テクニカル分析

国内株式課

うねり取り、新高値、アノマリー・・・いろいろな手法を試し中!

投資は実践と反省の繰り返し ひとたび検索すれば、テクニカル、ファンダメンタルの別を問わず、いろいろな投資手法が巷にあふれています。チャートにラインを引いたり、指標を使ってみたり、四季報とにらめっこしてみたり・・・。 その中でも比較的...
国内株式課

シストレの元祖!?中源線建玉法とは

今から3~4年前、故・林 輝太郎氏の本にはまっていた時期がありました。林氏といえば、素人の雑な売買を強く戒め、あくまで「相場とは技術」であるとして、初心者投資家を教育すべく多くの本を書き、投資家の技術向上に努めた方です。 例えば、株に...
国内株式課

RSIなどを用いたテクニカル投資の検討について

当社では以前(2012~14年ごろ)、9日RSIを使ったテクニカル投資法を行い、一時期はかなりの利益を上げることに成功していました。 その手法というのは某掲示板に掲載されていたもので、半信半疑のままためしてみたところ、アベノミクス相場...
タイトルとURLをコピーしました