四季報2018秋全部読む! 第44回 梅の花の料理でうめぇのは何?

四季報2018秋号全部読む!前回は小売業・卸売業を中心に見てきました。ほとんどの企業が営業利益率がほとんどない中で、ごくまれに営業利益率が高い会社もありました。そういう株を早く見つけて買っていかないといけませんね。

今回は小売・卸売の残りをやったあとは精密機械企業を見ていきます。この業界は利益率が非常に高いです。かなり基準を厳しく見ていかないと、ほとんどの企業を取り上げることになってしまいます・・・。

 

まもなく次号発売!一足先にあなたもゲット!

私が四季報を読むきっかけになった一冊!必読の書!

~ここまでの投稿~

第43回「ダイヤ通商早くダイヤミックな上昇を!」
第42回「日産は会長逮捕で大ゴーン乱
第41回「ゆうちょ銀行株は安定してて良いって言うっちょ?」
第40回「潤沢資金でロームはこれから何をもくろーむ?」
第21~30回まとめ 第31~40回まとめ
第11~20回まとめ 第1~10回まとめ

番外編①「あの不動産企業は今」
番外編②「ピーター・リンチの株式分類法とは?(前編)」  ③「同(後編)」
番外編④「銀行・証券・保険株の用語を調べてみた」

 

ピックアップ基準(これらのうち複数を満たす企業を中心にピックアップします)

・同業他社と比較してPER、PBRが低いこと
・財務が堅実であること(自己資本比率50%以上、ネットキャッシュ豊富)
・営業利益率が同業他社と比べて高い(できれば10%以上)
・売上高成長率が高く、かつ営業利益の伸びを伴っている
・業務内容などに何らかの個性が感じられる(業界初、唯一の企業)
その他時事ネタ

あと、業界のベンチマークとして、大手企業を見ることがあります。
特に気になる企業は文字を赤くします。また、企業の特徴に応じて急成長株、市況関連株などの分類を行っていきます。

また、好材料は赤い文字、悪材料は青い文字で書きます。強い材料あれば太字にします。

 

7600 日本エム・ディ・エム ~ 7649 スギHLDG【小売/卸売業】

7600 日本エム・ティ・エム 市況関連株 人工関節などの整形外科器具を専門に販売する会社。国内、アメリカともに好調で、計画以上の売上。中国、オーストラリア進出も検討中。営業利益率13.8%と非常に優秀。2018年以降は上げ基調だったが、このところはダブルトップ形成で、ここから下げか・・・?

 

7604 梅の花 市況関連株 高級和食店の「梅の花」が主力。ここは妻の実家との顔合わせの時に使いまして・・・その節はお世話になりました。お義父さんがお酒に強くてねぇ(無関係)。業績とかは関係なく、お気に入り枠。ただ、株主優待の権利確定時期に規則的な動きをするようなので、そこに注目している投資家もいるので、そこで狙ってみるのもよいのでは。株価は公募増資による希薄化が発表された6月以降、下げ基調。

 

7611 ハイデイ日高 市況関連株 中華食堂日高屋を運営。かつて東京時代に通ったこともありました。関東中心に全国415店舗を展開。裏日本には当分来そうにない・・・。営業利益率11.5%。FC展開せずにこの利益率は立派。ぜひ裏日本にも店舗を。株価はだらだらと下げており、戻る気配なし。

 

7634 星医療酸器 市況関連株 医療用ガスでトップ。医療ガスを工業用ガスなどほかのガスに応用することを検討中。これはいい多角化になるかも。営業利益率12%。安定した売り上げ、利益の推移。何かどこかで一つ打ち上げてほしいところ。

 

7701 日本エム・ディ・エム ~ 7782 シンシア【精密機械】

ここからまた機械系企業です。精密機械だけあって、利益率の高い企業が多く、選定に困りましたね。

 

7701 島津製作所 市況関連株 分析・計測機器の大手。裏日本が生んだ英雄田中耕一氏が在籍していた企業でもある。計測機器は特にヨーロッパを中心に好調。株価は10月に入った途端に下落を始め、まだ値を戻していない。

 

7716 ナカニシ 市況関連株 歯科製品で世界一。欧州と北米に強い。売上高の8割近くが海外。大手メーカーとの競争にも負けずに増益。営業利益率は27.6%と非常に高い水準。チャートは11月半ばから3割も下落してしまった。どうやら決算が期待外れだった様子。

 

7717 ブイ・テクノロジー 市況関連株 液晶ディスプレー、有機ELディスプレー等の製造・検査装置の販売を行う。中国向けが需要高い。引き続き好調維持か。営業利益率は19%。11月12日に業績予想が修正。売り上げは大きく下方修正されたが、コスト削減で利益は同程度の予想のまま。

 

7729 東京精密 市況関連株 半導体製造装置のうち、ウエハテスト用装置では世界トップのシェアを持つ企業。NAND、DRAMともに顧客の需要が旺盛とのことだが、いつまで続くやら・・・。配当利回り3.5%、営業利益率19.6%と優秀な企業。11/13に通期業績の上方修正予想がでた。また、大幅増配も発表され、株価はようやく底値圏から脱しつつあるか。

 

7730 マニー 市況関連株 手術用縫い針、眼科ナイフ、歯科用治療器で高シェア。採算の悪い子会社を切り捨て、連続最高益。営業利益率は24.8%と素晴らしい水準。増配も発表され、株価は好調。

 

7741 HOYA 市況関連株 眼鏡レンズで有名な企業。それだけではなく、半導体用のマスク基盤も好調。コンタクトも新店続々出店。ネットキャッシュは2400億円以上と豊富。営業利益率23%とさすがの名門企業。先月末発表の決算はかなりの好決算で、全体の地合い悪化にも拘わらず下がっていない。

 

7747 朝日インテック 急成長株 PTCAガイドワイヤという謎のものを作っている企業。どうやら心臓の血管にカテーテル通すときのガイドになる金属線のことらしい。これは大事なものだ。そんでこのガイドワイヤのおかげで27.5%というとんでもない収益を得ているという。心臓血管のカテーテルなら、不況で買い控えとかもないし、市況関連株とは言いにくい。9月からついに東証一部昇格。

 

7749 メディキット 低成長株 人工透析用などの留置針でトップ。海外・国内ともに好調。営業利益率は20.8%とここも好業績。11/13発表の中間決算は会社予想を上回る結果。株価はまるで操作されているかのように6000円から動こうとはしない。

 

7768 ジェコー 資産株 時計、モーター等の自動車関連部品を生産する企業。ここは資産株として取り上げる。時価総額が68億円に対して、ネットキャッシュが75億円と、ネットキャッシュ>時価総額な状況。

 

まとめ

精密機械企業は、営業利益率が高い企業が多く、ピックアップに苦労しました。中でも、底入れの動きの見られる東京精密や、急成長株である朝日インテックがいいかなと思います。

次回は、ちょっとよくわからない「その他商品」です。一体何なんだろう?

コメント

タイトルとURLをコピーしました