四季報2018秋全部読む! 第46回 任天堂の成長のSwitchが止まらない!

四季報2018秋号全部読む!前回から「その他商品」という謎のカテゴリを取り上げています。その他って何かな?と思っていたら、パラマウントベッドや、バンダイナムコなど結構知られた企業が名を連ねていて、イメージしやすかったです。半導体用マスクとか言われてもわかりませんからね。

さて今回は7901 マツモトからスタートです。今回でついに7000番台脱出です。

 

まもなく次号発売!一足先にあなたもゲット!

私が四季報を読むきっかけになった一冊!必読の書!

~ここまでの投稿~

第45回「パラマウーンと株上がれ!」
第44回「梅の花の料理でうめぇのは何?」
第43回「ダイヤ通商早くダイヤミックな上昇を!」
第42回「日産は会長逮捕で大ゴーン乱
第41回「ゆうちょ銀行株は安定してて良いって言うっちょ?」
第40回「潤沢資金でロームはこれから何をもくろーむ?」
第21~30回まとめ 第31~40回まとめ
第11~20回まとめ 第1~10回まとめ

番外編①「あの不動産企業は今」
番外編②「ピーター・リンチの株式分類法とは?(前編)」  ③「同(後編)」
番外編④「銀行・証券・保険株の用語を調べてみた」

 

ピックアップ基準(これらのうち複数を満たす企業を中心にピックアップします)

・同業他社と比較してPER、PBRが低いこと
・財務が堅実であること(自己資本比率50%以上、ネットキャッシュ豊富)
・営業利益率が同業他社と比べて高い(できれば10%以上)
・売上高成長率が高く、かつ営業利益の伸びを伴っている
・業務内容などに何らかの個性が感じられる(業界初、唯一の企業)
その他時事ネタ

あと、業界のベンチマークとして、大手企業を見ることがあります。
特に気になる企業は文字を赤くします。また、企業の特徴に応じて急成長株、市況関連株などの分類を行っていきます。

また、好材料は赤い文字、悪材料は青い文字で書きます。強い材料あれば太字にします。



7901 マツモト ~ 7999 MUTOH ホールディングス【その他製品※一部例外あり】

7921 宝印刷 市況関連株 上場企業の開示事業大手。上場準備から開示までをサポート。IPO需要がよかったため、目論見書の製作・受託が増加した。営業利益率は10%に若干足りないが、堅調な推移。株価もほとんど変動なし。1900円を軸として1800~2000円での値動き。ニッチな企業。

 

7931 未来工業 市況関連株 電設資材のメーカー。ちょっとびっくりしたのが、「劇団がルーツ」という記載。何それ?と思ったが、劇団の仲間でスタートさせた企業とのこと。ノー残業のホワイト企業として有名で、テレビでも取り上げられることが多い。その言葉はだてではなく、営業利益率11.9%と、残業まみれの企業よりはるかに高い。

 

7936 アシックス 市況関連株 オニツカタイガーなどのブランドでおなじみ。日本国内よりも欧米、中国などの海外が中心。2020年に売上高5000億円という大きな目標(18.12月期:4250億円売上予想)あり。株価はこのところ下げ基調で、なかなか戻らない。

 

7943 ニチハ 市況関連株 窯業系外壁材の最大手企業。洋風外壁が得意。コスト高にも負けずに営業増益達成。アメリカで新工場を建設予定。営業利益率11%台と儲かっている。ただし今月発表の決算は事前予想を下回り、通期の業績予想も下方修正されている。株価はこれを受けて下げているが、このところ底入れの動きがみられる。

 

7951 ヤマハ 市況関連株 ピアノや楽器でおなじみ。電子ピアノでは世界トップ。営業利益率は11.3%と高い。株価は春以降頭打ちとなっている。売上のほとんどが海外。中国・アメリカで電子ピアノが売れ行き好調。

 

7956 ピジョン 市況関連株 育児用品トップ。海外は中国、欧米中心。やはり訪日客需要が強い。また、搾乳機をアプリで操作できるようにするなど、新時代へ対応。営業利益率18.9%。株価は10月以降ダダ下がりとなり、6500円を超えた株価も5000円を切る状況に。

 

7965 象印マホービン 市況関連株 炊飯器などの大手。昔ヒントでピントってやってましたね。国内だけでなく、海外にも強い。11万円の炊飯器の販売を強化中。営業利益率9%台。しかし業績予想の下方修正により、株価は下落中。

 

7974 任天堂 市況関連株 誰もが知るゲームのトップ企業。3DSは不調だが、スイッチが好調。ポケモン、スマブラなど人気タイトルの発売も控えており、年末へ向けて攻勢をかける。利益は2016年以降急伸中。しかしそれだけの優良企業なので、当然市場の評価は既に高く、時価総額は4.7兆円、一単位100株買うだけで330万円必要になってしまう。東証の売買単位100株統一は、かえって株式投資へのハードルを上げてしまっていると思う。値動きは、年初に5万円に迫ったのをピークに下げ基調が続いている。

 

7976 三菱鉛筆 市況関連株 uniブランドで有名。実は三菱グループとは関係ないことで知られる。このところは文具が不調。それでも営業利益率17%と高い。来期以降は営業利益率下がる予想。発行株数の1.66%を上限に自己株買いを発表。

 

7983 ミロク 市況関連株 おそらく日本の上場企業で唯一の猟銃企業。猟銃はヨーロッパで不調も、アメリカが好調。来期に向かってさらにアメリカ向け売り上げはさらに増加する見込み。猟銃作っている会社が日本にあるんだという驚きで思わずピックアップしてしまった。

 

7988 ニフコ 市況関連株 自動車用ファスナー、プラスチック部品が中心。ベッドも展開。自動車関連、ベッド関連ともに好調で増益達成見込み。営業利益率11%。10月末に自己株取得との発表あり。このところは株価は下げ止まっている。

 

7995 日本バルカー工業 市況関連株 配管つなぎ目から気体や液体が流出するのを防ぐシール材の大手。四季報コメントが【超繁忙】。半導体業界に引っ張られてシール材が絶好調。営業利益率11.3%と十分。一方で株価は頭打ち・・・。

 

まとめ

任天堂は優良企業なのはわかるわけですが、一単位買うのに300万円以上かかるのはちょっと・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました