四季報2019春号全部読む! 第29回 島津製作所最高益達成し、まずまずの株価?

もう暑い・・・蒸し暑い。そんな四季報2019春号全部読む!前回は1367~1416P(7427 エコートレーディング ~ 7599 IDOM)を見ていきました。(前回記事:第28回 ゼンショーHLDGS拡大でライバルに全勝?

今回は1417~1466P(7600 日本エム・ディ・エム ~ 7813 プラッツ)を見ていきます。卸売・小売業、精密機械、そしてその他製品業界を見ていきます。

 

クリック証券は信用取引するならベストだね。

7600 日本エム・ディ・エム ~ 7813 プラッツ(1417~1466P)

7701 島津製作所 →前号並み 優良株 【精密機械】

分析・計測機器の大手。業績は好調で、連続増配。アルツハイマー病検出法検出で日豪研究機関と協力。株価は年初来伸び続けていたが、4月以降一頓挫あり。5/10発表の通期決算は、7期連続の最高益を達成している。

7730 マニー ↑前号比増額 市況関連株 【精密機器】

手術用縫合針、眼科ナイフなどで高シェアを持つ。東南アジアに生産拠点を持ち、売上高の8割近くが海外向けと、海外に強い企業。株売却などもあり、最高純益を達成している。増配の期待も・・・?営業CF率が非常に高く、もうかっている企業といえる。株価も好調。

7741 HOYA →前号並み 優良株 【精密機械】

眼鏡レンズ、半導体用マスク基盤に強い。半導体関連、眼鏡関連がともに好調で、5/7発表の通期決算では最高益を連続達成。また、自己株を800万株分取得することも発表され、株価はさらに上げ基調となっている。

HOYAの平成30年間を振り返る

平成始値:486円
平成高値:7,815円 ・・・平成31(2019)年
平成安値: 340円 ・・・平成4(1992)年
平成終値:7,815円 平成30年間での株価成長率:1508%

HOYAの平成30年間は非常に順調な株価推移であったといえるでしょう。平成初期はバブルの崩壊で、一時800円近くまであった株価が半値以下になる憂き目を見ていますが、それ以降の動きからすれば小さい小さい話です。

その後はリーマンショックと震災の混乱を除けばまさに右肩上がりで、平成終値が平成最高値(終値ベース)というまさに理想の30年間を過ごすことができました。

 

7747 朝日インテック →前号並み 優良株【精密機械】

心臓冠動脈用のカテーテルに強い。ライバル企業のテルモが出荷遅れたという敵失ながら、需要が大きく伸び、業績好調。営業CF比率が20%超と非常に高く、もうかり体質。株価は5/15発表の決算を受けてさらに上昇だが、伸び幅はやや減速か。

7751 キヤノン ↓前号比減額 低成長株 【電気機器】

カメラや事務機器で最大手。柱となる複合機がイマイチでピリッとしない。カメラも微妙な感じ。しかし予想配当利回りが5%と非常に高い。ここ数年間安定して配当を出せており、今買えば配当でいい生活ができるかもしれない。また、5/10に自己株買いを発表したことを受けて、直近で株価は大きく反発。キヤノン買うなら今のうち?

キヤノンの平成30年間を振り返る

平成始値: 909円
平成高値:7,450円 ・・・平成19(2007)年
平成安値: 800円 ・・・平成2(1990)年
平成終値:3,089円 平成30年間での株価成長率:239%

キヤノンは平成前半までは非常によいパフォーマンスだったのですが、リーマンショック以降は株価が下がったまま、3000~4000円前後の推移が続いてしまっています。配当も多く、株価の推移も小さいので、まるでJTや日本郵政のような半ば国有株みたいな動きになってしまっています。

 

まとめ

今回は1417~1466P(7600 日本エム・ディ・エム ~ 7813 プラッツ)を見ていきました。取り上げた社数こそ少ないですが、平成30年間で株価16倍というHOYAのようなとんでもない企業がありました。

次回は、1467~1516P(7814 日本創発グループ ~ 7952 河合楽器製作所)です。モノづくり系企業がまだまだ続きます。(次回:第30回 ヤマハの株価の山はいつまで?

 



四季報読者必読の書!

~今号ここまでのまとめ~

第28回 ゼンショーHLDGS拡大でライバルに全勝?
第27回 アルヒ突然不正発覚・・・?
第26回 三菱重工社長交代でビシビシ改革へ?
第25回 ソニーの株価は平成最高値まで戻せソニーない?
第24回 富士通凋落は投資家に対する不実
第23回 東芝メモリ事業売却金の投資場はどこ?
第22回 コマツ減益予想でコマツちゃうな~(Ⓒ山本リンダ)
第21回 鎌倉新書の業績予想イマイチで投資家の心証悪化・・・

四季報2019 春号全部読む!第11回~第20回まとめ
四季報2019 春号全部読む!第1回~第10回まとめ

ピックアップ基準(これらのうち複数を満たす企業を中心にピックアップします)

・「新分野」「新境地」など、大きく生まれ変わる気配のある企業
・新興企業であれば、20%以上の増収、10%以上の営業利益率を数年続けられる企業
・サブスクリプションなど安定した収益モデルを持つ企業
・その他時事ネタ株
・好材料は赤い文字、悪材料は青い文字で書きます。特に気になった点は太字で。

コメント

タイトルとURLをコピーしました