四季報2019新春号全部読む! 第38回 朝日インテック自慢のカテーテルで他社に勝てーてる

リックソフトはどうなった!?そんな四季報2019新春号全部読む!前回は7412 アトム~7550 ゼンショーHLDGSまで、自動車業界を中心に見ていきました。(前回記事: 第37回 解散風寒(さむ)さしのいでムサシ買え!

今回も小売・卸売業の続きからです。


間もなく次号発売!

四季報読者必読の書!

~ここまでのまとめ~
第37回 解散風寒(さむ)さしのいでムサシ買え!
第36回 SUBARUの配当スバルしい!
第35回 MRJの開発、無(M)理(R)じゃ(J)ね?
第34回 日本アンテナは急騰後安定(あんてー)な動き!
第33回 キーエンスの社員は定時後もオフィスから消~えんす
第32回 マウスコンピューターは特殊用途PCを発売チュ~
第31回 一部上場でジャパンエレベーターサービス株が上に参ります!

四季報2019新春号全部読む!第1~10回 まとめ
四季報2019新春号全部読む!第11~20回 まとめ
四季報2019新春号全部読む!第21~30回 まとめ

ピックアップ基準(これらのうち複数を満たす企業を中心にピックアップします)

・「新分野」「新境地」など、大きく生まれ変わる気配のある企業
・新興企業であれば、20%以上の増収、10%以上の営業利益率を数年続けられる企業
・サブスクリプションなど安定した収益モデルを持つ企業
・その他時事ネタ株
・好材料は赤い文字、悪材料は青い文字で書きます。特に気になった点は太字で。

 

クリック証券は信用取引するならベストだね。

7551 ウェッズ~7670 オーウェル【小売業/卸売業/情報・通信】

7564 ワークマン ↑前号比増額 市況関連株 作業服の専門チェーン。前号で記事にした時とはほとんど株価変わらず。新業態「ワークマンプラス」が好調で、既存店からの転換含めて全国100店へ規模へ(19.3月期末で5店舗)と急展開。

 

7604 梅の花 ― 市況関連株 我が家が毎年正月に使うでおなじみの梅の花。業績は堅調だが、コスト高で思うようにならない。何とか原価抑制で対応を図るが・・・それってメニューが安っぽくなるってことでは?株価は戻しつつある。

7630 壱番屋 →前号並み 市況関連株 ご存知CoCo壱番屋の運営企業。値上げしてもコスト増に負けてしまう状態。売上高は増えるが、利益は上がらない。株価は上げ潮だが、まだ新高値というほどではない。

7701 島津製作所~7749 メディキット【精密機械/機械】

7701 島津製作所 →前号並み 優良株 地元の先輩、田中耕一さんが在籍する企業。もちろんこれだけでなく、分析・計測機器が非常に好調で、技術開発も積極的。加工に適した青色半導体レーザー光源の開発に成功している。また、連続増配が続き、優良株の風格。

 

7703 川澄化学工業 →前号並み 市況関連株 人工透析の会社だが、徐々に血液分野へシフト。新製品が続々認可され、販売開始予定。株価は年初以降回復基調。業績はイマイチ・・・。

 

7705 ジーエルサイエンス →前号並み 市況関連株 分析装置と消耗品のメーカー。自動認識に注力中。【絶好調】という四季報コメもうなづける業績の上げ。10年前と比べて営業利益が7.5倍なのに対し、株価は3倍弱。まだ上げ余地あり。

とりあげませんが、助川電気工業は核融合温度制御関連製品売ってんのか(笑)。核融合関連銘柄(笑)。

7716 ナカニシ →前号並み 市況関連株 歯科製品の世界トップメーカー。売上の8割は海外。増益が続き、去年秋まではきれいに挙げていたが、冬以降は株価グダグダに。でも業績はいいので戻すはず・・・。

 

7725 インターアクション↑↑大幅増額 市況関連株 撮像素子CMOSセンサーやCCD検査用装置の大手企業。大手と言っても、売上高70億円規模の会社。しかしこの売上で営業利益15億予想は立派。株価も上げ調子だったが、やはり年末以降下げ。ダブルトップ形成で下げトレンド入りも。

この辺は好調の企業が多い。需給のひっ迫で慌てて工場を増設したり、ライン拡張したりしてるが、これから需要が落ち込んだら全部コストになって返ってくるはずなので、今後が心配。

 

7741 HOYA →前号並み 優良株 メガネレンズでおなじみ。HDD用基板、半導体向け素材、レンズなど全体的に好調。また、ここ数年間ずっと業績が順調に伸びている。その一方、株価は方向感ない。増配か?

 

7747 朝日インテック →前号並み 市況関連株 心臓血管用カテーテルの大手。業績最高益で絶好調。アメリカでもカテーテルシェア拡大を狙っている。チャート的には、2月25日に上場来高値を更新。まだまだいけるか!?ただし、株価の死亡フラグとされる「本社の移転」が今後予定・・・。

まとめ

今回は、小売・卸売と、精密機械を取り上げました。ほとんど取り上げたい企業のない小売・卸売業に対して、精密機械は優良というか、うまく成果を上げている企業が多くて、勢い取り上げる銘柄が増えてしまいました。

次回も少し精密機械業界をみて、その後はその他製品へと入っていきます。

(次回:第39回 キヤノンのカメラがやっぱ好きやのん

コメント

タイトルとURLをコピーしました