四季報2018秋全部読む! 第54回 (株)ビジョンで見通すテンバガーへの「ビジョン」

四季報2018秋号全部読む!前回は陸海空運と日本の物流を担う企業を見てきました。今回は倉庫・運輸系企業と、ガラッと変わって情報・通信関連の会社を見ていきます。

あと一週間で新春号が出てしまう・・・。

 

今月次号発売!一足先にあなたもゲット!

私が四季報を読むきっかけになった一冊!必読の書!

~ここまでの投稿~

第53回「ANA連続欠航の落とし穴、補償金で穴埋めできるか?」
第52回「JR東海の利益率は相当かい(東海)?」

第51回「ゴールドクレストの保有地上がってクレスト?」
第41~50回まとめ
第21~30回まとめ 第31~40回まとめ
第11~20回まとめ 第1~10回まとめ

番外編①「あの不動産企業は今」
番外編②「ピーター・リンチの株式分類法とは?(前編)」  ③「同(後編)」
番外編④「銀行・証券・保険株の用語を調べてみた」

ピックアップ基準(これらのうち複数を満たす企業を中心にピックアップします)

・同業他社と比較してPER、PBRが低いこと
・財務が堅実であること(自己資本比率50%以上、ネットキャッシュ豊富)
・営業利益率が同業他社と比べて高い(できれば10%以上)
・売上高成長率が高く、かつ営業利益の伸びを伴っている
・業務内容などに何らかの個性が感じられる(業界初、唯一の企業)
その他時事ネタ

あと、業界のベンチマークとして、大手企業を見ることがあります。
特に気になる企業は文字を赤くします。また、企業の特徴に応じて急成長株、市況関連株などの分類を行っていきます。

また、好材料は赤い文字、悪材料は青い文字で書きます。強い材料あれば太字にします。

9260 西本Wismettac HLDGS ~ 9275 ナルミヤインターナショナル【小売業/卸売業】

※すみません。この辺りは特に取り上げたい企業はなかったです。

 

9301 三菱倉庫 ~ 9386 日本コンセプト【倉庫/化学】

9305 ヤマタネ 市況関連株 倉庫準大手。伝説の相場師、山崎種二の「山種証券」が大本だが、今は証券業から撤退して、倉庫業と米穀卸を行っている。営業利益率は8.6%と、大手に比べて高い。平和不動産と共同して兜町の再開発を20年度へ向けて行っている。

 

9307 杉村倉庫 低成長株 関西の老舗で、野村HLDGSの傘下企業。ここは2025年の大阪万博決定で思惑買いされた企業だが、今年1月にも急騰と急落を演じている。今後面白い企業かもしれない。また、営業利益率も10%と他社に比べて高い。

 

9358 宇徳 市況関連株 港湾運輸の大手。ここも仕手株。定期的に株価が上昇する銘柄の一つ。倉庫系銘柄は業績自体が固いので、本業の材料がないために、時価総額が低く、価格を上げやすいのだろう。ただしこのところは株価が安定推移。

 

9377 エージーピー 市況関連株 駐機中の航空機に電力を供給するというニッチな業態で独占状態。四季報コメントでは採算悪化としているが、それでも営業利益率は10%前後と高い水準で推移している。株価は今年前半をピークに下げてしまっている。

 

倉庫系の銘柄は、本業が安定していて注目度が低く、時価総額が低くなりがちなせいか、定期的に仕手筋がバーッと買い集めて値を吊り上げる、いわゆる仕手株化することがあるようです。それも、業が安定しているが故(つぶれそうな会社ならそもそも買い集めようとは思わない)でしょうね。

続いては、ガラッと変わって情報・通信系企業です。

 

9401 TBSホールディングス ~ 9428 クロップス【情報・通信】

民放キー局4社比較してみた

テレビ局といえば、日テレ、TBS、テレ朝、そしてフジテレビ(テレ東もありますが、テレ朝すら怪しい裏日本には系列局がありません!)の民放キー局4社というわけで、各社の業績を比べてみましょう。

普通は売上順に並べるんですが、今回は視聴率順に並べました。面白いことに、営業利益率と視聴率が同じ順位の並びとなってます。なお、フジテレビはフジ・メディア・ホールディングスとして、ニッポン放送なども含めた数字になっています。

続いて、チャートの動きを見ていきます。
青が日本テレビ赤がテレビ朝日緑がTBS黄がフジ黒が日経平均です。

日経と比べると、案外フジが健闘しているのが分かります。あれだけ視聴率悪いのに(笑)。一方で視聴率がよいはずの日テレがほとんど株価が上昇せず、3位のTBSが妙に上げているのもよくわかりません。

なお、現在は全社とも日経を下回る動きになっています。

 

各社の今後の動きは、単なる番宣になってしまう上、ちょっと前の情報になるので省きますw四季報にアメトーークとか載るのはちょっと面白いですが。

 

9416 ビジョン 急成長株 Webマーケティングと、Wi-Fiレンタルが中心の会社。2015年の上場以来、株価はほぼ10倍まで成長。こういう企業を見つけたい!Wi-Fiレンタルは訪日客や海外渡航客向けに好調。株価は10月に少し下げはいるも、11月以降回復して再び上昇軌道に復帰。

 

9418 USEN-NEXT Holdings 業績回復株 かつてのUSEN。すったもんだを経て大復活。本業の動画配信が順調に推移中。10年以内に売上一兆円を目指すとぶちあげている(17.12月期の売上は1,142億円)が、果たしてどうなるやら・・・。株価は夏ごろをピークに下落基調。

 

まとめ

今回は倉庫と情報通信という全く異なる業界を二つにまとめてチェックしました。USEN-NEXTが大きく成長してくれれば面白いのですが・・・。それにしてもビジョンはこの秋の暴落をうまく乗り越えていますね。もしかしたら、まだまだ初動の範囲内なのかもしれないとおもうと・・・ちょっと調べてみたいと思います。

次回は、NTTドコモなどの通信業界を見ていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました