四季報2019新春号全部読む! 第11回 Amazon鬼の来ぬ前に、たっぷり稼げMonotaROさん

あけましておめでとうございます!四季報2019新春号全部読む!2019年第一発目の更新です。前回は2801 キッコーマン ~ 2931 ユーグレナ まで食料品を見てきましたが、今回はちょっとだけ繊維業界、3001 片倉工業からスタートして、あとはほとんど小売・卸売業です。

 

 

~ここまでのまとめ~
第10回「日清食品株で「まんぷく」なるか?」
第9回「トシングループで儲けて都心にマンションや!」
第8回「不二製油、チョコ業界にチョコっとじゃなく本気の参入」
第7回「手間いらずの株価は未だ上がらず・・・」

第6回「ヤクルト全米進出する日がよもや来るとはおもわなかった」
第5回「イナリサーチの業績回復をおイナリ(祈り)します」
第4回「自動運転始めのNIPPO?」
第3回「合併効果で受注が混むシス?」
第2回「営業利益10倍企業を探せ!~巻頭特集から~」
第1回「製鋼企業の成功遠のく・・・~業界展望から~」

ピックアップ基準(これらのうち複数を満たす企業を中心にピックアップします)

・前号から業績予測が大幅増額または大幅減額となっている
・財務が堅実であること(自己資本比率50%以上、ネットキャッシュ豊富)
・営業利益率が同業他社と比べて高い(できれば10%以上、卓越度が高ければ10%未満でもよい)
・売上高成長率が高く、かつ営業利益の伸びを伴っている
・業務内容などに何らかの個性が感じられる(業界初、唯一の企業)
その他時事ネタ

特に気になる企業は文字を赤くします。また、企業の特徴に応じて急成長株、市況関連株などの分類を行っていきます。

また、好材料は赤い文字、悪材料は青い文字で書きます。強い材料あれば太字にします。

 

クリック証券は信用取引するならベストだね。

 

3001 片倉工業、3002 グンゼ 【繊維製品】 3003 ヒューリック【不動産業】 3004 神栄~3099 三越伊勢丹ホールディングス【小売業/卸売業】

3034 クオールホールディングス 優良株 調剤薬局上位。ドラッグストア・調剤薬局系はディフェンシブな銘柄であることがよくわかるチャートをしている。その他軒並み薬局系も似たようなチャートの形。暴落時には薬局株というのがインプットされた。

 

3046 ジンズ 優良株 均一料金の眼鏡販売グループ。先日来当社社長(お前じゃい!)が読んでいたく感激したあのオンデーズ社長さんの本に出てくる、オンデーズ最大のライバルがこちら。

業績の伸びは非常に美しい。急成長株、というほどではないが、十分安定した成長を続けているといえる。ただし株価は12月で1000円下げてしまい、上げ続けている株ではなくなってしまった。果たして今年再度の上昇気流に乗れるか。

 

3050 DCMホールディングス 低成長株 ホームセンター業界のトップ。裏日本的にはカーマの親会社でおなじみ。ここもドラッグストア同様不景気に強いのか、12月以降の下げの影響をほとんど受けていない。大変ディフェンシブ。大納会の日に年高つけて終わるのは強すぎ。

 

3053 ペッパーフードサービス 急成長株 主力のいきなりステーキは、急速な拡大のため、却って飽和状態になっている。以前私も妻と二人で行こうとしたが、あまりに混んでいたので別のステーキハウスで食べた記憶がある。むしろ「ステーキ」という存在を思い出させてくれたという点で同業他社の3091 ブロンコビリー は恩恵受けてるんじゃないかなというぐらい。同じステーキ銘柄に投資するならこちらをどうぞ。

 

3064 MonotaRO 優良株 工具のAmazonとまで称される、工場・工事関係なら何でもそろうネット通販企業。こういう会社を、早く見つけたいもの。すでに時価総額は6,800億円に達しており、もう頂点を極めたといってよいのでは。株価は10月と12月のダブルトップで、ここからは下げるしかないのでは。

 

3069 JFLAホールディングス(旧アスラポート・ダイニング)は売上高のわりに全然利益が伸びない地獄のような企業。いったい何にそんなにお金がかかるの?。

3085 アークランドサービスホールディングス は好調なのはいいけど、結局親会社の 9842 アークランドサカモトに投資すればいいよねっていうことになるからパス。

3092 ZOZO は下げてるなあ・・・。ZOZOSUITSはコスプレしか用途がなくなっちゃったものなあ。社長の思い付きをそのまま実行して失敗しちゃったパターン。

 

3101 東洋紡~3125 新内外綿【繊維製品/証券・商品先物/輸送用機器/ガラス・土石製品】

旧紡績系企業が並ぶこの辺り。ほとんど紡績が儲からなくて、別業種に鞍替えしちゃったか、看板は紡績だけど実質不動産屋さんみたいなところばかり。新春号発売時点で、唯一株価が上げ続けているのは、3107 ダイワボウホールディングスぐらいだったのだが、先月の下げのせいで一年かけて積み重ねてきた上げ幅を全て消してしまった。

 

まとめ

というわけで、新年一発目の更新でした。総じてドラッグストア、ホームセンター強ええなとしか思わない回でしたね。次回は、半導体や液晶の専門商社 3131 シンデン・ハイテックスからです。

次回:第12回 ウエルシア 配当増えれば ウレイシア

コメント

タイトルとURLをコピーしました