四季報2019新春号全部読む! 第5回 イナリサーチの業績回復をおイナリ(祈り)します

四季報2019新春号全部読む!前回は、建設業の後半を見ていきました。今のところ、何か大きな変化(新分野進出とか業績急成長、黒字復帰など)があった、とかその兆しがある企業はないような・・・。

今回は食料品と、サービス、情報・通信業を見ていきます。

それでは、2001 日本製粉からスタートです。

 

私が四季報を読むきっかけになった一冊!必読の書!

最近読んで最も感動した一冊!

~ここまでのまとめ~
第4回「自動運転始めのNIPPO?」
第3回「合併効果で受注が混むシス?」
第2回「営業利益10倍企業を探せ!~巻頭特集から~」
第1回「製鋼企業の成功遠のく・・・~業界展望から~」

~四季報2018秋号全部読む!~

第1~10回まとめ 第11~20回まとめ 第21~30回まとめ 第31~40回まとめ
第41~50回まとめ 第51~57回まとめ

 

ピックアップ基準(これらのうち複数を満たす企業を中心にピックアップします)

・前号から業績予測が大幅増額または大幅減額となっている
・財務が堅実であること(自己資本比率50%以上、ネットキャッシュ豊富)
・営業利益率が同業他社と比べて高い(できれば10%以上、卓越度が高ければ10%未満でもよい)
・売上高成長率が高く、かつ営業利益の伸びを伴っている
・業務内容などに何らかの個性が感じられる(業界初、唯一の企業)
その他時事ネタ

特に気になる企業は文字を赤くします。また、企業の特徴に応じて急成長株、市況関連株などの分類を行っていきます。

また、好材料は赤い文字、悪材料は青い文字で書きます。強い材料あれば太字にします。

2001 日本製粉 ~ 2117 日新製糖【食料品】

この辺りに出てくる企業は原料品を作っている所が多く、付加価値がつけにくいのか、利益率が悪いところが目立ちます。ちなみに食料品業界全体の営業利益率は約7.3%です。

前号(2018秋)でも「食品業界は儲かりまへんなぁ~」といっていましたが、この2000番台の企業の印象が強かったからです。

2055 日和産業 資産株 前号でも取り上げた、ネットキャッシュ>時価総額という事業価値マイナス企業。何か変わるかなと思っていたが、前号からは特に何も変わっていない。

 

2112 塩水港精糖 低成長株 ここは社名が面白かったので取り上げた。塩なのか砂糖なのか。甘いのかしょっぱいのかよくわからないわけだが、四季報によれば【独自増額】と好調。原材料価格が下がり、採算が改善したことによるもの。
※塩水港は台湾の地名とのこと。

 

2114 フジ日本精糖 低成長株 世界で初めて砂糖から作った食物繊維「イヌリン」を育成中なのだが、伸び悩んでいる様子。飼料に使おうかなどという話も出ているが・・・。取り上げたのは、なんか化けたら面白いと思ったから。

 

2120 LIFULL ~ 2198 アイ・ケイ・ケイ 【サービス/情報・通信】

ここからはサービス、情報・通信などの企業。比較的新しい企業が多いです。

2121 ミクシィ 低成長株 昨年7300円を付けた株価も、今では1/3以下に。今後の業績予想も回復の兆しが見えない。とはいえ、パズドラヒット前に比べれば、売上高は10倍に、営業利益は100倍になっているのだし、全然余裕はある。

ちなみに、前回私がこの会社に対してつけたコメントは。

2121 ミクシィ 出ました!営業利益率(18.3)38%!これだよこれ!しかし、来期以降モンストの勢いが落ち、かなり厳しい予想。ただし、予想PERは利益が下がっても7倍とまだ割安水準。ネットキャッシュに至っては1,561億と財務的にはめちゃくちゃ余裕あり。時価総額が2,188億円なので、株価が2000円を切ってくるようなら買い。

と同じような内容。ただ、割安だから買い・・・という風に考えなくなりました。割安なのは、誰も買いたくない=上がると思っていないから。

ちなみに最近本を出した大物個人投資家cisさんも同様なことを著書でおっしゃっています。

ミクシィについては、何か(M&Aでも新領域進出でも)があって、その何かに投資家の資金が群がるようになって、始めて「買い」だと言えると思います。

 

2127 日本M&Aセンター 急成長株 相変わらず最高益。まさにこれからの時代に沿った会社だろう。ただ、今年に入ってから株価軟調。

 

2157 コシダカHLDGS 市況関連株 まねきねことカーブスの会社。カーブスが女性向けだったので、次は男性開拓を・・・ということで、今年11月から男性向けの専門店を出店開始。はたして当たるか。株価は今年に入って下げているが、秋以降は戻している。このまま下がらないという事なのか。

 

2174 GCA 低成長株 M&Aの助言会社。株主への還元100%を標榜する珍しい会社。だが、肝心の利益がさほどでもない。配当利回り4.44%とすごいが、全く株価が反応してこない。

 

2176 イナリサーチ 業績回復株 医薬品の試験受託の会社。言ってしまえば動物実験の動物(サル、マーモセット)を用意する会社。信州大学とがん免疫研究で連携予定なので、これ大きいかなと。なお継続企業の前提に重要事象あり。倒産の懸念も。

 

その他気になった株

2164 地域新聞社は夏以降謎の急騰を遂げた株。元の木阿弥かと思いきや、なかなかさがらない。ダイヤ通商にも同じことが起こればいいのになあ。

2180 サニーサイドアップ スポーツビジネスの会社。上げ方いい感じ。第四位株主の「中田英寿」さんって・・・。

 

まとめ

今回は食品(製粉、精糖など)と、サービス業の会社を見てきました。やっぱりサービス業は、いいサービスやアイデアひとつで一気に規模を拡大できるので夢ありますね。

次回は食料品企業です。みんな大好きお菓子の会社。♪チョッコレイト~チョッコレイト~チョコレイトは~森永(違)

コメント

タイトルとURLをコピーしました