(7462)ダイヤ通商 ’19年3月期第3四半期決算発表!

当社が引くに引けない投資をしてしまっている7462 ダイヤ通商ですが、本日2019年3月期の第3四半期決算が発表されました。
(リンク)2019年3月期 第3四半期決算短信

 

(ここまでのダイヤ通商関連記事)
ここなら君も大株主!(7462)ダイヤ通商
中間決算発表直前!7462 ダイヤ通商 は今後どうなる?

決算短信によりますと、第3四半期までの累計売上高は25億7200万円で、前年同期に比べて10.9%増、営業利益は5600万円で、前年同期に比べて283%増となっています。

ダイヤ通商といえば、昨年7月に発表した東京都豊島区のガソリンスタンド売却などによる7億円以上の特別利益の行方が注目されていましたが、決算短信内で借入金を長期短期併せて約6億7550万円返済したということを発表したため、利益のほとんどが借入金返済に充てられたことが判明しました。

これにより、大幅な増配の可能性はほぼ消滅してしまいました。他社の事例では、固定資産売却益の2割を特別配当に充てた企業もあるだけに、増配を期待していたのですが、非常に残念です。(※我が裏日本ホードリングスは実はダイヤ通商株を1%以上保有しているので、株主提案権を保有していますが、顔と名前が割れるのが嫌なので、行う予定はありません。)

ただ、借入金を大幅に圧縮したことでダイヤ通商の財務体質は大幅に改善しましたし、本業の営業利益も大きく伸びています。通期業績予想の上方修正こそありませんでしたが、前期に比べれば特別利益抜きでも大幅増益が見込めると思います。

なお、今日の決算発表を受けたPTS(時間取引)では、実に3カ月ぶりに売買が成立しましたが、本日の終値1,005円とほとんど変わらない株価での取引に終始しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました