019夏号全部読む!前回は368~417P(3086 J.フロントリテイリング ~ 3245 ディア・ライフ)を見ていきました。(前回記事:第8回 出店ブランドの「合力」なく業績悪化で株主ZOZO・・・好調企業を誰が「殺め」た?

今回は418~467P(3246 コーセーアールイー ~ 3440 日創プロニティ)です。小売、不動産、金属製品などさまざな業界が出てきます。結構疑義注記企業が多くてみててもあまりいい企業がないような気がします。もうちょっと我慢すれば、テンバガー候補がひしめくあたりに来るんですけど・・・。

クリック証券は信用取引するならベストだね。

3246 コーセーアールイー ~ 3440 日創プロニティ(418~467P)

3267 フィル・カンパニー →前号並み 急成長株【建設】

貸し駐車場の上空に貸店舗(いわゆる空中店舗)を建設する企業。前から注目していたものの、4月の決算が悪く注目銘柄からは外していたところ。とはいえ、売上計上の時期が若干ずれただけという見方から、四季報の通期業績の予想は依然として強気といった印象。今週末の決算数字がどうなるか・・・。

 

3328 BEENOS ↑↑大幅増額 急成長株【小売業】

海外居住者のために、日本のオークションサイトで商品を代行落札するいわゆる越境ECサービスの会社。また、ベンチャー企業への投資・育成事業も展開している。この両事業がいずれも好調で、増益幅が拡大。投資事業で保有した株を来春までに少しずつ売却予定。投資した果実をここで得ておき、さらなる飛躍を目指す方針だ。とはいえ、肝心の自社の株価は2000円をなかなか超えられない。

 

3382 セブン&アイHLDGS はセブンペイで大炎上中。まあフツーの人は「二段階認証」なんて知らんでしょうね。ビットコインやっていてよかった(笑)。とはいえ、7/4発表の決算が好調で株価は上昇中。やはり、株をやってる人たちと、ビットコインをやっている人たちの間には大きな断絶があるなと感じた。

 

3391 ツルハHLDGS →前号並み 優良株【小売業】

ドラッグストア最大手の一角。北海道発祥だが、今では九州にまで勢力を広げた。店舗の純増数は前期並み。ついに今年3月に、これまで出店のなかった沖縄県に進出。今後も少しずつ出店を進めていく予定。5年後には現在の2055店舗から3000店舗、売上高1兆円という大きな目標を掲げる。株価は6月以降好調で、ついに10000円越え。

 

3407 旭化成 →前号並み 優良株【化学】

言わずと知れた総合化学企業。2019年以降は株価は軟調に推移。業績は非常に安定的に推移しており、配当も堅実。株価が下がるほど配当利回りは上がっていく。株価は非常に狭い幅で推移中。安定している。

3436 SUMCO ↓前号比減額 市況関連株【金属製品】

半導体用のシリコンウエハで世界トップ企業。ここまで好調だった業績が、やや減速の見通しか。そんな中設備を増強して生産能力を向上・・・大丈夫なんだろうか?株価は大きな山を作りながら徐々に下げていくわかりやすい下落トレンド。配当利回りが4%以上と予想されており、株価がこれ以上大きく下がらなければ配当目当てで買ってもよいのでは。

 

まとめ

今回は418~467P(3246 コーセーアールイー ~ 3440 日創プロニティ)を見ていきました。ツルハも優良だなあ・・・ウエルシアとよく比較しないと。

次回は、468~517P(3441 山王 ~ 3636 三菱総合研究所)です。次回の最後ぐらいからちょっとずつ情報・通信が出てきますね。(次回:第10回 スシロー元気寿司との統合中止でも別に問題ないですし



四季報読者必読の書!

~今号ここまでのまとめ~

第8回 出店ブランドの「合力」なく業績悪化で株主ZOZO・・・好調企業を誰が「殺め」た?
第7回 北の達人の業績ここまで来たの?
第6回 ABCマートアパレル拡大!激しくあぱれる(暴れる)日は来るか?
第5回 イオレ株の上昇を見抜けなイオレはなんてダメなんだ・・・
第4回 技術者派遣はアルトナーがあるとな~
第3回 前田道路は舗装の大手「ほ~そう?」
第2回 ルーデンコインで不動産買うって出来ルーデンすか?
第1回 医薬品業界大幅減益でいや~苦しい状況に

前号(2019年春号)まとめ
四季報2019春号全部読む!第1回~第10回まとめ
四季報2019春号全部読む!第11回~第20回まとめ
四季報2019春号全部読む!第21回~第30回まとめ
四季報2019春号全部読む!第31回~第38回(終)まとめ
裏日本インデックス 四季報2019春号版

ピックアップ基準(これらのうち複数を満たす企業を中心にピックアップします)

・「新分野」「新境地」など、大きく生まれ変わる気配のある企業
・新興企業であれば、20%以上の増収、10%以上の営業利益率を数年続けられる企業
・サブスクリプションなど安定した収益モデルを持つ企業
・その他時事ネタ株
・好材料は赤い文字、悪材料は青い文字で書きます。特に気になった点は太字で。

コメント

タイトルとURLをコピーしました